2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

« 2019年8月 | トップページ | 2019年10月 »

2019年9月

2019年9月30日 (月)

10月1日からいよいよ消費税10%になります

ブログランキング参加しました。『ブログランキング』と『にほんブログ村』の2つです。よろしければクリックお願いします。

歴史ランキング

にほんブログ村 歴史ブログへ

にほんブログ村

いつも応援ありがとうございます。

 

【消費増税】ビックリマンチョコは8%、プロ野球チップスは10%。軽減税率に揺れる駄菓子「とてもやないけど対応できひん」

 

 今更決まったものに文句は言いません。ただやるのなら一律10%にすべきで庶民に無用の負担を強いるべきではない。軽減税率の仕組みも複雑だし、低所得層に配慮するにしてももっと簡単な方法がいくらでもあったのではないかと思います。

 結局安倍総理は、絶対に増税したいという財務省に逆らえなかったのでしょう。政権運営にも支障が生じますからね。ただ前回の消費税8%増税の時に懲りているはずだから、景気が落ち込まないように経済対策をいろいろ打ち出していますが、私は効果がほとんどなく庶民の怨嗟の的になるだけだと思います。

 税というのはシンプルがベスト。複雑になればなるほど駄目です。おそらく消費者の怒りは安倍政権に向かうと思いますよ。デフレ脱却どころかデフレに逆戻りです。いくら安倍総理が外交や安全保障で頑張っても、国民経済を疲弊させたら終わり。今回の消費増税も対応できない小規模店舗は潰れますよ。その分の経済損失がどれほどになるか、想像するのも恐ろしい。こんな体たらくじゃ憲法改正など絶対に無理。

 安倍総理もそれが十分わかっているからこれまで何度も消費増税を延期してきたんでしょうが、流石に無期限延期という英断はできませんでした。私は「デフレから完全に脱却し景気に影響が出なくなると分かってから2年後に増税します」と宣言すべきだったと思いますがね。それだけ財務省の力が強いという事なのでしょう。

 そもそも今回の消費増税は、肥大化する一方の社会保障費を賄うためではなかったのか?だったら憲法違反の外国人生活保護の禁止など社会保障費そのものにメスを入れるべきです。医療費に関しても、高額所得者(資産を持つ高齢者も当然含む)の自己負担を上げるなど対策はいくらでもあるでしょう。削れるものは削って、それでもこれだけ必要というなら我々納税者は納得するが、やることはやらずに税金だけ取られたら誰でも怒りますよ。

 今後の極東情勢はどう転ぶか分かりません。戦争の危機も迫っています。私は経済が破綻し自暴自棄になった韓国が対馬に軍事侵攻する事すらあり得ると思っています。そんな中、消費増税などという自ら招いた経済混乱にうつつを抜かしていてよいのかと安倍政権に問いたい。現状認識が甘すぎますよ。其れでも安倍政権が歴代自民党政権で一番ましという点が絶望的ですが。

 10月1日からの消費増税、パンドラの箱が開かねば良いがと危惧しています。箱の中に残っているのは希望か絶望か?皆さんはどんな点に注目していますか?

2019年9月29日 (日)

入国管理局の対応もようやくまともになってきました

ブログランキング参加しました。『ブログランキング』と『にほんブログ村』の2つです。よろしければクリックお願いします。

歴史ランキング

にほんブログ村 歴史ブログへ

にほんブログ村

いつも応援ありがとうございます。

 

【韓国】日本の竹島領有権主張に抗議するため、日本を訪れた市民団体が日本の空港で入国を拒否される

 

 遅きに失した感はありますが、ようやく日本の入管もまともな仕事をしたと言えます。これまでが異常だったんですよ。日本まで来て反日活動をするテロ団体をなぜ今まで放置してきたのか?こんな団体、そもそも入国許可を出したら駄目でしょ?いつ日本国民がテロの犠牲者になるか分かりません。

 韓国から来る奴らばかりでなく、日本で反基地運動などをやっている在日も在留許可を剥奪し強制送還すべき。まずは反基地活動家を全員拘束し身元を厳しく調べなければなりません。そして構成員に在日がいた場合、その団体もテロ団体として解散させなければなりません。抵抗したら外患誘致罪で逮捕です。あいちトリエンナーレで問題を慰安婦像だけに矮小化し昭和天皇陛下、特攻隊に対する侮辱を報道しなかった全既存マスゴミも罪に問わなければならない。報道しない自由どころか国民の知る権利に対する重大な侵害です。

 戦後日本は事なかれ主義、特亜に対する不必要な配慮で我々一般庶民が苦しめられてきました。配慮するなら我々国民にしてもらいたい。日本に害をなす外国人は国外追放、それと徒党を組んで日本を貶める反日パヨクも同罪です。普通の国なら、国家元首や国旗、国体そのものを侮辱したら重い罪になります。甚だしいケースだと死刑。日本もここまでしろとは言いませんが、厳しい罰則を設けるべきです。思想信条の自由よりも優先すべきは公共の福祉ですよ。優先順位が間違っています。

 政府、自民党はまだまだマスゴミを恐れている。ですから我々心ある国民が立ち上がり弱腰政府の尻を叩かないといけないのです。日本が正常化するためには国民一人一人が目覚めることだと私は思います。皆さんはいかがお考えですか?

2019年9月26日 (木)

私は当然の判断だと思いますが批判しているのはどういった連中ですかね?

