2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 五摂家の話 | トップページ | 楠木正儀、南朝の裏切り者と呼ばれた男 »

2019年11月23日 (土)

GSOMIA破棄撤回で憤慨の皆様、ご安心ください。韓国はやはり馬鹿でした

ブログランキング参加しました。『ブログランキング』と『にほんブログ村』の2つです。よろしければクリックお願いします。

歴史ランキング

にほんブログ村 歴史ブログへ

にほんブログ村

いつも応援ありがとうございます。

 

【韓国大統領府】GSOMIA終了を猶予・・・ 「いつでも効力を終了できる」


 11月23日午前0時、祝杯の準備をしていた皆さん(私も含む)は突然土壇場での韓国の破棄撤回宣言でがっかりされたと思います。その前後日本の反日媚韓マスゴミは日本が輸出管理の一部緩和を約束し譲歩したとフェイクニュースを垂れ流していました。その点夕方6時の経産省の会見はグッジョブだったと言えます。日本は一切譲歩しておらず輸出管理は従来通り、韓国の一方的外交敗北だったとはっきりしました。

 しかし、韓国はこの期に及んで嘘八百を並べています。日本が譲歩しただの、韓国が譲歩したんだから今度は日本が譲歩する番などと世迷言をほざいています。そしてとどめは「あくまでGSOMIA終了を猶予しただけで、韓国の都合でいつでも終了できる」だそうです。呆れ果てて笑いました。契約の概念ゼロですね。GSOMIAは一年更新だから、次に終了できるのは来年の今頃ですよ。

 韓国の言い分が通るなら国家間の約束はできません。アメリカも激怒するでしょう。しかし韓国は常識を大きく外れた斜め上の反応をする稀有な国。文在寅ならやってくれると思います。おそらく自称徴用工判決で差し押さえた在韓日本企業の資産売却を猶予してやるからホワイト国の復帰させろなどと基地外のような要求をしてくるかもしれません。当然日本政府は拒否。文在寅政権はブチ切れて「やはりGSOMIA破棄する」と宣言するような気がします。

 その瞬間、アメリカは大激怒でしょうね。11月23日に発動されるはずだったパーフェクトストームを、より威力を増した状態で発動させるでしょう。どちらにしろ韓国市場の将来性が暗いと見た欧米資本は撤退を加速させています。日本でもまともな企業は撤退済みでしょう。韓国がどう足掻こうと未来は暗い。滅亡しかないと思いますよ。

 文在寅政権も韓国そのものも滅びるのは時間の問題だと私は見ます。皆さんはこの動きどう思われますか?

« 五摂家の話 | トップページ | 楠木正儀、南朝の裏切り者と呼ばれた男 »

 時事問題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 五摂家の話 | トップページ | 楠木正儀、南朝の裏切り者と呼ばれた男 »