2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 2020年5月 | トップページ | 2020年7月 »

2020年6月

2020年6月30日 (火)

三峡ダム崩壊の危機に備える必要があるのではないか?

ブログランキング参加しました。『ブログランキング』と『にほんブログ村』の2つです。よろしければクリックお願いします。

歴史ランキング

にほんブログ村 歴史ブログへ

にほんブログ村

いつも応援ありがとうございます。

 

 

 日本ではほとんど報じませんが、シナ長江上流域にある三峡ダムのさらに上流、四川省の重慶周辺は未曽有の大洪水になっているそうですね。80年に一度と言われる大豪雨で土砂災害が相次ぎ1200万人を超える住民が被災しているとか。報道がないですが死者も当然出ているでしょうし(多分万単位)、何もかも桁違いなのがシナ。その影響で三峡ダムが崩壊の危機に陥り、住民に何の説明もなく突如放水。おかげで下流の湖北省宜昌市も大きな被害を出しているそうです。

 ネットで三峡ダムの歪みを指摘されてシナ共産党政府は必死に否定しましたが、そもそもの工事自体無理があったのではと言われています。あまりにも巨大すぎて水の圧力を制御できないのだそうです。グーグルマップで見ると貯水量が莫大ですからね。シナ共産党政府は絶対に認めないでしょうがダムのあちこちに亀裂が生じているかもしれません。シナ共産党政権の人権弾圧に反発して日本に帰化された孫向文さんのツイートでも、もし三峡ダムが崩壊したら24時間以内に上海まで達し武漢など日本企業が進出した多くの都市を巻き込んで大災害になると仰っていました。

 孫さんが現地の邦人に尋ねると「24時間あれば十分逃げられる」と異常に楽観的だったと衝撃を受けていました。これは甘すぎる考えだそうです。真っ先に脱出できるのは共産党幹部。次にその関係者。一般共産党員。外国人など知ったことではないそうです。逃げだそうにも交通手段もないので座して死を待つしかないとか。一説では流域で2億人に近い損害が出ると言われていますね。現在の重慶の水害も、集中豪雨に加えて三峡ダムの設計ミスで重慶地区まで水が流れ込みやすい状況だと指摘する識者もいるくらいです。

 今まではあくまで噂だった三峡ダム崩壊。ところが最近現実味を帯びてきていますから非常に不気味です。シナに進出した企業は利益最優先でシナにしがみついていますが、いざとなったら簡単に捨てられますよ。自業自得とは思いますが、もしこれらの売国企業に勤めている皆さんは真剣に考えた方が良いでしょうね。命あっての物種。少なくとも家族は日本に避難させるべきだと考えます。大洪水が起こらなくても、いつまた新たな疫病、暴動が起こるか分かりませんからね。武漢あたりは古代から瘴癘(しょうれい マラリアなどの気候・風土による伝染性の熱病)の地と呼ばれていたくらいです。最近はかなり土地改良されてきているとはいえ、長江と漢水の合流点で沼沢が多い土地ですよ。

 日本でほとんど報じないのが不気味ですが、真実を報じるといつまでもシナから撤退しない売国企業(マスゴミのスポンサーでもある)が非難されるからだと疑いすら抱くレベルです。金美齢さんだったと思いますが、財界人に「シナから撤退しないと危険ですよ」とアドバイスした所「商売人に期待しないで。(利益最優先で人権とか論外の)士農工商ですよ」と開き直られたとか。もう死んでくれと思います。こんなトップがいる企業は実際に痛い目に遭わないと悟らないんでしょうね。利益最優先は百歩譲って理解してもリスク管理の概念すらないのか?(呆)

 日本のマスゴミには一切期待できませんが、海外ニュースを注視して三峡ダムの動向に注意を払わないといけないと強く思いました。

2020年6月28日 (日)

イージス・アショアの代替は敵基地攻撃能力しかない

ブログランキング参加しました。『ブログランキング』と『にほんブログ村』の2つです。よろしければクリックお願いします。

歴史ランキング

にほんブログ村 歴史ブログへ

にほんブログ村

いつも応援ありがとうございます。

 

 

 6月26日のローカル新聞、熊本日日新聞の一面トップに政府がイージス・アショア計画を正式に断念したという記事が載りました。こんな田舎新聞に取材能力があるはずないのでおそらく共同通信からの配信記事でしょう。当初の報道では配備予定地の秋田県、山口県がイージス・アショアの迎撃ミサイルのブースターがどこに落ちるか分からず制御もできず危険なので強く反対しているから断念したというふざけた話でした。よほど運が悪い者じゃないと直撃しないブースターより着弾すると少なくとも数十万人の命が失われる核ミサイルのどちらが危険か3歳児でも理解できます。国防意識の欠片もない秋田や山口はミサイル防衛しなくて良いとまで思いました。核ミサイルで連中がどれだけ死んでも自業自得だと思ったからです。

 もちろん秋田県、山口県の全員が馬鹿だとは思いません。一部の反日左翼クレーマーが特亜の意向を受けいちゃもんをつけているだけでしょう。ただ、その意見に首長が屈したということは、選挙で選んだ両県の有権者にも責任があるだろうと考えます。ひげの隊長佐藤正久参議院議員が危惧した通り、安倍政権は何の代替案もなく突如中止したという話でしたが、今回の記事によると一番の中止理由は敵ミサイルの高性能化で弾道軌道ではなく着弾前に不規則な動きをするので迎撃困難になったからだとされ、少しはましになりました。

 ただ、代替案の議論を今頃になって始めたと聞いて絶望的な気持ちになりました。普通は国防に穴ができるので代替案を検討してから中止です。無責任極まりない。NSC(国家安全保障会議)で議論されている代替案は大きく分けて4つ。

①イージスシステム搭載護衛艦の増勢
②海上施設によるイージス・アショア
③THAADミサイル配備
④敵基地攻撃能力保有

 どうですか?誰が見ても④一択だと思うんですが。①は護衛艦就役まで数年かかり、乗組員300名も育成しなければいけません。それにミサイル防衛だけが任務じゃありませんよ。アメリカとシナの第3次世界大戦が迫っているのに護衛艦をミサイル防衛任務にだけ就けるのは危険です。②も論外。海上施設は敵の巡航ミサイル、潜水艦からの魚雷攻撃に脆弱です。となると、イージス・アショアを守るために新たな防御手段が必要になり本末転倒。③は一見良さそうですが、そもそもTHAADは守備範囲が狭く費用もイージス・アショアよりかかるという理由で断念されたんです。それにブースターはTHAADであれパトリオットPAC‐3であれ落ちますからね。ブースターが危険だという理由ならすべてのミサイル防衛が不可能になります。

 自民党内でもまともな議員は敵がミサイルを発射する前に叩く敵基地攻撃しか日本を守る方法はないと主張しているそうですが、正論です。ところが安倍政権自体これに消極的で、何より公明党が大反対しているとか。反対するなら代わりの防衛手段を出すべきだし、それが憲法違反とぬかすなら「国民の命と憲法のどちらが大事か?」と公明党に迫るべきです。国民の命を守る気のない政治家や政党は要らない。こんな能無しどもに日本の国防をゆだねているかと思うと怒りしか湧きませんが、平和ボケでまともな良識ある議員、政党を選んでこなかった我々有権者にも責任があるかと思うと暗澹たる気持ちです。

 敵基地攻撃も一朝一夕でできるのではなく、巡航ミサイルの他に人工衛星、無人偵察機、スパイを使って敵ミサイル基地の位置を把握するのが大前提という議論があります。もちろんその通りでしょうが、私は必ずしも敵ミサイル基地を叩く必要はないと思います。敵がミサイル発射を決める指揮中枢を叩けば事足りるのではないでしょうか。そして通信網の破壊。ちょうど湾岸戦争でアメリカがやったように。敵が北朝鮮なら平壌の金政権の政府施設、そして地下深くに建設されたシェルター。これくらいならアメリカに情報を貰えば位置特定できるでしょう。もちろん地下貫通するにはバンカーバスターなどの強力な弾頭が必要だし、サーモバリック弾頭のような気体爆弾も要ります。

 敵がミサイル攻撃を意図し、それを脅しに使うなら政府指導者を爆殺するぞと日本は覚悟を示すべきです。それくらい防衛の範囲でしょう。すでに敵は日本攻撃の意思を示しているんだから戦争状態に突入します。予告なしに核ミサイルを撃たれたら最初の一発で大きな被害が出るでしょうが、その分報復攻撃の大義名分ができる。理想的にはこちらも核を持つべきですが、とりあえずは可能な限りの報復手段が必要です。

 日本国民がまともなら弱腰の政府を叩いて敵基地攻撃能力をとっくに持っていないといけなかったはず。これは時間との勝負です。敵は北朝鮮だけではありません。もっと強力な戦力を保有したシナです。日本が生き残るには、手を出せば自分も痛い目に遭うと相手に悟らせる事。これが国防の基本だと私は思いますが、皆さんのご意見をお聞かせください。

2020年6月26日 (金)

河井克行氏は反日左翼と売国マスゴミにはめられたんだな

ブログランキング参加しました。『ブログランキング』と『にほんブログ村』の2つです。よろしければクリックお願いします。

歴史ランキング

にほんブログ村 歴史ブログへ

にほんブログ村

いつも応援ありがとうございます。

 

【河井容疑者夫妻】政治家42人に1810万円 買収容疑の全容

 もちろん河井氏がやったのは露骨な買収で弁護の余地は全くありません。逮捕されても当然だと思います。ただ、一方河井氏が安倍総理の意向を受け世界中で繰り広げられる韓国の捏造慰安婦像撤去に努力していた事実もありました。私は全く知らなかったんですが、ツイッターで事実を指摘していた人がいて非常に考えさせられました。

 河井氏の選挙目当ての買収行為は違法です。ただウグイス嬢に規定以上の報酬を払っていたのは、そうでもしないと人材が集まらなかったのかもしれません。地方議員にお金を渡して票の取りまとめを依頼していたのはアウトでしょうが、多かれ少なかれ多くの議員がやっている犯行ではないかと疑います。では河井氏夫妻がなぜやり玉にあがったかというと、朝鮮勢力とそれに結託した売国マスゴミどもにとって非常に都合の悪い存在だったとも思えるんですよ。

 実際、河合氏は自身のブログで2018年4月、フィリピンのドゥテルテ大統領と会談しフィリピン国内に設置された捏造慰安婦像の撤去に関し話し合ったという記事を載せています。安倍氏が法務大臣に抜擢するくらいだから少なくとも河井氏は売国左翼側ではないでしょう。そうじゃなければ世界中の捏造慰安婦像撤去に努力するはずありませんからね。

 同じような犯罪を犯していても、反日側の議員はスルー、一方保守側の議員の落ち度を見つけたらこれでもかと徹底的に叩く。これのどこが社会の公器なんでしょうか?マスゴミは河井夫妻を叩く努力の十分の一でもテロリスト関西生コンと結託した辻元を叩いたんでしょうか?売国マスゴミのダブルスタンダードには反吐が出ます。もちろん河井夫妻には一切同情はしません。ただ同時に反日サヨク、売国マスゴミ、利敵行為の屑野党の連中には怒りしかありません。

 今後もこのような一方的な報道は続くんでしょうね。そしてテレビしか情報源のない情報弱者を騙し続けるのでしょう。本当に日本社会は歪んでいます。戦後敗戦利得者であるマスゴミどもが元凶です。腐った世の中を正すには国民が目覚めるしかありません。

 皆様は一連の河井夫妻の事件と報道、どのような感想を持たれましたか?

2020年6月23日 (火)

安倍総理、無責任な国防発言は厳に慎んで欲しいんですが

ブログランキング参加しました。『ブログランキング』と『にほんブログ村』の2つです。よろしければクリックお願いします。

歴史ランキング

にほんブログ村 歴史ブログへ

にほんブログ村

いつも応援ありがとうございます。

 

【安全保障】安倍氏、韓半島の緊張を理由に「敵基地攻撃能力保有も検討」

 突然のイージスアショア計画中止、反日パヨクは大喜び、日本の国防を真剣に考える保守層はがっかりしました。木曜日の真相深入り虎ノ門ニュースにひげの隊長こと佐藤正久参議院議員が緊急出演されました。佐藤さんも中止決定は寝耳に水で大変驚いたとのこと。普通このような重要な国防方針の転換は代替案を決めてから発表するのが筋で、思い付きで突然決めるものではないと佐藤さんは厳しく指摘しておられました。私も全く同感です。

 その上で佐藤さんは官邸に「では敵基地攻撃能力獲得に国防方針を大きく転換したのか?」と尋ねたところ、どうもそうではなくまだ迷走中だという印象を受けたそうです。これは深刻ですよ。軍事の専門家である佐藤さんにもあずかり知らぬところで勝手に中止を決めることにも驚きましたが、代替案を決める前に中止したことはさらに衝撃でした。無責任極まります。

 佐藤さんは、敵基地攻撃能力と言ってもミサイルだけ持っても不可能で、偵察衛星も要れば無人偵察機も要る。スパイを送り込んで北朝鮮内部のミサイル基地の場所を特定する必要もあるので非常に時間がかかるとも仰っていました。だいたい安倍総理は敵基地攻撃能力を今まで否定してきたんですよ。少なくとも消極的態度でした。それが今になって急に敵基地攻撃能力検討と言い出しても信用できるはずがない。

 もちろん私もイージスアショアよりは航空機発射、艦船発射、潜水艦発射のタクティカルトマホークその他の巡航ミサイルが必要だと思うし、こっちの方がはるかに安上がりで抑止力になると思います。ならば準備をこれまで周到に進めるべきでした。安倍総理が今になって急に敵基地攻撃能力保有と言い出したのには、保守層から「イージスアショアの代替案があるのか?」と批判されたのでそれをかわす目的ではないかとすら邪推します。

 今回のイージスアショア計画停止、河野太郎防衛大臣の株も大きく下がりましたが安倍総理の信用自体かなり低下したと私は思います。ただ決定したことは仕方ない。言い訳で終わることなく安倍総理には本気で敵基地保有能力獲得を実行してもらいたいですね。国防を蔑ろにすることは絶対に許せません。皆さんは今回の総理の発言、どのように思われましたか?

2020年6月19日 (金)

安倍政権大丈夫か?すべてにおいてずれているぞ。

ブログランキング参加しました。『ブログランキング』と『にほんブログ村』の2つです。よろしければクリックお願いします。

歴史ランキング

にほんブログ村 歴史ブログへ

にほんブログ村

いつも応援ありがとうございます。

 

【国連】「日本人を次期国連事務総長に」…日本政府、プロジェクト稼動

 安倍総理主導ではなく頭の悪い外務省主導なのかもしれませんが、国連に幻想持ちすぎですよ。日本はまだ国連憲章から敵国条項削除されていません。日本人が国連事務総長になったら日本を敵国として攻撃するんですか?いったい何のブラックジョークだよwww

 すでに国連は機能不全に陥っているし、もともとは第2次世界大戦の連合国ですからね。日本は国連事務総長を出すのではなく国連に代わる新たな組織を米英と共に作るべきです。WHOが良い(悪い?)例。シナの工作資金に毒され完全に傀儡となっているではありませんか。今回の新型コロナウイルス騒動もシナの罪を糾弾せずシナと迎合し深刻な事態を隠し続けたWHOにも大きな責任があります。国連の他の組織もシナの資金が相当入り込んでいるそうです。

 しかもシナは安保理常任理事国。こんな腐った組織に未来があるわけない。幸いアメリカのトランプ大統領はWHO脱退を宣言しました。これを奇貨として日本はアメリカ、イギリスと共同し新たな世界保健機関を作るべきです。これにはシナとその仲間を除外し台湾を加盟させることが重要です。新世界保健機関はそのまま新たな国連に代わる組織に転用できる。そういった方向性にこそ日本の未来があると私は思うんですが、どうも安倍政権や外務省の考えは違うようです。

 国連事務総長には先進国の出身者はなれないんじゃなかったですか?そういう頓珍漢な努力は置いておくとして、敵国条項撤廃が最優先だと思うけどな。外務省には基地害しかいないのか?(呆)「敵国条項を削除しないと国連負担金を今後一切払わないぞ」と脅せばいいでしょ?国連が拒否したらそれこそ正々堂々と脱退できます。今後アメリカを中心とする世界連合とシナとの第3次世界大戦は確定しています。そんな緊急時に国連などという旧世代の遺物は叩き壊すべき。全くの無意味。そればかりか有害です。

 イージスアショア計画停止といい、今回の頓珍漢な事務総長選出の動きといい、安倍政権大丈夫かと正気を疑います。習近平の国賓招待も異常でしたよ。幸いこちらは新型コロナで消えそうですがね。皆さん、このニュースにどのような感想を抱かれましたか?私は今のところ絶望しかありません。

 

2020年6月17日 (水)

イージスアショア計画停止、いったい何を考えているのか?(呆)

ブログランキング参加しました。『ブログランキング』と『にほんブログ村』の2つです。よろしければクリックお願いします。

歴史ランキング

にほんブログ村 歴史ブログへ

にほんブログ村

いつも応援ありがとうございます。

 

【イージス・アショア計画停止】「はっきり撤回を」「首相は説明義務」「信用できない」山口・萩市民ら不信あらわ

 確かに安倍政権や防衛省側の不手際はあったと思います。だからと言って一地域のエゴで日本の国防が蔑ろにされて良いわけではない。そもそもイージスアショア計画は、北朝鮮弾道ミサイルの脅威から日本を守るというのが発端でした。海上自衛隊のイージスシステム搭載護衛艦で24時間監視できるはずはないし、予算も人的余裕もないから陸上型イージスシステムで常時監視し日本の安全を守る目的で始まったのです。

 そして政府ははっきりとは言わないが、北朝鮮だけではなくシナやロシアからのミサイル防衛も想定していたはず。だったらなおの事政府は丁寧に真摯に説明しなければいけなかったのです。国民も自分たちの命を守るものだから反対するのはおかしい。異常ですよ。喉元過ぎれば熱さ忘れると言うが、ここまで酷いのは白痴です。いくら特亜の工作員である反日左翼に扇動されたとはいえ、ちょっと考えれば理解できるはず。秋田と山口はミサイル防衛しなくて良いと思いますよ。自衛隊の基地だけ守ってください。住民の安全は自己責任です。本当にふざけるなと言いたい。ただ本当に有事になってミサイルの危険が増したらこいつら基地外のように喚くんでしょうな、自分たちを守れと。

 この馬鹿住民どもの反対の理由がおかしい。迎撃ミサイルの破片が落ちてくるから危ないそうですよ。核ミサイルが着弾したほうがもっと危ないことは3歳児でも分かる。ミサイルの破片で死ぬのは運が悪いせいぜい数人。一方核ミサイルが着弾すると少なくとも万単位の犠牲者が出ます。地元の数人の命のために、他県の数十万数百万の命を犠牲にして良いわけがない。本当に怒りで震えます。ミサイルの破片で死ぬ確率はおそらく限りなく低いと思いますよ。それこそ落雷で死ぬ確率くらい。

 河野太郎防衛大臣もとんだヘタレでしたね。私は売国奴河野洋平の息子ですから最初から信用していませんでした。こんな奴がポスト安倍?臍で茶沸かすわwww今まで河野太郎を持ち上げていた皆さん、これが彼の正体です。国防の重要性を理解せず、馬鹿な住民の反対運動に屈し数多くの国民の命を危険に晒すんですから。

 ついでに言っておくと茂木外務大臣もリベラルですからね。河野や茂木が総理になったらその本性を表して特亜に媚びた売国政策をすると思いますよ。今は安倍政権の一員だから総理の意向に沿っているだけ。二人の過去の発言を見ても明らかでしょう。こうなれば秋田山口両県以外の日本人でミサイル防衛から山口県秋田県を外す署名運動をしたいくらいですよ。それほど愚かな売国行為です。

 皆さんはこのニュース、どのような感想を抱かれましたか?