ブログランキング参加しました。『ブログランキング』と『にほんブログ村』の2つです。よろしければクリックお願いします。

歴史ランキング

にほんブログ村 歴史ブログへ

にほんブログ村

いつも応援ありがとうございます。

 

【検閲と言われても仕方ない】あいちトリエンナーレへの文化庁の補助金不交付判断に批判殺到


 文部科学大臣が萩生田さんで良かったですよ。もしこれが小泉進次郎だったら「政府は芸術の自由に介入してはならない」などと綺麗事をほざき嬉々としてあいちトリエンナーレに国民の税金を投入したでしょう。

 そもそもあいちトリエンナーレに日本中から抗議の声が上がったのは、慰安婦像だけではなく昭和天皇陛下の御真影への侮辱、特攻隊への侮辱が大きい。反日媚韓マスゴミもそれが分かっているから報道ではあえて慰安婦像だけに矮小化してテレビしか情報源がない情弱を騙そうとしました。ですが、今はネットの時代。マスゴミの報道しない自由は通用しません。

 芸術の自由、思想信条の自由は確かにある。ただしその大前提として公序良俗に反してはならないという絶対に譲ってはいけない一線があります。ましてや愛知県民や国民の税金が投入されるんですよ。ならば最高責任者の大村愛知県知事や、反日展示を決めた芸術監督津田大介の責任は免れない。卑劣な大村は、責任を津田一人に負わせて逃げにかかってますがね。あいちトリエンナーレの反日展示を決めた連中の醜さはとても日本人とは思えません。ルーツが半島にあると思われても仕方ない。

 補助金交付を止めたのは当然の判断で、日本人は皆納得します。これに批判している連中は在か反日パヨクだけでしょう。もうこんな日本の癌細胞に配慮する時代は終わりました。徹底的に排除すべき。沖縄反基地運動の違法行為はどんどん取り締まって、もし在日だったら国外追放、共産党など反日政治団体の関与がはっきりしたら、解散させなければなりません。関西生コンの大事件を一切報じないマスゴミも同罪。テレビなら放送免許を取り消し、新聞なら廃刊させるべき。連中は国民の知る権利を侵害しています。あいちトリエンナーレ報道でも問題を慰安婦像だけに矮小化し、昭和天皇陛下、特攻隊の皆さんへの侮辱を一切報じないメディアもまた国民の知る権利を侵害する犯罪者です。
 
 もっと我々国民が声を上げましょう。こんな腐った連中に好き勝手されたらたまりません。我々が弱腰政府の尻を叩き、反日勢力の罪を問い叩き潰さねばならないと確信します。皆さんはあいちトリエンナーレを巡る一連の報道と関係者の言動、そして反日展示を擁護する売国奴どもについてどのような感想を抱かれましたか?

2019年9月21日 (土)

英国軍ラグビーチームの靖国参拝に関して悪質なフェイクニュースが流れていますね

ブログランキング参加しました。『ブログランキング』と『にほんブログ村』の2つです。よろしければクリックお願いします。

歴史ランキング

にほんブログ村 歴史ブログへ

にほんブログ村

いつも応援ありがとうございます。

 

靖国神社訪問の英国軍ラグビーチーム、大使から厳しく叱責 在英韓国大使館・報道官「靖国は日本の帝国主義と侵略戦争を美化する場所」

 


 英国軍は誇りある組織、自分の判断で行動しています。それに対し駐日英国大使が韓国を刺激するからと厳しく叱責したというニュースがまことしやかに流れましたが、私はタンザニアの竹島記念コインと同様胡散臭いなと思っていたら案の定でした。駐日英国大使館からの公式な発表です。

 

Photo_20190921111701

 

 韓国は異常な国ですから反発するのは予想できましたが、英国がなぜ韓国の肩を持つ必要があるのでしょう。結果として日本との関係が悪化したらブレグジット後の日英経済協力にも暗雲が立ち込めますよ。逆に韓国に関しては無視しても英国は全く困りません。こういう基本的常識があれば在日英国大使が英国軍ラグビーチームが靖国参拝したところで叱責したり注意するはずがないと分かります。そもそも各国の軍人、外交官たちは靖国神社が日本のために戦った軍人たちが眠るところとして敬意を払い靖国神社に参拝をしていますよ。

 ネット環境があり、韓国の異常性を知っている我々はこのようなニュースを聞いてもまず疑うのが常識ですが、タンザニア竹島記念コインの件と言い今回の件と言いマスゴミは簡単に信じてしまうんですね。愚か者は自分の信じたいものだけ信じると言いますが、本当にこれ。だからマスゴミだと一般人から忌み嫌われるんです。マスゴミ関係者にも在が多数入り込んでいるんでしょうな。

 英国軍ラグビーチームの皆さん、靖国神社参拝していただいてありがとうございます。皆さんの健闘を祈ります。英国は紳士の国、どこかの審判すら平気で買収するようなならず者国家とは違いますから、フェアプレーしてくれることでしょう。

2019年9月16日 (月)

小泉進次郎環境大臣は岩屋前防衛大臣以上の安倍総理の人選ミスになりそう

ブログランキング参加しました。『ブログランキング』と『にほんブログ村』の2つです。よろしければクリックお願いします。

歴史ランキング

にほんブログ村 歴史ブログへ

にほんブログ村

いつも応援ありがとうございます。

 

Photo_20190916200901

 

【原田前環境相再び!】福島原発汚染処理水「海洋放出」主張 フェイスブックで「誰かが言わなければ」

 

 

