2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月

2011年7月 1日 (金)

肥後小森田(木葉)城 探訪記

 東日本の皆様が地震・津波の大災害でたいへんな時期に、何を能天気な!とお叱りを受けそうですが、菊池郡菊陽町に住む友達が三月いっぱいで引っ越すことになり、そのお手伝いの見積もり(笑)のついでに先日寄ってきました。
※(注 これはヤフーブログで3月に掲載した過去記事です)
 場所は玉名郡玉東町。役場の裏山にある肥後宇都宮氏の城跡、小森田城です。
 下野宇都宮氏の一族で、豊前宇都宮(城井)氏の分かれ。南北朝時に栄えたのが肥後宇都宮氏です。菊池氏、阿蘇氏とともに肥後における懐良親王方の有力武将として活躍しますが、正平十四年(1459年)、足利直冬、託摩宗直、川尻幸俊の連合軍に攻められて落城、肥後宇都宮氏の当主、三河守隆房は城を枕に討死。享年31歳だったと伝えられます。
 以後、直冬方が衰退すると北朝の九州探題一色範氏によって、北朝方だった豊前宇都宮氏がこのあたりの地頭に任ぜられて入城したそうですが、間もなく菊池武光により奪取されます。
 武光は重臣の小森田氏(隈部・赤星・城の三家老に次ぐ家格だったらしい)を入れ、戦国時代までつづきます。案内版では加藤清正に滅ぼされたとあるので肥後国衆一揆まで生き延びたのでしょう。
 ちなみに、近くの宇都宮神社の祭神は肥後宇都宮氏最後の当主、三河守隆房。懐良親王が彼の勲功を称え宇都宮大明神を賜ったのがはじまりとされます。そしてもう一つの祭神は豊前宇都宮(城井)朝房。
 由来は以前の豊前宇都宮氏余話で書いていますのでご参照ください。
 いやあ、肥後宇都宮氏、豊前宇都宮氏、小森田氏の関係が分かってよかった!といっても誰も興味ありませんよね(苦笑)。
 城探訪らしく、城跡の記述を書いておきますね。
 場所は役場の裏山で車で訪れる場合は国道208号線沿いの玉東町役場の駐車場に置くと便利です。案内板はありませんので道なりに登って有栖川の宮督戦碑を目指してください。すぐ分かります。
 石碑のあるところが本丸跡です。国道から見ると比高20メートルくらい。小高い丘ですがあまり大規模ではありません。城全体でも500人も籠ればいっぱいになるくらいです。
 おそらく西南戦争時に官軍の本営があったらしいので、そのさいに近代的野戦築城工事を施した形跡があります。戦国時代当時の遺構は私が見た範囲では分かりませんでした。本丸の一段低いところに二の丸があります。構造は単純な山城。規模も小さいです。近くにある稲佐城跡のほうが要害に見えます。
 これはあくまで私見ですが、小森田城は平時の城で、木葉(このは)山頂に詰めの城があった可能性があります。そうでない場合、簡単に囲まれて落城しそうな構造でした。崖はやや急俊ですが、規模が小さすぎて要害とはなりにくかったように感じます。木葉山を中心にして稲佐城までを包含した城塞群と想定した時はじめてある程度の防御力を発揮できたのではないでしょうか?
 マニアックな郷土史ネタでした(苦笑)。申し訳ございません。

長篠合戦と三段撃ちと早合

 長篠(設楽ヶ原)合戦1575年といえば、織田信長が武田騎馬隊を破った合戦として世間には名高いですよね。
 通説では発射速度の遅い鉄砲の欠点を補うため、三段に分けて交互に発射させる所謂三段撃ちをしたとされますが近年の研究では三段撃ちではなく早合(はやごう)ではなかったかという意見が有力です。
 早合というのは、一発分の弾薬を竹または木の筒に包んだ一種のカートリッジです。まず蓋をあけ火薬を銃口から流し込みそのあと弾丸を落とし突き固めて発射するという仕組みです。これだと熟練すれば一発17秒から18秒で発射できたといいます。
 鉄砲の発射速度の欠点を補うたいへん有力な方法で、安土桃山時代急速に普及しました。
 
 ということは三段撃ちはなかったのでしょうか?否定論者は机上の空論で現実的には難しいという主張です。私もこれまでそれを信じていました。
 ところが私が最近読んだ「戦闘技術の歴史 近世編」(クリステル・ヨルゲンセン他著)では日本の歴史学者が言ってきた事とは全く逆の事が書かれており私も驚いています。
 話が急にヨーロッパに飛びますが、オランダ独立戦争(1568年~1648年)の英雄マウリッツ・フォン・ナッサウ(オラニエ公マウリッツ)の軍事革命の事を詳しく紹介してありました。
 私の理解では、三兵戦術(騎兵・歩兵・砲兵)と兵站線の確保までを統合した近代戦術を確立したのがマウリッツの改革であり、スペインのテルシオ戦術に対抗するためにマスケット銃兵を主力としたオランダ式方陣でそれを打ち破りオランダ独立をはたしたのが彼の功績だと思っていました。
 さらにマウリッツ式を発展させたのがスウェーデンのグスタフ・アドルフであり、マウリッツは近代戦術の父だと理解していたのです。
 おおむねその理解で間違いなかったのですが、本書ではマスケット銃歩兵隊の具体的運用方法が書いてあっりました。
 本書によると、マスケット銃卒は発射速度を上げるために紙薬莢(原理は早合と同じ。包んでいる材質の違い)を使用し、部隊を三つの梯団に分けます。
 三つの梯団は直列し、まず先頭部隊が発射したらまわれ右して第3部隊の後方に付く。次に第2部隊が発射。次に第3部隊と次々に発射し、各部隊は後方で順番を待っている間に弾込めを済ますことで飛躍的に発射速度を上げ連続発射を可能にしたとされます。
 もちろんそれを実行するには厳しい訓練が必要ですが、実際にオランダ軍はこの戦法で当時最強のテルシオ陣形を打ち破ることができたのです。
 どうですか?これこそまんま三段撃ちじゃないですか?しかも横隊ではなく部隊単位の運用なのでさらに難しいと思いますよ。
 いかに日本史学者が世界史を勉強しておらず井の中の蛙かわかる事例ですね。現実性がないどころか欧州ではそれが当たり前だったのですから(呆)。
 「早合を使用したから三段撃ちはなかった」じゃなくて早合もし、さらに三段撃ちもできたじゃありませんか!マウリッツはまさにそういう運用を確立していたんですから。
 読み進めていると、横隊の三段撃ちはフランス軍の運用に近いということが分かりました。ただフランスも後に梯団方式に改めているそうですからマウリッツ式の方が有効だったのでしょう。私の素人考えでも横隊は防御向き、梯団は攻撃にも有効だったと思えます。
 長篠合戦の織田軍鉄砲三段撃ち問題、ヨーロッパの戦史を参考に再検討する必要があるのかもしれませんね。

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »