2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 肥後小国郷と北条時定 | トップページ | 島原城と松倉重政 »

2010年2月18日 (木)

第一次国府台合戦と房総戦国記

 以前、甲斐武田氏の分家が上総に入り上総武田氏になったことは紹介しました。(甲斐武田一族参照)
甲斐守護武田信満(十三代)の子、右馬介信長は、古河公方足利成氏に従い功を上げ、上総守護代に任ぜられます。信長の嫡孫道信から始まる嫡流家は庁南(ちょうなん)城、道信の弟信興は真里谷(まりたに・まりやつ)城を本拠に定めました。さらに久留里、椎津、造南、峰上、笹子に一族を配し上総支配を固めます。

 一方、安房国では里見氏が台頭してきていました。もともと里見氏は上野国碓氷郡里見郷を本貫とする新田源氏の一族でした。鎌倉公方に従って安房に領地を得たとも、結城合戦後に安房に逃れてきたとも言われていますが、初代里見義実は土地の領主安西氏を追放して同国支配を固めました。
 ところで、里見氏は北条氏の不倶戴天の敵というイメージがありますが、一時期北条氏と同盟関係にあったことは知られていません。といいますのも、「天文の内訌」で父実堯を殺された分家の義堯が、北条氏綱の力を借り本家義豊を稲村城に滅ぼし家督を継いだという事実がありました。以後、里見氏はこれを徳として北条氏に従うようになっていたのです。

 ここに足利義明という人物が登場します。古河公方足利高基の弟で、兄弟不和から奥州を放浪していました。当時上総では、庁南武田宗信が小弓城の原氏と抗争し劣勢に陥っていました。これを見た分家の真里谷武田信勝は、本家の危機を救うため義明に目をつけます。これを奉じ、安房の里見氏の協力を取り付けることによって小弓城の原氏を滅ぼしました。
 
 義明は小弓城に入り「小弓御所」と称しました。真里谷信勝はこの功により小弓御所の管領となって上総一円に勢力を拡大しました。
 やがて真里谷氏に内訌が起こります。真里谷城主信応が、異母兄信隆を討つため小弓御所義明に出馬を要請しました。信隆は対抗上、隣国武蔵に勢力を拡大してきた北条氏綱と結びます。義明は信隆を討つため安房の里見義堯に参陣を命じました。
 義堯は苦しい立場に追い込まれました。天文の内訌で北条氏綱に恩があったのですが、参陣を断れば今度は小弓御所を敵に回すことになります。苦渋の選択でしたが義堯は真里谷信隆攻めに参加することを決めました。
 房総の大軍に攻められた信隆はたまらず北条氏のもとに逃亡し保護されます。これにより小弓御所と北条氏の対立は決定的になりました。

 1538年10月小弓義明は、房総の兵一万余を率いて武蔵国境に近い国府台(こうのだい)城に入ります。北条氏綱は嫡子氏康と共に2万の大軍を率い江戸城に達しました。
 小弓軍は軍議を開き、北条軍が江戸川を渡河したところを叩くことにしました。しかし、慎重論を唱える里見義堯を無視し、義明は自ら出陣して敵を討つと主張して譲りませんでした。このとき、義堯は秘かに義明を見限ったといいます。
 里見軍は主戦場と想定される松戸を離れ、いつでも退却できる市川方面に陣を移し北条軍の横槍を防ぐと称しました。

 10月7日、両軍は国府台の北、相模台(現松戸市)で激突します。一進一退の攻防が続きました。そんな中、弟と息子の戦死を知らされた義明は逆上します。そして自ら突撃しあえない最期を迎えました。あとは数で勝る北条軍の独壇場でした。小弓軍は、総大将を討たれ散り散りになって壊走しました。しかし里見軍だけは、ほとんど戦いに参加せず被害をうけることなく撤退に成功します。

 北条軍はそのまま小弓城、真里谷城を占領し信応を降伏させました。後釜には信隆を入れ、以後真里谷武田氏は北条方となります。ところで、ほとんど無傷だった里見義堯は小弓御所が滅んで空白になった上総に進出します。旧真里谷領の久留里城、大多喜城を攻め落とし房総半島の大半を領有するようになりました。いわゆる『負け太り』です。

 里見氏は久留里城に本拠を移し、房総における対北条戦の主役に躍り出ました。以後南関東は北条氏と里見氏の対立を軸として回っていくこととなります。そして両者が雌雄を決した第二次国府台合戦へと向かってゆくのです。

« 肥後小国郷と北条時定 | トップページ | 島原城と松倉重政 »

 日本史」カテゴリの記事

コメント

戦いの内容は、「通説」に多少手をつけたものに過ぎませんね。最も大きな「間違い」は、第一次の「相模台の戦い」と第二次の「国府台の戦い」とを混色させているところにあります。改めて、研究のやり直しが必要と思います。

松戸の住民さんとやら、見たところご年配のようだが社会的常識に欠けているようだね。一体どんな教育を受けてきたのやら?(呆)

貴方とは赤の他人だよね。初対面の人間なら最初に「はじめまして~」と自己紹介するのが筋じゃないのかね?コメントの文体もまるでなってない。

しかも終始上から目線。私は別に日本史の専門家いじゃないし趣味で書いている。間違いも勘違いも当然ある。筋を通してのご指摘なら修正するに吝かでないが、無礼千万な口上でこられると修正する気もなくす。

今後二度と訪問しないでいただきたい。私は社会的常識に欠けるコミュニケーション障害の人間が世の中で一番嫌いなんだ。本当に腹立たしい。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第一次国府台合戦と房総戦国記:

« 肥後小国郷と北条時定 | トップページ | 島原城と松倉重政 »