2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« アメリカ海軍戦艦一覧 | トップページ | 大日本帝国陸軍物資弾薬の備蓄単位 »

2019年3月 2日 (土)

大東亜戦争時日本の戦艦

Nihonsenkan

 せっかく調べたので載せておきます。これは最終形態かそのひとつ前の改装時のデータです。長門型の砲塔基部(バーベット部)装甲のデータは457㎜という説もありますが、厚いほうがいいと思い500㎜データの資料を採用しました(笑)。
 大和型の装甲は群を抜いていますね。アイオワ級はパナマ運河航行を前提にしているので防御力では難点があったと言われます。

« アメリカ海軍戦艦一覧 | トップページ | 大日本帝国陸軍物資弾薬の備蓄単位 »

 軍事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大東亜戦争時日本の戦艦:

« アメリカ海軍戦艦一覧 | トップページ | 大日本帝国陸軍物資弾薬の備蓄単位 »