 綺麗事なら誰でも言えます。綺麗事で世の中が解決するなら犯罪も戦争も起きません。原発汚染水の海洋放出は世界中の国家がやっています。現に韓国の月城原子力発電所からのトリチウム放出は2009年間まで年間400テラベクレルを超えていました。が、近隣住民に健康被害が出たという話は聞きませんし、魚を食べた人に放射線被害が出たという報告もありません。韓国産の魚介類を知らずに食べている日本人にもです。もっとも大腸菌による被害はあったでしょうがね。カナダのオンタリオ州にあるブルース原子力発電所からの年間トリチウム海洋放出量は600~700テラベクレルだそうです。

 一方、日本は福島第一原発の事故を受け、他国に基準よりはるかに厳しい規制をかけているそうですが、だったらその基準を満たすよう水で希釈して海洋放出すればよい。このままの量汚染水を貯め続けると2年で限界が来ると言われています。ネット上で誰かが言っていましたが、広島長崎で福一以上の莫大な放射線が放出され、雨で莫大なトリチウムが海に流れ込んだはずだが、原爆の直接の被害者以外魚を食べてトリチウムその他放射線で死んだ人は皆無。海は広いから、大きなプールに目薬一滴を垂らしたようなもので希釈されるとのこと。

 そもそも600テラベクレルで健康被害があるのなら原発のある沿岸地域住民は全滅しているはずですよ。こういう科学的根拠に基づいて議論するならともかく、反原発派パヨクはイメージだけで非難し風評被害を拡大しています。安倍総理が小泉信環境相に期待したのは科学的根拠を示し住民を説得し汚染水の海洋放出を決めることではなかったでしょうか?原田前大臣は覚悟をもって海洋放出を発言したと思いますよ。誰かが正論を言わないといけなかったのです。放出反対派は、別の解決法を示さなければならない。そうじゃなかったら単なるいちゃもんです。国賊に等しいと思います。

 進次郎は、あろうことか原田前大臣の勇気ある発言を失言と決めつけ自分は綺麗事を並べて問題解決する意思が全く見えません。こんな無責任な態度があるでしょうか?私は岩屋前防衛大臣以上に酷い態度だと思います。岩屋も進次郎も馬鹿なんでしょうね。馬鹿だから問題の本質が見えないし理解できない。安倍総理は人気取りで進次郎を入閣させたのなら環境大臣にすべきではなかった。女性活躍、働き方改革担当大臣くらいの毒にも薬にもならない肩書だけの大臣で客寄せパンダにすべきだったと思います。

 進次郎の悪影響は今後安倍政権を痛めつけるはずです。下手したら安倍政権の致命傷にすらなりかねない。進次郎は無能なだけに癌細胞です。だいたい日本の売国マスゴミが次期総理候補に推しているというだけで碌な人間ではないと分かります。我々国民も反日パヨクが垂れ流す悪質なプロパガンダに騙されず、科学的根拠に基づく汚染水海洋放出を支持すべきです。それとも別の解決法があると仰る方は納得のできる解決法を示していただきたい!

2019年9月14日 (土)

古代支那の食事

ブログランキング参加しました。『ブログランキング』と『にほんブログ村』の2つです。よろしければクリックお願いします。

歴史ランキング

にほんブログ村 歴史ブログへ

にほんブログ村

いつも応援ありがとうございます。

 

 

 

 私の悪い癖は、一つの事を調べるとその関連項目も調べなくては気が済まないというものです。前記事で淮河以南の華中と華南地方は稲作の一大産地を抱えているので古代から米を食べていたが、淮河以北では何を食べていたか謎だと書きました。一応小麦を粉にして麺にしていたのではないかと推定しましたが、その後調べると小麦を粉にして捏ねたり、蒸したりする製法は唐代以降だそうです。そのころ麺や餃子、肉まんなどができたのでしょう。

 ではそれまで中原(黄河中流域)の人たちが何を主食にしていたかというと、それは粟(あわ)だったそうです。そういえば治粟都尉という役職があるのをすっかり忘れていました。楚漢戦争時、韓信が一時就任していますよね。治粟都尉は軍の兵糧管理をする役職。という事は主食も粟だと分かります。

 古代支那の人々は、主食である粟を甑(こしき)という土器で蒸して食べたそうです。昔地元のうどん屋で粟飯を食べた記憶があるんですが、意外に美味しかった記憶があります。米があるのでしょっちゅう食べたいとは思いませんが、たまには良いと思えるほどの味でした。すくなくとも麦飯のぱさぱさした感じはありません。雑穀ではあるんですが、粟はなかなか美味しいですよ(笑)。

 古代支那の人々は、肉類も現代とほとんど変わらないものを食べていたそうです。六畜といって牛、豚、羊、馬、狗、鶏。狗だけはちょっと勘弁して欲しいですが現在でも大陸や半島の人は食べていますよね。調味料も酢や醤(ひしお)はありました。醤はペースト状の調味料で現代日本の味噌と醤油の中間くらいの調味料だったと思います。現在でも『ジャン』と呼ばれていますよね。

 調理法も、焙ったり煮たり蒸したりしました。羹(あつもの)は肉や野菜を入れて作った濃厚な熱いスープ、膾(なます)は薄く切った魚肉を酢に浸した冷たい料理の事。『羹に懲りて膾を吹く』の語源です。