2020年6月14日 (日)

通名はパヨクと在の得意技

ブログランキング参加しました。『ブログランキング』と『にほんブログ村』の2つです。よろしければクリックお願いします。

歴史ランキング

にほんブログ村 歴史ブログへ

にほんブログ村

いつも応援ありがとうございます。

 

トリエンナーレ名称変更に、有本香「都合悪くなったら名前替えて…北の工作員じゃあるまいし」 ネット「悪夢の民主党みたい


 名前の問題じゃないのに、こいつら本当に馬鹿じゃないのか?(呆)まあ、名前を変えること自体トリエンナーレが昭和天皇陛下を侮辱し特攻隊を愚弄し日本人の怒りを買ったという自覚はあるんでしょうね。自分たちが間違っていないと思うなら正々堂々と自分の意見を主張し反対の声など黙殺すればよいだけですから。


 それにしてもパヨクとか在(高確率で両方当てはまる)は通名が本当に好きですな。いくら名前を変えても本質が変わらない限り同じ。世間もごまかせない。民主党が何回名前を変えてもやってることは反日と安倍政権批判だけで日本のためになることは一切しないのと同類でしょう。それにしても大村愛知県知事、リコール運動を起こされて焦っているんでしょうかね。

 常識的に考えたらリコール成立のハードルは高いので心配する必要はないはずですけどね。天皇陛下侮辱と特攻隊愚弄はさすがにまずかったですね。しかもマスゴミがその事実を隠蔽し報道しない自由を駆使しました。ところがネットを通じて多くの日本人が真実を知りトリエンナーレで日本人ヘイトを犯した在日の自称芸術家(という名の反日活動家)、芸術監督の津田大介、それを全面的に庇った大村知事という悪の構図が世間にばれたのは連中にとって痛かったのでしょう。

 愛知県在住で大村知事のリコール運動を起こした高須院長は本当にグッジョブですよ。今回のリコール、悪の構図が明らかで大村が関わっていることが世間に認知されているだけにリコール成立するかもしれません。名古屋の河村市長もリコール側に加わっているのは大きい。正義の河村対悪の大村という構図にも見えます。いくらマスゴミが報道しない自由を駆使しても、ネットのおかげで多くの日本人が知っていますから反日パヨクと在は焦っているんでしょうな。

 まあ愛知県は反日パヨクの力が強い地域であることは事実。トヨタ労組も立件ミンス推しでしょう。リコール成立のカギはネットで真実がどれだけ拡散されているかと、今までパヨク政治家を推していた有権者がどこまで良識を発揮しリコール側に寝返るかだと思います。労組の強制で嫌々投票していた人たちにはぜひ反旗を翻してほしいですね。愛知県民の良識が試されています。

 とにかく大村側(=反日パヨク、在、マスゴミ連合)が危機感を感じ焦るのは良いことです。たとえリコールが成立しないとしても、同じように売国展示をし反日活動家たちに資金援助して恥じない地方の首長どもにも圧力になるでしょうから。大村知事のリコール運動、私は他県在住者ですから署名はできませんが全力で応援したいと思います。悪の栄えた試しなし。ここで心ある日本人の怒りを示しましょう!

2020年6月12日 (金)

爆発反応装甲の話

ブログランキング参加しました。『ブログランキング』と『にほんブログ村』の2つです。よろしければクリックお願いします。

歴史ランキング

にほんブログ村 歴史ブログへ

にほんブログ村

いつも応援ありがとうございます。

 

Photo_20200612083001

 

 例によって軍事に興味のない方はスルー推奨です。

 爆発反応装甲(リアクティブアーマー)というのは戦車の表面に付けられた長方形の箱状の補助装甲です。金属製の箱の中に爆発物が入っています。APFSDS(装弾筒付翼安定徹甲弾)にはほとんど効きませんが、HEAT(対戦車榴弾=成形炸薬弾)には効果があります。

 一般的に誤解があるのは爆発反応装甲によって敵砲弾の爆発の方向を逸らし防御すると思われがちですが、実際は自ら爆発させてHEATのメタルジェット(超高速噴流)の形成を阻害する事で防御します。戦後第3世代以降の戦車は複合装甲を持っているのでHEATに強い防御力を持っています。例えば日本の90式戦車は距離2000m、射角0度、RHA(均質圧延装甲)換算でAPFSDSは700㎜の防御力ですが、HEATに対しては1500㎜の防御力を持っています。

