2023年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

« アエミリウス・パウルスとピュドナの戦い(後編) | トップページ | ベーラ4世とモヒの戦い »

2019年5月10日 (金)

「一里の厚にして千里の権を動かすものは地の利なり」

ブログランキング参加しました。『ブログランキング』と『にほんブログ村』の2つです。よろしければクリックお願いします。

歴史ランキング

にほんブログ村 歴史ブログへ

にほんブログ村

いつも応援ありがとうございます。

 

20195

 

 

※ この記事はヤフーブログにおいて2006年5月31日に書いたものです。

 

 非常にマニアックで申し訳ないのですが、私が長年疑問に思っている事があります。中国史で春秋戦国時代、中原にあった列国の「鄭」が、三晋の一つ「韓」にあっけなく滅ぼされたことです。
(世界史書庫「晋陽城水攻め」参照)
 色々調べた結果、すでに鄭は春秋時代末期晋の六卿の侵略を受け、領土を蚕食されていたということがわかりました。それでも有力な諸侯国である鄭が、なぜ六卿の一つに過ぎない韓氏に滅ぼされたのか、いまひとつ納得できませんでした。
 
 ところが、最近読んだ「戦国策」にその秘密の一端が解明できそうな記述を発見しました。

 三晋(趙・魏・韓)が知氏(知伯)を破って、その土地を分割する事になった。そのとき韓氏の謀臣、段規が韓氏に進言した。「土地の分割に関しては、ぜひとも成皐をお取りなさい」
韓氏「成皐は石だらけの土地である。私の役に立たない」
段規「それは違います。臣が聞くところでは『一里の厚にして千里の権を動かすものは地の利なり。万人の衆にして、三軍を破る者は、不意なり』と申します。君が臣の言をお取り上げになれば、韓はきっと鄭を取ることになりましょう。」
韓氏「なるほど」
 はたして、韓が鄭を取る事になったとき、成皐はその作戦基地になった。

 成皐の地は、黄河と伊水の合流点にあり交通の要衝でした。鄭の地を攻めるための死命を制する場所で、戦国時代なんども戦いが起こりました。後に鄭の故地に中心を移した韓が秦に攻められたときも、秦軍はまず成皐を占領して韓を滅ぼしました。
 さすがに段規は慧眼でした。彼がいたからこそ、韓は戦国の七雄として生き残る事ができたのかもしれません。

 その後の調べ(2019年)では、韓は本来の首都平陽(山西省臨汾市)から宜陽(河南省洛陽市宜陽県)、陽翟(ようてき 河南省兎州市)、そして最後に新鄭(河南省鄭州市)に首都を移しています。韓は反時計回りに鄭を侵略していき、最後に鄭の首都新鄭を落として征服を完了したのでしょう。魏も山西省の本来の領土から韓の上党郡(平陽がある)と趙に挟まれた狭い地峡を通って鄴と大梁(開封市)という中原で最も人口の多い穀倉地帯を征服したので、韓と似たような経緯て侵攻したのだと思います。

« アエミリウス・パウルスとピュドナの戦い(後編) | トップページ | ベーラ4世とモヒの戦い »

 世界史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« アエミリウス・パウルスとピュドナの戦い(後編) | トップページ | ベーラ4世とモヒの戦い »