 変わった調味料では、柑橘類の皮を干した陳皮(ちんぴ)のような物もあります。陳皮は今では漢方薬の原料になっています。日本で和菓子の一つ羊羹ももともとはその字の通り羊の羹のこと。羊羹は禅宗の僧が伝えましたが、仏教では肉食を禁じていたので精進料理として小豆をくず粉や小麦粉と混ぜて作ったのが和菓子の始まりだそうです。

 梅干しも古代支那が最初。もともとは梅を酢に漬けて梅酢を作っていたそうですが、その副産物が梅干しだそうです。こうしてみると現在の中華料理に通じる材料、調理法が古代からあったんですね。久しぶりに粟飯が食べたくなりました(笑)。

2019年9月13日 (金)

漢代の貨幣と官僚の俸給

ブログランキング参加しました。『ブログランキング』と『にほんブログ村』の2つです。よろしければクリックお願いします。

歴史ランキング

にほんブログ村 歴史ブログへ

にほんブログ村

いつも応援ありがとうございます。

 

 古代支那春秋戦国時代の貨幣と言えば、斉・燕・越などで使われた刀銭、楚で使われた蟻鼻銭、秦で使われた圜銭(かんせん)があります。圜銭とは円形の貨幣の中心に丸あるいは四角の穴をあけた貨幣でのちの支那王朝が鋳造した貨幣の基本形となりました。刀銭も穴が開いており、どうして穴をあけるかというと紐で結んで一括りにするためです。日本でも一文銭を紐で千枚繋げて一貫文にしましたよね。

 当然、当時は政府に信用がありませんから金属そのものの価値が貨幣の価値になる秤量貨幣でした。これがのちに政府の金保有量で貨幣や紙幣の価値を保証する金本位制になり、現在では政府の信用で紙幣貨幣の価値を保証する信用貨幣になっていきます。

 前漢武帝の時代、度量衡の五銖(ごしゅ 1銖は0.59g)の重さを基本とする五銖銭が鋳造されました。武帝の時代は前後漢を通じて最も栄えた時代だったこともあり、この五銖銭が基本貨幣となり三国時代、南北朝時代、隋代まで使用されます。歴代王朝は独自の貨幣を鋳造しようとしましたが、政府の信用がないこともありほとんど失敗します。三国の一つ蜀では、五銖銭100枚の価値を持つ「直百五銖」を発行しますが、実際は五銖銭二~三枚分の重量しかなく、蜀の経済は大混乱します。蜀に経済に強い官僚がいなかったのでしょうが、この経済的疲弊が蜀滅亡を早めたとも言われます。

 ところで、漢代の官僚の俸給は穀物と銭で支払われました。この割合に関しては諸説あり半々という説もあれば時の政府の都合によって割合が変わったという話もあります。もっとも高い俸給は三公クラスが貰う万石でした。正式には石ではなく斛(こく)の字を使うのですが紛らわしいので石で統一します。これは月俸350石、年俸で言うと4200石にあたりました。次いで九卿クラスの中二千石(月俸180石)、執金吾、郡太守クラスの二千石(月俸120石)、中郎将、校尉の比二千石(月俸100石)というように十等級に分けられていたそうです。これを秩石制と呼びます。

 支給される穀物も、日本のように米だけではなくおそらく麦が主流で稗、粟などの五穀だったと思われます。東晋から始まる南北朝の南朝だけは米の一大産地を抱えているだけに米が支給されたはず。支那大陸は南船北馬と言って淮河を境に麦作地帯と米作地帯が分かれるからです。全然関係ない話ですが、東洋史学者岩村忍先生の『アフガニスタン紀行』によると、現在のパキスタンからアフガニスタン東南部にかけての米麦作の境界近くでは豪族や富裕層は米を食べ、一般民衆は麦を食べたそうです。やはり米の方が美味しいんでしょうかね?支那の高級官僚もわざわざ江南地方から米を取り寄せて食べていたのかもしれませんね。

 ところで当時の麦はどのように食べていたのでしょうか?麺にしていたのか、それとも焼餅みたいにして食べていたのか?非常に興味があります。米みたいに炊いてもあまり美味しくないし…。日本で麦飯というと戦時中の貧しい食べ物というイメージですからね(苦笑)。

2019年9月12日 (木)

後漢、三国時代の地方行政

ブログランキング参加しました。『ブログランキング』と『にほんブログ村』の2つです。よろしければクリックお願いします。

歴史ランキング

にほんブログ村 歴史ブログへ

にほんブログ村

いつも応援ありがとうございます。

 

 マニアックな記事が続いて申し訳ない。過去記事で後漢時代の各州の人口を書いたんですが、その際地方行政の仕組みに関し説明不足だったかなと思い改めて記すことにします。一応過去記事の肝である人口表を載せておきます。

◇幽州(ゆうしゅう)…204万

◇并州(へいしゅう)…70万

◇冀州(きしゅう)…593万

◇青州(せいしゅう)…370万

◇兗州(えんしゅう)…405万

◇徐州(じょしゅう)…280万

◇豫州(よしゅう)…618万

◇司隷(しれい)…310万

◇涼州(りょうしゅう)…42万

◇楊州(ようしゅう)…434万

◇荊州(けいしゅう)…626万

◇益州(えきしゅう)…724万

◇交州(こうしゅう)…110万

 

 漢代の地方行政は、大きな方から州、郡、県が設置され、例えば冀州には魏郡、鉅鹿郡、常山郡など9個の郡がありました。郡の下に複数の県があるわけですから俗に支那四百余州という場合の州は県を指しているわけです。通常、治安・行政を担当するのは郡の長官である太守で州の長官刺史は郡太守の監察権しか有しませんでした。