 ならばHEATは不要ではないかと思われる方もいるでしょうが、防御力が強いのは一番被弾の可能性が高い車体前面、砲塔前面で、側面や上面、背後は装甲が薄く複合装甲も使われていません。というのはすべてを複合装甲で囲めば重量が重くなりまともに動けなくなるからです。ですからアメリカのM1A2SEPエイブラムス戦車で63トン、ドイツのレオパルド2A7でも67トンと70トン以下になっています。日本の10式戦車は何と44トン、軽すぎるという意見もありますが最新の複合装甲で90式戦車と同等以上の防御力を持つそうです。戦後第2世代は普通の均質圧延装甲なので防御力が弱く、爆発反応装甲の必要性が出てくるのです。戦後第3世代以降でも側面や背後、上面を守るために爆発反応装甲は使われます。

 爆発反応装甲はイスラエルで1979年開発されました。第4次中東戦争(1973年)ソ連製の対戦車ミサイル(弾頭はHEAT)で甚大な被害を受けたためです。1982年レバノンへ軍事侵攻した際爆発反応装甲はPLOの対戦車ミサイルやRPG-7に対し効果を実証しました。シリアで捕獲サンプルを入手したソ連、技術提供を受けたアメリカも爆発反応装甲を開発します。

 爆発反応装甲は敵HEATが30度の角度で命中したとき最大の効果を発揮すると言われ、垂直に当たった場合はほとんど効果がないそうです。湾岸戦争で米海兵隊のM60A3戦車が爆発反応装甲を付けていた姿を覚えている方もいるでしょう。ソ連、ロシアのT-72、T-80、T-90は爆発反応装甲で全体を覆っています。敵がRPG系の対戦車ロケットを使用している国は爆発反応装甲装備率が高いですね。

 一応日本の陸上自衛隊も爆発反応装甲を持っていると言われますが、欧米諸国の戦後第3世代以降の戦車は余り爆発反応装甲を付けていません。これらの国はRPGを持ったゲリラ組織と戦闘する可能性が低い(アフガンは例外)のと、最新の複合装甲に自信があるからだと言われます。それと、何より爆発反応装甲は自ら爆発するため味方兵士を傷つける可能性が高いのも使用頻度が低い理由です。一説では爆発反応装甲の加害範囲は最大100mとも言われ、味方兵士は危なくて戦車の近くで戦えません。

 爆発反応装甲を付けている戦車はゲリラ組織との市街戦を想定していると思って当たらずといえども遠からずかもしれませんね。

2020年6月 7日 (日)

HEAT(対戦車榴弾=成形炸薬弾)の話

ブログランキング参加しました。『ブログランキング』と『にほんブログ村』の2つです。よろしければクリックお願いします。

歴史ランキング

にほんブログ村 歴史ブログへ

にほんブログ村

いつも応援ありがとうございます。

 

Atheat

 

 前記事でAPFSDS(装弾筒付翼安定徹甲弾)について触れたので、現代戦車の主要砲弾であるもう一つの主役HEAT(High-Explosive Anti-Tank 対戦車榴弾)について語ります。軍事に興味のない方にはチンプンカンプンだと思うのでスルー推奨です。

 HEATはAPFSDSが運動エネルギー弾であるのに対し化学エネルギー弾です。その構造は円柱状の炸薬の先を漏斗状にへこませ、その上に金属製のライナーをかぶせています。さらにこのままでは空気抵抗が大きいので先端に砕けやすいキャップ(無いものもある)を被せています。発射されたHEATは敵戦車の装甲に命中するとまずキャップが砕け散り漏斗部がぶつかります。ぶつかった瞬間炸薬が爆発し漏斗状の中心部に向かって超高速噴流(メタルジェット)が発生。このメタルジェットにより敵装甲を貫通するのです。これをモンロー/ノイマン効果と呼びます。メタルジェットの温度は3000度、その速度はマッハ20にもなるそうです。

 メタルジェットはガス噴流だと誤解しやすいですが、これはユゴニオ弾性限界を超え金属が液体に近似した挙動を示しただけです。現在では対戦車で使われるケースが多いですが、成形炸薬弾ですから軟目標にも使えます。この場合当然通常の榴弾よりは破壊力が劣りますが、超高温(一説では500度以上)になって近くにいた敵兵士は焼死すると言われます。アフガンゲリラやシリアの反政府組織がRPG-7などで結構政府軍と対峙できるのはこのためです。最近はHEATにある程度の爆発力を持たせ榴弾と兼用させた多目的対戦車榴弾を装備するケースが多いそうです。

 実戦参加は第二次世界大戦。アメリカ軍のバズーカ、ドイツ軍のパンツァーファウストなどが有名ですね。戦後ソ連のRPG-7も弾頭にHEATを採用しています。各種対戦車ミサイルや無感動砲も弾頭はHEATです。HEATの威力は初期のもので漏斗直径の2倍、最近では5~8倍の均質圧延装甲を貫徹できると言われます。理論上の最大貫徹能力は漏斗直径の12倍。

 砲弾の特性上、回転しない方が良いので滑腔砲と相性が良いです。ただ最近はライフル砲でも撃てるHEATが登場しました。これは弾殻を内外二重にして外側だけがライフリングで回転する方式で、スリッピング・ドライヴィング・バンドと呼ばれます。ライフル砲で撃つAPFSDSも同じ方式です。

