2023年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

« 浪岡御所北畠氏の盛衰 | トップページ | 関東管領上杉一族 (後編) »

2009年6月26日 (金)

関東管領上杉一族 (前編)

 関東管領といえば、戦国時代好きにはすぐ上杉謙信を思い出すでしょう。謙信はもともと、長尾景虎
といい代々越後の守護代の家系でした。それがなぜ、関東管領、上杉氏を名乗る事となったのか?
 その歴史を見ていくことにしましょう。

上杉氏系図

   勧修寺高藤 藤原清房━━ 重房━┓
  ┏━━━━━━━━━━━━━━━━┛
  ┗━頼重━┳ 重顕(扇谷)━━ 朝定━━ 顕定━━ 氏定━━ 持定━━ 持朝━┓
       ┃    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
       ┃    ┗┳ 顕房━━ 政真━━ 定正━━ 朝良━━ 朝興━━ 朝定
       ┃     ┗ 定正(政真養子)
       ┣ 頼成
       ┗ 憲房━┳ 憲藤(犬懸)━┳ 朝房
            ┃        ┗ 朝宗━━ 氏憲(禅秀)
            ┣ 憲顕(山内)━┳ 能憲(宅間重能養子)
            ┃        ┣ 憲方━┳ 憲孝
            ┃        ┗ 憲春 ┣ 憲定━━ 憲基━━ 憲実━┓
            ┃             ┣ 憲英(庁鼻上杉)     ┃
            ┃             ┣ 憲栄(越後上杉)     ┃
            ┃             ┗ 房方━━ 憲実(憲基養子)┃
            ┃  ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
            ┃  ┗┳ 憲忠
            ┃   ┗ 房顕━━ 顕定━┳ 顕実
            ┃             ┗ 憲房━┳ 憲寛
            ┃                  ┗ 憲政== 謙信
            ┣ 重能(宅間)━━ 能憲━━ 重兼━━ 能俊━━ 憲重━┓ 
            ┃          ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
            ┃          ┗━ 憲俊━━ 憲能
            ┗ 重兼(宅間能憲養子)

 上杉氏は、観修寺流藤原氏の流れで、丹波国何鹿郡上杉庄を領したことから、上杉氏を名乗りました。初代上杉重房は、征夷大将軍に任ぜられた守尊親王に従って鎌倉に下向、鎌倉幕府の有力御家人足利氏と姻戚関係を結びます。
 南北朝時代、重房の孫、憲房は、妹が足利尊氏・直義の生母だった関係で重用されます。ほとんど一族同然の扱いでした。
 憲房の子である重能(宅間上杉氏祖)、憲藤(犬懸上杉氏祖)、憲顕(山内上杉氏祖)は、足利尊氏の母方の従兄弟という関係から、足利幕府設立に多大なる貢献をします。

 足利幕府は、鎌倉のある関東の地を重視し鎌倉府を設けます。初代鎌倉公方として、尊氏の次男基氏を任命し、補佐をする鎌倉府執事(後の関東管領)に上杉憲顕を充てました。憲房以来、上野守護は歴任していましたが、憲顕の代に越後、伊豆の守護に新たに任ぜられ、上杉氏は強大な力を手に入れます。

 上杉氏は、嫡流である山内(やまのうち)家の他に、重能の宅間家、憲藤の犬懸家、そして憲顕の叔父の家系で京に残った重顕の子孫である扇谷(おうぎがやつ)家の四氏が有力でした。

 まず宅間家が、尊氏・直義の争いに巻き込まれ尊氏の権臣高師直に謀殺され衰退します。次に犬懸家は室町中期「上杉禅秀の乱」を起こして滅びます。

 残ったのは、宗家である山内上杉氏と、遅れて関東に下向してきた扇谷上杉氏だけでした。この両家の争いが関東に戦国時代をもたらします。

 次回は、扇谷上杉定正の家宰、太田道灌の活躍と、北条氏の関東侵略、上杉氏の滅亡の歴史を紹介します。

« 浪岡御所北畠氏の盛衰 | トップページ | 関東管領上杉一族 (後編) »

 日本史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 関東管領上杉一族 (前編):

« 浪岡御所北畠氏の盛衰 | トップページ | 関東管領上杉一族 (後編) »