 ところが、日本において同じような立場であった鎌倉時代の守護が南北朝、室町期にはその国の支配権を握るのと同様、後漢末期の刺史は監察権ばかりか州の行政権まで握るようになります。さらに後漢末期益州(現在の四川省)の刺史となった劉焉(りゅうえん)は朝廷に上奏し刺史に軍事警察権まで有する牧の設置を認めさせます。三国志に詳しい方ならご存知の通りこの劉焉、のちに劉備に益州を乗っ取られる劉璋の父です。劉焉はなかなか野心家だったらしく益州に赴任すると牧の地位を最大限に利用し独立勢力を築くのです。お人好しの息子とは大違いですね。

 後漢十三州と言われますが、そのうち首都洛陽と旧都長安を含む一帯は司隷とよばれ刺史ではなく司隷校尉が支配しました。通常牧で四品、刺史で五品の位階であるところ司隷校尉は三品の高官でした。三品と言えば中央政府では尚書令、中書令、侍中に匹敵する高い地位で、それだけ首都圏の行政が重視されたという事でしょう。三国志ファンなら河南尹という官職を聞いたことがあると思います。これは首都洛陽を含む河南郡の長官で、位階は三品でした。通常の郡太守は五品なので驚くべき地位の高さです。

 司隷校尉と河南尹、同じ三品ということで互いにやりにくかっただろうと想像します。ちなみに劉備が初めて官職を与えられたのは安熹県尉。小さな県の警察署長くらいの役職で位階は最下層の九品。こんな安月給の卑役で都の悪徳役人に賄賂を要求されたら誰でもブチ切れるわなと納得します(笑)。演義では賄賂を要求した督郵(とくゆう 監察官の職)を殴ったのは張飛になってますが、正史では劉備本人でした。

2019年9月10日 (火)

魏官制

ブログランキング参加しました。『ブログランキング』と『にほんブログ村』の2つです。よろしければクリックお願いします。

歴史ランキング

にほんブログ村 歴史ブログへ

にほんブログ村

いつも応援ありがとうございます。

 

 

Photo_20190910010901

 

 非常にマニアックで申し訳ないんですが、せっかく作ったので記事にしました。まだまだ未完成なんですが、三国時代魏の官制です。

 一番左の官品というのは日本でいうところの位階にあたり、一品がだいたい日本の正一位~従一位に当たります。ちなみにこの九品は陳羣が基本を作りました。何故か三国志演義には出てきませんが、名門潁川陳氏出身で演義で活躍した徐州の陳珪、陳登親子とは遠い一族です。徐州時代の劉備に仕えたこともありました。陳羣が作った九品官人法はそれまでの郷挙里選に代わって科挙が一般化するまで歴代王朝の官吏登用の基本制度となります。

 三公というのは周王朝から始まる最高の官職で日本で言えば太政大臣、左大臣、右大臣クラスに当たります。このうち相国というのは非常設の最高官職で共和政ローマで言うなら独裁官、江戸幕府で言うなら大老です。実際の三公は太尉(軍政を司る)、司徒(行政を司る)、司空(監察を司る)が担当しました。

 九卿(きゅうけい)ももともとは実務を司る重要な役所でしたが次第に名誉職化し尚書省から発展した六部にとって代わられました。

 尚書省(詔勅を実行し行政を司る)、中書省(詔勅を起草)、門下省(詔勅を審議)は、三公が次第に名誉職化したのに対し実際に行政を司る部門となりました。唐代には尚書省が拡大しその中から実際の行政機関となった六部(戸部、吏部、礼部、兵部、刑部、工部)が独立します。中書省は門下省と合体し、その長官である中書令や侍中が事実上の宰相となって行きました。

 曹操が就任した事でもおなじみの録尚書事は常設ではなく官僚の第一人者が加官される役職で、事実上の宰相となりました。曹操の代名詞と言えば丞相ですが、これは司徒(大司徒)と被るので漢代に廃止されていましたが後漢末の建安13年に曹操が自ら復活させ就任しました。丞相は宰相と同義です。

 武官も本来なら大将軍が最高位、次いで驃騎(ひょうき)将軍、車騎将軍、衛将軍と続きますが、三国時代から西晋にかけて名誉称号と化していきます。それに代わり大都督中外諸軍事が軍の最高司令官となりました。地方では例えば都督揚州諸軍事、都督雍涼諸軍事という軍司令官が担当し、その名誉称号として将軍が与えられていきます。この都督制度は唐代には節度使に発展します。

 州の行政を担当する刺史と都督がいる場合、都督が軍司令官として刺史を指揮命令しました。後漢末に行政と軍事を司る牧という官職が出現しましたが、戦争が常態化した三国時代にはあまりに地方官に権限を与えすぎると反乱を起こす危険性があるとして都督と刺史とで権力の分散化を図ったのでしょう。

 よほど三国志好きか支那王朝の官職に興味のある方以外はチンプンカンプンだと思いますが、せっかく作ったのでご紹介しました(笑)。

 

 

2019年9月 9日 (月)

内閣改造と外務大臣、防衛大臣人事

ブログランキング参加しました。『ブログランキング』と『にほんブログ村』の2つです。よろしければクリックお願いします。

歴史ランキング

にほんブログ村 歴史ブログへ

にほんブログ村

いつも応援ありがとうございます。

 

 