HEATの威力を減殺させるためにはメタルジェットの加害範囲である数十センチ手前に何らかの防御策を施せばよく、ドイツ軍は戦車砲塔の外側にシュルツェンと呼ばれる増加装甲を設けたり、車体側面にもサイドスカートを付けました。イスラエル軍のメルカバ戦車は装甲の数十センチ手前に鎖状のカーテンをつるしています。現在戦車の主流である複合装甲はHEATに対しても強い防御力を持っているため、対戦車にはAPFSDSを使用することが多いそうです。対して攻撃側はタンデムHEATを開発し二重、三重の弾頭で外側の増加装甲を貫通した後主装甲を次の弾頭で貫通するものが出現しました。また、増加装甲を付けにくい車体上面を狙って、発射して命中直前ポップアップする優れものも出ました。このように攻撃側と防御側の技術のいたちごっこは永遠に続くでしょう。

 前記事でドイツのレオパルドⅡがA5以降楔型増加装甲を付けた理由を考えましたが、砲塔前面は複合装甲であるものの防楯部は普通の均質圧延装甲で弱点だったためそれを守るために楔型増加装甲を設けたそうです。防楯部に複合装甲を付けるのは難しいんでしょうかね。日本の90式戦車も似た形をしているので心配しましたが、最新の10式戦車に関しては防楯部の防御も2010年までに登場したAPFSDSやHEATに耐えられるそうですから一安心です。未確認情報ですが、一説では90式の防楯はきっちり複合装甲になっているそうです。まあ、軍事機密ですから真相は分かりませんが、信用するしかありません。

2020年6月 4日 (木)

戦車の複合装甲の話

ブログランキング参加しました。『ブログランキング』と『にほんブログ村』の2つです。よろしければクリックお願いします。

歴史ランキング

にほんブログ村 歴史ブログへ

にほんブログ村

いつも応援ありがとうございます。

 

 

 前記事で現代戦車の砲弾APFSDS(装弾頭付翼安定徹甲弾)一覧を書いたんですが、戦車の装甲に興味が移り調べてみました。と言っても私はあくまで素人、軍事に詳しい方から見ると頓珍漢なことを言っているかもしれません。もし間違いがあったらコメントで教えていただけると幸いです。

 第2次世界大戦の陸戦の主役と言えば戦車。当時の戦車装甲は砲弾が直撃しても逸らして威力を減殺させる避弾経始という考え方が主流でした。ソ連の傑作戦車T-34を思い浮かべてもらうと理解できると思います。戦後になるとソ連はT-54、T-55、T-62のように砲塔を半球形にした理想的避弾経始を持った戦車を登場させます。これに西側諸国は衝撃を受けました。当時の戦車は均質圧延装甲(RHA)でした。

 ところが高性能な徹甲弾(APFSDSなど)が登場すると均質圧延装甲と避弾経始の組み合わせは全く無意味になります。というのもマッハ5で飛んでくるAPFSDSは跳弾しにくく侵徹体の先端が敵戦車の装甲に当たりさえすれば衝突面から垂直方向に曲がり侵徹するからです。初期のレオパルドⅡや90式戦車の砲塔前面装甲が垂直なのもそのためです。それもタングステン弾芯ならまだしも米ロが使用する劣化ウラン合金弾芯だと貫徹して穿孔した穴から劣化ウランの破片が飛び散り発火するという凶悪な物でした。

 そこで登場したのが複合装甲です。有名なチョバムアーマーはその走りですよね。複合装甲は積層装甲とも呼ばれ鋼鉄の装甲版に異なる材質の物質を挟み込み積層構造で敵弾の侵徹を防ぐようにしたものです。挟み込む材質は劣化ウラン、セラミック、チタニウム合金、繊維強化プラスチック、合成ゴムなど。複合装甲は軍事機密なので現代でも詳しい構造は分かっていませんが、初期の複合装甲に含まれるセラミックは非拘束式だったため割れやすくAPFSDSやHEAT(成形炸薬弾=対戦車榴弾)には強くとも、それ以外の通常弾には弱いという欠点がありました。とはいえRHA(均質圧延装甲)換算で700㎜以上の防御力があればほとんどの砲弾は跳ね返すと思いますがね。

 

 アメリカ軍の主力戦車M1A1エイブラムスはこの欠点を嫌いHA以降から複合装甲に劣化ウランプレートを多用するようになります。A2ではさらに装甲の強化が図られたそうです。チョバムアーマー系列を装備しているのはアメリカのM1エイブラムスとイギリスのチャレンジャー戦車のみです。一方、ドイツや日本はチタンなどで形成された角形ケースの中にセラミックを高い圧力で封入した拘束セラミックという方式を採用しています。そのセラミックは酸化物系セラミックの代表格であるアルミナセラミックだそうです。アルミナセラミックはほとんどの酸、アルカリに浸食されにくく耐薬品性は極めて良好だと言われます。加えてその硬度はモース硬度で9。ダイヤモンドの10に次ぐ硬さ。天然ではルビーとかサファイヤに当たるそうです。

