2023年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

« アメリカ海兵隊の遠征規模 | トップページ | ワームビア法恐るべし! »

2019年3月 6日 (水)

遊女の子供だとされる歴史上の人物

 先日NHKでおそらく応仁の乱関連の番組だと思いますが、畠山義就(よしなり)のことを「よしひろ」「よしひろ」と連呼していたことに非常に違和感を覚えました。義就が偏諱を与えた人物、遊佐就家や遊佐就盛の就は普通「なり」と呼ばれることが多いんですから、義就は「よしなり」だろうと常識的には思いますよ。

 

 NHKは頭がおかしい。山城に関する番組の小谷城のコーナーで浅井氏研究の第一人者である宮島敬一氏にインタビューし、宮島氏が「あさい」と言っているにもかかわらず「あざい」と言い張っていたことにも不満を持ちました。宮島氏が著書で浅井を「あざい」と呼ぶようになったのは江戸期からだから、戦国期には「あさい」と呼んでいたと書いているにもかかわらずですよ。NHKの不遜な態度は何なんでしょうかね?

 

 それはともかく、畠山義就といえば遊女の子として知られていますよね。彼の母土用は当時の高級娼婦として有名で畠山持国との間に義就、信濃守護小笠原長将との間に持長、飛騨江間氏との間にも子をもうけています。畠山氏の家督争いが応仁の乱の原因の一つになったんだから罪深い女性ですよね。畠山持国は正室やほかの側室との間には子供が生まれなかったので、本当に彼の実子かどうか疑わしいと思います。

 

 遊女の子と言うと、足利直冬(ただふゆ)もそうです。父尊氏が青年時代に高級娼婦との間にもうけた子と言われ、尊氏から実子かどうか疑われます。その為疎まれ、哀れに思った尊氏の弟直義が養子に迎えました。直冬は父尊氏を憎み続け後に大乱を起こします。父尊氏が弟で嫡子の義詮ばかり可愛がることに嫉妬していたと言われます。

 

 戦国時代の阿波守護細川真之、守護代三好長治、十河存保兄弟、長曾我部元親の子右近太夫の母、小少将も娼婦ではありませんが、娼婦的な動きをした女性です。小少将は阿波の豪族岡本氏の娘だとされますが、阿波守護細川持隆に見初められ真之を生むも、持隆に隠れ守護代三好実休(義賢)と通じ、実休死後はその家老篠原自遁と通じるなどやりたい放題でした。長宗我部元親が三好氏から阿波を奪うと、ちゃっかりその側室におさまり右近太夫を生むんですから、たくましいというか何というか…。年齢を考えるとちょっと現実では考えられません。真之を12歳で生んだとしても元親の側室になった時56歳!!!支那の春秋時代に生きた悪女夏姫に通じる恐ろしさがありますねえ。どんなに年とっても美貌が衰えない一種の妖怪だったのかも?一応、オカルト的にはエーテル体の吸血鬼など説明はできるんですがね(苦笑)。

 

 平清盛の母祇園女御(あるいはその妹)にも娼婦疑惑があります。これに関しては歴史的事実だと確認できなかったのであくまで噂だけにとどめておきます。清盛が白河上皇のご落胤だという説もありますよね。他にもいろいろありそうですが、とりとめのない話になりそうですからここら辺で止めておきます。

« アメリカ海兵隊の遠征規模 | トップページ | ワームビア法恐るべし! »

 日本史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 遊女の子供だとされる歴史上の人物:

« アメリカ海兵隊の遠征規模 | トップページ | ワームビア法恐るべし! »