【内閣改造】河野太郎外相、ついに防衛相へ 徴用工訴訟をめぐり、国際法違反の韓国政府相手に毅然とした対応、総理が評価

 河野太郎は特亜の工作員かと疑われる河野洋平の息子で今まで評判の悪い人物でした。安倍総理が外務大臣に起用したときも私をはじめ多くの日本人が大丈夫か?と心配したものです。ところが蓋を開けてみると、これまでのリベラルで特亜に甘い態度は一変し安倍政権の方針に則った韓国への厳しい態度、発言でその評価はうなぎのぼり。

 確かに河野太郎外務大臣は、これまでの歴代外務大臣の中では良くやりましたし私も評価しています。ただ、それは安倍総理の方針に従っただけで本当に河野太郎が改心して愛国者になったかは正直疑わしい。というのも、実際に韓国に対して行動を移したのは世耕経産大臣であり経産省。河野大臣の派手なパフォーマンスはあっても外務省は何もしないばかりか、水面下では日本国民を裏切るような韓国への不必要な妥協をしようとした形跡がある。

 本当に河野太郎が日本のためを思っているなら、こういう外務省の裏切り行為を糾弾し改革しなければならなかったはず。私は疑り深いので河野太郎は改心したのではなく外務大臣として安倍総理の意向に従っただけだと見ています。もちろん官邸の意向に逆らって韓国に媚びまくった岩屋防衛大臣は論外ですけどね。

 まだ確定ではありませんが、河野さんは外務大臣から防衛大臣に横滑りする可能性が高いとのこと。私は靖国参拝できない河野太郎氏に日本の国防を担う防衛大臣になどなって欲しくない。岩屋が極めつけの無能だったのでこいつよりはましだとは思いますが、河野氏が本気で総理を狙う気なら外務大臣としてもっと実績を残すべき。次期防衛大臣内定ならそれでも良いが、日本の国防を真剣に考えているというところを行動で示してほしい。でないと私は河野太郎という男を信用も信頼もすることができません。

 河野太郎氏に代わって外務大臣に内定しているのは茂木氏だと言われています。この人も私は信用できない。難しいアメリカとの貿易交渉を纏めたので能力はあるのでしょう。ただこの人は日韓議連だし外国人地方参政権にも賛成。国家観も怪しい。また人間性も悪い。外相だから性格が悪い方が良いのかもしれないが、この人は河野太郎以上に危険だと思いますよ。安倍総理や官邸の意向に素直に従うなら良いが、彼の地がでるとせっかくうまい具合に断交に進んでいた日韓関係が日本側の一方的妥協で元の木阿弥になる可能性がある。幸いにして韓国がアメリカにすら喧嘩を売っている状況なので日本だけが突出して関係改善するはずはないとは思いますが、河野太郎以上に茂木氏が危険なのはこれまでの彼の生きざまがあるから。

 読者の中には私が心配しすぎだと笑われるかもしれませんが、万が一に備え覚悟を決めておくべきだと私は思うんですよ。どちらにしろ今度の内閣改造は見守る必要があります。私の取り越し苦労なら良いがと非常に心配しています。皆さんは今度の内閣改造人事どのような感想を持たれますか?





追伸:
 この件に関しては実際に内閣改造人事の発表があってからまた書く予定です。

2019年9月 8日 (日)

視聴率が取れる=国民が支持しているとは思わないんだろうな

ブログランキング参加しました。『ブログランキング』と『にほんブログ村』の2つです。よろしければクリックお願いします。

歴史ランキング

にほんブログ村 歴史ブログへ

にほんブログ村

いつも応援ありがとうございます。

 

【アホの朝日新聞】各局のワイドショーが競うように韓国を取り上げ、日韓の対立をあおり、視聴率もうなぎ登りの底流には何があるのか

 

 すでにネット上では韓国がおかしいという事は周知の事実でした。きっかけは日韓ワールドカップ。ところが在日が支配する日本のマスゴミは韓国や在日の犯罪を隠蔽しあたかも韓国人が思いやりのある良い人たちばかりだと言わんばかりの捏造報道を繰り返してきました。テレビしか情報源の無い情弱老人や馬鹿な主婦は簡単に騙されてきたんでしょうが、流石に昨今の慰安婦合意事実上の破棄、火器管制レーダー照射、日韓請求権協定違反の自称徴用工判決は媚韓反日マスゴミと言えども報道しなければいけなくなりました。大事件ですからね。報道しない自由の範疇を超えています。

 すると普通の日本人はどんな情弱であっても「韓国という国はおかしな国ではないのか?」と疑問に思い出します。日本政府に対し世論調査で「韓国に対して妥協するな」という意見が70%超えたのも当然でした。週刊ポストの『韓国など要らない』特集号が反日パヨクの猛批判にもかかわらず売れに売れ品切れしているのが何よりの証拠。反日パヨクの批判は逆に火に油を注ぎました。『雉も鳴かずば撃たれまい』の言葉そのもの。無視していればそこまで売れなかったと思うんですけどね(苦笑)。

 週刊ポストは利口だったという事でしょう。今マスゴミは特亜と心中するか、日本の流れに従って保守に転向するかの瀬戸際に立っていると思います。支持者が減る一方のパヨク陣営に未来はない。おそらく韓国が滅亡するのと時を同じくして反日マスゴミも死滅しそうです。日本人は誰も相手にしなくなりますからね。

 週刊ポストの商売が大成功した今、他の週刊誌も追随するでしょう。パヨクがどんなに批判してもそんなのは蟷螂之斧。世論の支持があるからパヨクが居丈高になるのであって、世間が無視するパヨクは全く怖くない。何十年前の安保闘争の時代じゃないんです。週刊誌が転向すれば世論はますます反韓、断韓になります。そして韓国を擁護するマスゴミの異様さがますます浮き彫りになるでしょう。

