2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 『隋書倭国伝』の謎 | トップページ | 「命を賭けた大博打 」 - 易聖高島嘉右衛門の父、遠州屋嘉兵衛 - »

2010年3月29日 (月)

山本勘助と『風林火山』

 大河ドラマにもなった『風林火山』。井上靖原作で主人公は武田信玄の軍師、山本勘助。今までにも何回か映画化、ドラマ化されています。
 しかしNHKが大河ドラマ化すると聞いて、よく決断したなと当時感心したものです。といいますのも山本勘助なる人物、その実在性に疑問があるのです。「甲陽軍鑑」という軍記物でしか登場せず、軍記物作者の描いた架空の人物なのではないか?と言われています。
 その疑問の一つとして晴幸という名前があげられます。これが信幸なら問題ないのです。ところがこの『晴』の字は時の将軍、足利義晴から信玄が元服するときに一字を頂いた名前です。その重要な名前を、たかが侍大将に過ぎない部下に与えるだろうかということです。同じく将軍家から一字を拝領した毛利輝元、伊達輝宗、上杉輝虎などは部下に与えていません。
 百歩譲って本名だったとしても、憚って改名したのではないでしょうか?

 ただ近年の研究では、実在はしたらしいが、甲陽軍鑑に書かれているような天才軍師ではなく、伝令将校のような役目だったのではないか?とされます。とすれば新田次郎の「武田信玄」にでてくる忍者のような役割が妥当な線だったのかもしれません。

 しかし、知名度は抜群です。川中島合戦ではなくてはならない重要なキャラクターです。一応伝えられる説として、『三河国の地侍の子として生まれ、諸国を流浪して剣術や軍学を極める。今川義元に仕官しようとするが、その醜さ(隻眼で片足が不自由)を嫌われ断られる。信玄の重臣板垣信方に気に入られ、その推挙で武田家に仕官。築城術に長け信濃国海津城は彼の縄張りと伝えられる。
 永禄四年(1561年)の第四次川中島合戦の時、「啄木鳥の戦法」を考案。妻女山にいる上杉勢を背後から1万2千の兵で奇襲。山を下りてきたところを八幡原で待ち構える本隊8千とで挟み撃ちにするというもの。しかし城のなかで腰に兵糧袋をさげている武田軍兵士のようすを見た上杉謙信に、奇襲を見破られ先手をうって山を下られる。濃霧のなか突如現れた上杉軍1万3千に武田軍は苦戦。信玄の弟武田信繁や山本勘助自身も戦死。ようやく山を下りてきた別動隊が駆けつけて、形成逆転。挟み撃ちを恐れた上杉軍が撤退したため、引き分けに終わった。山本勘助は自分の立てた作戦が失敗に終わったため責任を感じて敵陣に突っ込んだとも言われる。享年69歳』というものです。

 山本勘助は、軍記物の中だけに活躍した人物だったのかもしれませんね。

« 『隋書倭国伝』の謎 | トップページ | 「命を賭けた大博打 」 - 易聖高島嘉右衛門の父、遠州屋嘉兵衛 - »

 日本史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 山本勘助と『風林火山』:

« 『隋書倭国伝』の謎 | トップページ | 「命を賭けた大博打 」 - 易聖高島嘉右衛門の父、遠州屋嘉兵衛 - »