2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 韓国にはイソップ寓話の蝙蝠の話は伝わっていないらしい | トップページ | 日本陸軍自動車化輜重兵連隊の理想と現実 »

2019年12月 6日 (金)

ウイグル人権法成立で米支戦争は決定的になったね

ブログランキング参加しました。『ブログランキング』と『にほんブログ村』の2つです。よろしければクリックお願いします。

歴史ランキング

にほんブログ村 歴史ブログへ

にほんブログ村

いつも応援ありがとうございます。

 

 

【中国】ウイグル人権法案可決に激怒、「アメリカも先住民を虐殺した」と言い始める

 

 香港人権法だけでも支那共産党政権は追い詰められるのにウイグル人権法まで制定されれば後に引けなくなります。支那共産党政権がアメリカに対し逆ギレし先住民虐殺まで持ち出したのは妥協の余地がない証拠。これで貿易摩擦が妥結できると思う方がどうかしている。トランプ大統領というよりアメリカ議会が共和党民主党に関係なく怒っているのでしょうね。

 正直私はウイグル人権法まで制定するとは思っていませんでした。ウイグル人やチベット人に対する支那共産党政権の深刻な人権弾圧は私も憂いていましたし憤っていましたから本当に良かったと思います。日本の売国野党ども、自由と民主主義を主張するならアメリカ議会を見習え。桜を見る会などとくだらない事ばかりやって、本当にやらないといけないウイグル人に対する人権弾圧に抗議する国会決議を何故やらないのか?日本の売国野党が特亜の工作員だらけであるのが分かります。

 安倍政権による来年の習近平国賓招待も世界の現実を理解できず私利私欲で支那に進出しようとする馬鹿財界とそれと結託した自民党内の薄汚い利権政治家(二階がその代表!)の圧力だと言われますが、本当に国賓招待したら安倍政権も日本も終わると思いますよ。アメリカにとってはGSOMIAを外交カードにした韓国以上の利敵行為に映るでしょうね。

 危機管理ができる企業なら、支那市場から撤退するのが当然なんでしょうが、欲に目がくらんだ売国企業は逃げ遅れて大きな損失を被るでしょう。そして経営陣は株主代表訴訟で私財を根こそぎ損害賠償で持っていかれる。自業自得とはいえ、支那に取り残された日本企業の社員とその家族に通州事件のような悲惨な末路が起きなければよいがと危惧します。

 売国企業の経営陣は愚かでも、もし支那に駐在している日本人の皆さん、少なくとも家族だけは日本に避難させた方が良いと思いますよ。単身赴任なら逃げる機会もあるだろうし、最悪でも家族は死にません。いずれアメリカと支那は戦争になる。両者とも後に引けなくなるからです。来年の2020年、朝鮮半島だけでなく、南シナ海、台湾海峡、どこから紛争が勃発し戦争に発展するか本当に分からなくなりました。商売人のトランプ大統領ですら北朝鮮に対し軍事攻撃を示唆し始めましたし。

 ウイグル人やチベット人への支那共産党政府の深刻な人権弾圧に対し、これを機会に世界中が抗議の声を上げるようになると良いですね。支那は戦争による圧力でしか異民族虐殺を止めないと思いますよ。ならず者国家ですから。皆さんはこの動き、どのように見ますか?

« 韓国にはイソップ寓話の蝙蝠の話は伝わっていないらしい | トップページ | 日本陸軍自動車化輜重兵連隊の理想と現実 »

 時事問題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 韓国にはイソップ寓話の蝙蝠の話は伝わっていないらしい | トップページ | 日本陸軍自動車化輜重兵連隊の理想と現実 »