 私は韓国の文在寅政権はこのまま暴走して滅亡して欲しいし、反日パヨクマスゴミにも媚韓反日捏造報道を続けてほしいと思います。まとめて処分できますからね♪マスゴミが全部まともになったら全然面白くない。マスゴミの大半は基地外のままでいて欲しいんです。マスゴミが反日媚韓報道をすればするほど、日本人が目覚めスパイ防止法制定の声が大きくなります。

 スパイ防止法が出来たら、今までのお礼も兼ねてマスゴミ連中を全員逮捕処刑したいですね♪通名も禁止になって金平が金(キム)になったら、いったい誰がテレビニュースなど見るんでしょうか?www皆さんは、今後の韓国と日本の媚韓反日マスゴミの動き、どう見ますか?

2019年9月 6日 (金)

兀突骨(ごつとつこつ)と藤甲鎧

ブログランキング参加しました。『ブログランキング』と『にほんブログ村』の2つです。よろしければクリックお願いします。

歴史ランキング

にほんブログ村 歴史ブログへ

にほんブログ村

いつも応援ありがとうございます。

 

 

 最近、YOUTUBEで亶夏王朝さんの三国志珍人物伝にハマっています。取り上げる人物がマニアックすぎるんですよ。劉備の養子劉封に関しても劉備の実子説、劉封の実家寇氏の光武帝後裔説、劉禅を奉じる荊州派と劉封を支持する益州派(そのリーダーは法正)で両派の後継者を巡る暗闘の犠牲者が劉封だったという考察など、マニア心をくすぐる素晴らしい動画です。三国志に興味のある方は是非ご覧ください(笑)。

 それはそうと、三国志珍人物伝の第9回で兀突骨(ごつとつこつ)を取り上げていました。この人選はちょっと驚きました。三国志の大ファンの方ならご存知でしょうが、ちょっとかじったくらいの人だとチンプンカンプンだと思うんですよ。知らない人のために一応紹介すると、時代は蜀の劉備が白帝城で崩御した後。後事を託された諸葛亮は、先君劉備の期待に応えるため宿敵魏を討つために準備に入ります。そこへ起こった南蛮(現在の雲南省から貴州省にかけて)王孟獲の反乱。

 諸葛亮は後顧の憂いを断つため、そして南蛮地域を北伐の補給基地、南蛮を通じて東南アジアやインドへの交易ルートを確立するために自ら遠征しました。有名な七縱七禽のエピソードはこの時の事です。異民族南蛮人(現在のタイ族の先祖と思われる)を力で圧殺するのではなく、徳をもって帰服させる道を諸葛亮は採りました。

 南蛮王孟獲はしぶとく抵抗を続け、ついには現在のラオスかベトナム北部の山岳地帯にあったと思われる烏戈国(うかこく)の王兀突骨(ごつとつこつ)に援軍を要請します。兀突骨は快くこれに応じ3万の兵を率いて参上しました。兀突骨自身も2メートルを超える巨漢でしたが、恐ろしいのは烏戈国の兵士がまとう藤甲鎧。藤の蔓を油に何回もつけて作った鎧で、軽くて水に浮くにもかかわらず刀も矢も通さないほど頑丈。さしもの蜀軍も攻めあぐみます。

 諸葛亮は策をもって藤甲軍を狭い谷に誘い出し、火薬で焼殺することでかろうじて勝利しました。これで孟獲はついに諦め諸葛亮に降伏したのですが、援軍に来ただけなのに焼き殺された兀突骨と藤甲軍の兵士はたまったものではありません。孟獲の心を攻めるのなら、兀突骨も同じようにしてくれよとはちょっと思いました(笑)。まあただの物語なんでどうでも良いんですけどね。

 前置きが非常に長くなりましたが、兀突骨や烏戈国は架空の存在でも、藤甲鎧は実在したようなんですよ。貴州省の少数民族の中にその技術が残っていると知って驚きました。三国志演義は正史三国志と違って説三分(7割は嘘)と言われますが、藤甲鎧はあったんですね。そういえば日本にもここまでの鎧はなかったとしても似たような植物の蔓でできた鎧があったような気がします。

 もしかしたら、雲南を含む華南一帯に広く分布した鎧なのかもしれません。金属器普及前、石器で武器を作っていた時代なら頑丈な蔓の鎧は有効だったはずだからです。この地域は稲作発祥の地ですから、日本へも稲作の伝播と共に渡ったのかもしれませんね。皆さんはいかが思われますか?