 これも確認したわけではないのであくまで噂ですが、拘束セラミック複合装甲は非拘束式セラミックに対し25倍の強度を誇るとも言われます。実際、90式戦車は対弾テストの時、至近距離からAPFSDSとHEATを合わせて7発も受けながら、まだ動ける状態だったそうです。湾岸戦争の時、米軍のM1A1エイブラムス戦車は地雷で擱座した所をイラク軍T-72戦車3両に襲われ至近距離から125㎜滑腔砲弾を受けるもびくともせず、逆に反撃して敵戦車2両を撃破したという話があります。残った1両はほうほうの体で逃げ出したそうです。また故障して動けなくなったM1A1戦車を処分しようとして味方のM1A1戦車が120㎜APFSDSを撃ち込んだもののなかなか破壊できず苦労したというエピソードもあるくらいです。

 このように現代戦車の複合装甲の防御力は非常に優れていると言われます。もっとも湾岸戦争の場合はロシアがイラクにモンキーモデルのT-72を売り、砲弾もタングステンではなく普通の鋼鉄製侵徹体のものを渡したそうですから、割り引いて考える必要があります。レオパルドⅡがA5以降楔型の増加装甲を設けたのは何故?という疑問が当然出てくると思いますが、タンデムHEATなどの新型砲弾に対抗するためだとか様々な説が出ていますが真相は不明です。ある人は、楔型で見かけ上の装甲が厚くなるので単純な防御力アップでは?という声もあります。

 ちなみに、2020年現在拘束セラミック装甲を量産できる技術を持つのは日本を含めわずか5か国だそうです。ドイツは当然として他は何処なんでしょうかね?アメリカ、イギリスは入りそうだしあと一国ってロシア?フランス?非常に興味があります。

 

2020年6月 2日 (火)

ANTIFAとシナのつながりが発覚したらただでは済まない

ブログランキング参加しました。『ブログランキング』と『にほんブログ村』の2つです。よろしければクリックお願いします。

歴史ランキング

にほんブログ村 歴史ブログへ

にほんブログ村

いつも応援ありがとうございます。

 

米当局、極左暴力集団「ANTIFA」をテロ組織認定へ 東京渋谷の警察抗議デモにも参加


 ANTIFAは聞きなれない名前ですが、アンチファシストの略でこの団体が発生したといわれるドイツでは極左扱いされているそうです。この運動は世界中に広がりアメリカ・ミネソタ州ミネアポリスで非武装の黒人男性が白人警察官に拘束され死亡した事件を発端とした暴動を陰で扇動した疑いがもたれています。この暴動は全米に広がりアメリカの首都ワシントンにも波及しました。ただのデモならともかく、略奪暴行が横行し鎮圧にあたった警官に重軽傷者や死者まで出ているそうです。

 トランプ大統領は、この暴動を組織的に扇動した疑いでANTIFAをテロ組織に認定すると発言しました。また米司法当局も国内テロリズムと断定し背後関係を厳しく捜査しているそうです。一部で言われるのはシナ共産党政府がANTIFAのバックにいる可能性です。そしてこれが明らかになった場合確実にアメリカとシナは時間の問題ではありますが戦争に突入すると思います。

 ANTIFAに関わっているのは環境運動家として悪名高いグレタ、日本では立憲民主党、共産党、各種反日左翼活動家、今回のクルド人デモにもANTIFAが関わっていました。これに関しツイッターに鋭い指摘があります。「日本でANTIFAに関わる連中はクルド人差別には声を上げるのに、どうしてウイグル、チベット、香港の人権問題には沈黙するのか?」不思議ですね。バックにどこがいるのか丸わかりです。

 馬鹿な立憲民主党議員はクルド人問題とANTIFAを国会で取り上げると嘯きました。こんな事したら完全にテロ組織の一員だとばれるぞ。まあ命が惜しかったらやらないとは思いますがね。もしやったらほんまもんの馬鹿です。新型コロナウイルス被害でアメリカをはじめ世界各国から謝罪と賠償を求められる流れに焦ったシナが反撃するためにアメリカの暴動を扇動したんでしょうけど、これは悪手中の悪手だと思いますよ。諸刃の剣になります。

 ANTIFAに関わる日本の反日左翼、売国野党はもしアメリカでテロ組織認定されたらどうする気でしょうかね?同盟国の日本も追随しなければいけませんね♪資産凍結、預金口座も作れなくなりますよ。安倍政権も早くANTIFAを破防法団体認定して欲しいですね。アメリカではテロ組織認定されるとこれに関わった企業、個人も逮捕されるそうですよ。企業なら巨額の罰金も科せられます。社会的死ですね。日本ではどうなるんだろうか?面白そうなので是非ANTIFAを破防法適用団体に認定してもらいたいですね。

 ANTIFAのテロ組織認定は面白いことになります。反日マスゴミ、売国野党、極左活動家は詰みそうですね。悪の栄えた試しなし。オラ、なんだかワクワクしてきたぞwwww

« 2020年5月 | トップページ | 2020年7月 »