2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« もし三峡ダムが崩壊したら… | トップページ | 八方塞がりの韓国外交 »

2019年7月25日 (木)

香港の危機!天安門事件の再来か?

ブログランキング参加しました。『ブログランキング』と『にほんブログ村』の2つです。よろしければクリックお願いします。

歴史ランキング

にほんブログ村 歴史ブログへ

にほんブログ村

いつも応援ありがとうございます。

 

 

【速報】中国国防省、香港への人民解放軍投入か 装甲車、兵員が入る


 ツイッターで香港の人が写真入りで第一報を報じていました。人民解放軍の装甲車両が続々と香港入り。最近香港民主化デモが全く報じられていなかったので不気味でしたが、支那共産党政府は着々と準備していたようですね。香港では、明らかに地元警察ではない者が民主化運動を厳しく取り締まり暴力も加えているとか。

 何故地元の人間でないと分かったかというと、あまりの暴力の酷さに香港の人が現地語で抗議したそうですが全く通じなかったそうです。広東語と北京語は全く違うそうですからね。報道管制も厳しいそうですし、香港は近いうちに何か悲惨なことが起こりそうです。香港はイギリスの植民地とはいえ一度民主主義を経験したところ。支那共産党政府のような人民を暴力で統制するところとは根本的に相容れません。

 かつて日本をはじめとする西側諸国は北京の民主化運動を見殺しにしました。天安門事件は我々西側諸国にとっても汚点です。特に日本は商売のために支那との関係を強引に改善させ天皇陛下(現上皇陛下)の訪問までさせました。これは皇室に対しても冒涜だと思います。

 今回香港の人たちを見殺しにしたら我々は民主主義を公言できませんよ。香港情勢は混沌としてきました。最悪の結果になる可能性も高い。支那の工作員である日本のマスゴミは信用できませんから、現地香港や西側の報道を見守らないといけません。日本は香港はもちろん、チベットやウイグルで現在進行形で行われている深刻な人権弾圧にも抗議しなければ先進国ではありません。我々国民も人類の敵支那に対し厳しい声を上げましょう!

« もし三峡ダムが崩壊したら… | トップページ | 八方塞がりの韓国外交 »

 時事問題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« もし三峡ダムが崩壊したら… | トップページ | 八方塞がりの韓国外交 »