2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 皆さま、ご心配をおかけしました。 | トップページ | 新型コロナウイルスで海上に留め置かれた豪華客船の電気はどうしているんだろうとふと疑問に思いました »

2020年2月 1日 (土)

危機管理と国家指導者

ブログランキング参加しました。『ブログランキング』と『にほんブログ村』の2つです。よろしければクリックお願いします。

歴史ランキング

にほんブログ村 歴史ブログへ

にほんブログ村

いつも応援ありがとうございます。

 

 

 新型コロナウイルスの拡大に関する安倍政権の対応を見ると後手後手で生温いもののように見えます。安倍総理は、日本憲政史上歴代1位の長期政権になりました。それはそれなりの功績があったことは認めます。無能で国民が誰も支持しなければこのように長く総理を務めることなどできないはずですから。

 私は安倍総理の外交国防に関する手腕は一応評価しています。それも最近はロシア外交の醜態、ヒトラー以上の悪魔習近平の国賓招待でだいぶ怪しくはなりましたが。経済政策に関しては政権交代して就任1年目のアベノミクスだけは評価していますが、その後は全く駄目。株価だけは上がって大企業の収益は空前の儲けとなったものの庶民生活は相変わらず苦しいまま。デフレ脱却もならずGDP(国内総生産)の成長も止まりました。

 それでも安倍総理が長く続けられるのは、自民党の他の総理候補がクズ過ぎるからです。石破などが総理になったら特亜土下座外交が復活しアメリカとの関係も怪しくなりますよ。絶対にあり得ません。岸田は弱腰すぎ。これも特亜媚態外交でしょう。そして決断力もない。他の候補もどんぐりの背比べ。進次郎は単なる馬鹿。一方野党の指導者に関しては論外というほかない。日本ではなく特亜に阿る政治しかできないでしょう。現に今も国民の生命を守る新型コロナウイルス対策に関する質問も建設的な提案もせず、桜を見る会、河井案里の疑惑などという国民の命とは全く関係のない安倍憎しだけの嫌がらせ質問しかできません。

 野党に投票した有権者はよく怒らないものだと不思議に思います。自分の命より税金の無駄使いの方が大事だと連中は嘯いているんですよ。他の国だったら暴動が起こって、ふざけた質問をした議員は支持者に殺されています。そんな事すら理解できない馬鹿だというのなら納得ですが…。日本にスパイ防止法があったら生きられない連中だと思います。現にスパイ防止法にも反対していますしね。

 それはそうと、最近国家の危機管理について考えているんですよ。安倍政権の対応が不十分だというのなら歴代の他の内閣はどうだったかと思いました。戦後就任した総理で安倍さん以上の危機管理対応ができた者がいただろうかと悩みました。おそらく吉田茂、佐藤栄作でも同レベルくらいだったかもしれません。かろうじて安倍総理の祖父に当たる岸信介は少しはましだったかもしれませんが。

 おそらく日本史上、危機管理能力が優れていたのは戦国時代を生き残った戦国大名たち、そして幕末維新期の指導者だけだったかもしれません。世界に目を転じるとイギリスですら、ナポレオン戦争で対仏大同盟を主導した小ピット、ビクトリア朝期に大英帝国の覇権を確立したディズレーリ、第2次大戦で大英帝国の威信を守り抜いたチャーチル、老大国イギリスの最後の威信をフォークランド紛争で見せたサッチャーなど数えるほどしかいません。

 フランス、アメリカに至ってはナポレオン、ワシントンくらいかもしれません。彼らですら危機管理能力が優れていたと本当に言えるのか疑問です。それほど危機管理能力に優れた政治家は出にくいのだと思います。そしてその国の歴史上重大な節目にそのような優れた政治家が出現した国が台頭し、出現しなかった国は惨めに滅ぶだけなのでしょう。そういう世界史的視点から見れば、安倍政権に不満はあっても消去法で支持せざるを得ないのかもしれません。

 ただ日本はこれから本当の危機を迎えると思います。その時国家指導者にまともな人材が登場しなければ日本は滅亡する国に数えられるかもしれません。そういう漠然として危機感だけは抱いています。

« 皆さま、ご心配をおかけしました。 | トップページ | 新型コロナウイルスで海上に留め置かれた豪華客船の電気はどうしているんだろうとふと疑問に思いました »

 時事問題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 皆さま、ご心配をおかけしました。 | トップページ | 新型コロナウイルスで海上に留め置かれた豪華客船の電気はどうしているんだろうとふと疑問に思いました »