2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 三国志12  三顧の礼 | トップページ | 三国志14  赤壁の決戦 »

2013年11月 7日 (木)

三国志13  舌戦

 208年正月、鄴に凱旋した曹操は玄武池を作って水軍の訓練を始めました。明らかに南方遠征を睨んだものです。三公の制を廃止して丞相に自ら任じました。ですからこれ以降が正式な丞相です。
 
 同年7月、曹操はいよいよ南方征伐の軍を発します。最初の標的は荊州の劉表。しかし劉表は矛を交える前に病死しました。荊州の首都襄陽は後継者を巡って混乱します。劉表の嫡子で遺言では正式な後継者となるべき劉琦は呉に対するため江夏の守りについていました。劉琦の後見人たる皇叔劉備もまた最前線新野におり不在。後妻蔡夫人とその兄蔡瑁は劉表の遺言を偽造し夫人の子次男劉琮を後継者と定めます。
 荊州の実権を握った蔡瑁は、曹操が大軍をもって攻めてくることに恐れをなし劉備の頭越しに曹操に降伏しました。後でこの事を知った劉備は驚き新野を捨て襄陽に至ります。ところが蔡瑁は城門を閉め劉備を中に入れませんでした。
 仕方なく劉備一行は、荊州の金銭兵糧のほとんどを蓄える南郡の郡治江陵に向かいました。諸葛亮は「この際劉琮を討って荊州を奪ってしまいなさい」と進言しますが劉備は「忍びない」と答えたのみでした。
 劉備を慕って多くの領民が付いてきたため進軍は遅々として進みませんでした。9月50万とも号する曹操の大軍が襄陽に入城します。曹操はいち早く降伏した功を認め劉琮を青州刺史に任命します。しかし荊州の実権は奪いました。演義では青州に向かう劉琮を于禁に命じて追撃させ母の蔡夫人ともども皆殺しにしたとされますが、実際はなかったようです。
 曹操は荊州の諸将を厚遇し、人心を安定させました。同時に逃げた劉備に対しては精鋭を選りすぐって追撃させます。甘夫人の死去、夫人の子阿斗を抱いた趙雲単騎駆けの脱出行、張飛の長坂橋仁王立ちなどエピソードが起こるのはこの時です。
 江陵には曹操の軍が先に到着し、占領します。仕方なく劉備は進路を東にとり夏口に向かいました。軍勢は江夏の劉琦と合わせても2万弱。滅亡は時間の問題でした。そんな中劉表の弔問と称して呉の使臣魯粛が劉備のもとを訪れました。
 明らかな情報収集です。すでに曹操は孫権に向かって降伏して劉備を攻めるようにという書面を送っていました。拒否すれば征伐するという暗黙の脅しを含めて。軍師諸葛亮は、単身呉に乗り込む決意をします。
 この頃孫権は曹操の侵略に備え柴桑に駐屯していました。諸葛亮は呉侯孫権を説得します。ただし普通の言い方はせずわざと怒らせました。
「貴方が身の安全を第一と考えられるなら曹操に降伏なさるがよろしい。それが嫌なら戦う事です。貴方は降伏するという態度を見せながらなかなか決断なさらない。それでは禍が降りかかりますぞ」
「では劉備殿はなぜ曹操に降伏しないのだ」
と孫権が問うと
「わが君は卑しくも皇叔左将軍劉豫州と呼ばれるお方。天命拙く滅びる事があろうと、降伏など勧めたら私が斬られます」
怒った孫権は
「余とて呉侯孫権と呼ばれる男。おめおめと曹操に降伏できるか。よし、こうなれば軍を率いて曹操と対決してくれる」と叫びました。
 諸葛亮は曹操の弱点が大軍を抱えながらほとんどが陸兵で水軍に疎い事、荊州は降伏したばかりで信用できない事などを上げ呉と劉備の水軍を合わせてこれに当たれば勝利間違いなしと励ましました。
 こうして呉は、周瑜を大将に5万の水軍を派遣します。その後には孫権が3万の陸兵を控えさせました。
 周瑜字は公瑾。以前にも登場しましたが孫権の兄孫策と同年で同窓で学んだ親友でした。長身で美男、音楽に堪能、楽師が間違えるとどんなに酔っていても振り返るほどだったそうです。人々は彼を紅顔の美周郎と呼びました。孫策が挙兵すると手勢を率いていち早く合流、孫策の覇業を助けます。喬玄の娘二人が絶世の美女だと聞くと姉を孫策が娶り妹を周瑜が娶るほどの仲でした。
 孫策が死に臨んで孫権に「外の事は周瑜に尋ねよ」と遺言したのも、彼が呉の大黒柱となるべき人材だった証拠です。
 大都督周瑜に率いられた呉の水軍5万は、荊州兵を加えて83万と号する曹操の大軍といかに戦うのでしょうか?呉軍に同行した諸葛亮はどう動くのか?次回、三国鼎立を決定付けた赤壁の戦いを描きます。

« 三国志12  三顧の礼 | トップページ | 三国志14  赤壁の決戦 »

 世界史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 三国志13  舌戦:

« 三国志12  三顧の礼 | トップページ | 三国志14  赤壁の決戦 »