2019年9月 4日 (水)

Su-27対MiG-29

ブログランキング参加しました。『ブログランキング』と『にほんブログ村』の2つです。よろしければクリックお願いします。

歴史ランキング

にほんブログ村 歴史ブログへ

にほんブログ村

いつも応援ありがとうございます。

 

Su27

Mig29

 

 ソ連・ロシアの誇る第4世代戦闘機の両雄Su-27フランカーとMiG-29ファルクラム。現在では第5世第戦闘機としてF-22、F-35が登場したので色褪せましたが、それまでは西側のF-14、F-15、F-16、F/A‐18E/Fやユーロファイター タイフーンやラファール(最後の3つは第4.5世代)と堂々と伍する東側の雄でした。ロシアも一応第5世代と称するステルス戦闘機Su-57が登場しましたが、こちらは情報が少なくよく分かりません。

 ところでSu-27とMiG-29のどちらが強いのか、考えたことがある人も多かったと思います。普通は同じロシアの戦闘機ですから戦闘をすることはないんですが、その数少ない例としてアフリカのエチオピア・エリトリア国境紛争で両者の直接戦闘が起こりました。とはいえSu-27は長大な距離を飛行し敵地に侵攻して戦闘する制空戦闘機、一方MiG-29は前線で簡単な整備で運用でき、機動力を生かした防御戦闘を主任務とする要撃戦闘機ですから性格が全然違うことは間違いありません。

 1999年2月25日、エリトリア空軍のMiG-29 4機が国境付近上空を哨戒飛行していました。そこへエチオピア空軍のSu-27 2機が接近。エチオピア空軍のSu-27は配備間もなく、一説ではロシア人パイロットが操縦していたとも言われます。実はエチオピアとエリトリアの紛争でロシアはエチオピア側に肩入れしていたのです。エリトリア側がウクライナと仲が良いため一種の代理戦争になった形です。MiG-29のパイロットの一人もウクライナ人だったそうです。

 最初に発砲したのはエリトリア空軍のMiG-29。R-27(アメリカのスパローに近いセミアクティブレーダーホーミングの中距離ミサイル)を数発発射。ところがこれは全弾外れます。攻撃を受けたことを察知したエチオピア空軍のSu-27は引き返してR-27を発射しました。するとこちらも外れ。両軍はこのままドッグファイトに入ります。

 両軍はR-73短距離赤外線誘導ミサイル(アメリカのサイドワインダーに近い)を撃ち合い、そのうちの一発がエリトリア空軍のMiG-29 1機に命中、撃墜されました。これはパイロットの技量もあるでしょうし、その時の状況も違うと思います。しかもR-27はどちらも外れているわけですし。ただ世界のイメージ的にはSu-27が有利だと見られたようで、その後Su-27の方が商業的には成功しているようです。

 アメリカの場合も、イランに輸出したF-14トムキャットと自軍のF-14、F-15、F-16、F/A-18E/Fが対決する可能性もあったわけですからそれを考えると面白いですね。いや、人が死んでいるかもしれないので軽々しいことは言えませんが…。

 

 

2019年9月 3日 (火)

アメリカって本気で韓国に激怒していますね

ブログランキング参加しました。『ブログランキング』と『にほんブログ村』の2つです。よろしければクリックお願いします。

歴史ランキング

にほんブログ村 歴史ブログへ

にほんブログ村

いつも応援ありがとうございます。

 

【ハリー・ハリス駐韓米国大使】「安保対話」に参加せずモルディブ行き 国内の安保相次ぎ欠席し「インド・太平洋ビジョンの話する」

 

 元アメリカ太平洋軍司令官、海軍大将ハリー・ハリス駐韓大使。このような重要人物を駐韓大使に起用するのも驚きましたが、それだけアメリカは日米韓の安保協力を重視していたという事かもしれません。ところがアメリカと協力し北朝鮮に対峙するはずの韓国文在寅政権は秘かに北と通じ、国連制裁決議に違反して瀬取りし北に不正に物資を渡していました。

 日本の哨戒機に対する火器管制レーダー照射も瀬取りがばれそうになったから追い払おうとしたとも言われます。そればかりか外国に行って北朝鮮制裁を解除するよう求めたり、公然と北朝鮮を援助しようとしたり、挙句の果てには日本とのGSOMIAを破棄しました。文在寅はこれが対日外交カードになると思っていたんでしょうが、日本は全く無反応。逆にアメリカが激怒します。普通は外交辞令で直接の批判はしないものですが、アメリカはトランプ大統領、ポンペイオ国務長官、エスパー国防長官などがこぞって韓国の決定を批判しました。トランプ大統領に至っては文在寅が嘘つきだとG7の場で発言する始末。

 そして極めつけはハリス駐韓大使に対する侮辱。呼びつけてアメリカの対韓非難を止めるよう要求し、記者団の前で晒し者にしました。これでアメリカは完全に怒ったんでしょうね。ハリス大使は米韓の安保対話を突然キャンセルしハンバーガー店の開店イベントに出席し美味しそうにハンバーガーを食べている写真を公開しました。そして今度は、またしても安保対話を拒否しモルディブ行き。

 普通ならアメリカの態度を見て韓国は反省すべきなんですが、ますます逆ギレして在韓米軍基地の返還を要求しました。文在寅は米軍を追い出して南北統一に持っていきたいんでしょうが。在韓米軍がいなくなって時点で韓国は滅亡しますよ。在韓米軍撤退の話が出た時点で日本をはじめとする対外資本が一斉に逃げ出します。ただでさえ韓国経済は厳しいのにこうなったら崩壊です。

 アメリカも米軍が韓国から撤退するときは焦土にするとかねてから宣言してますが、アメリカが何もしなくても焦土化します。トランプは在韓米軍駐留費用5倍をふっかけ、韓国が拒否した時点でそれを大義名分に撤退すると思います。それも遠くない時期に。日本はその時のためにしっかり準備する必要があります。

 それにしてもアメリカをここまで怒らせた韓国、ある意味感心しますね。日本などとても恐ろしくてできませんよ。世界最強の軍隊を持ち、おそらく全世界と戦争しても勝てる国ですからね。今後の極東情勢、我々もしっかり見守る必要があります。

« 2019年8月 | トップページ | 2019年10月 »