2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 支那事変における『点と線』批判に対する再批判 | トップページ | 安倍総理辞任、後継は誰になるのか? »

2020年8月28日 (金)

シナは先に手を出した代償を払わなければならない

ブログランキング参加しました。『ブログランキング』と『にほんブログ村』の2つです。よろしければクリックお願いします。

歴史ランキング

にほんブログ村 歴史ブログへ

にほんブログ村

いつも応援ありがとうございます。

 

 

【国際】中国、弾道ミサイル4発発射で南シナ海が戦場に…米国に“先に手を出した”代償

 

 一部では習近平のコントロールが利かなくなり軍部が暴走しているという話もありますが、どちらにしろこの時期に先に手を出した点はまずかったですね。南シナ海で軍事演習していたシナ海軍をアメリカの偵察機が監視していたのを怒ってミサイルを撃ち込んだと言われています。脅しに使ったんでしょうが、アメリカに通用するはずがない。むしろトランプ政権に追い風になったのでは?と思います。ポンペイオ国務長官も演説で「シナへは1インチも譲歩しない」とはっきり宣言しましたし、アメリカの対応はより強硬になると思いますよ。

 ただこれがすぐ戦争につながるとは思っていません。まずは経済制裁です。すでにファーウェイなどシナ企業の締め出しが始まっていますが、シナ共産党幹部がアメリカに持っている20兆円以上と言われる隠し資産の凍結、ドル決済禁止が本格化すると思います。シナがドル経済圏から締め出されるのは厳しい。シナ企業と取引している他国の企業も同罪と見做されドル決済禁止になるはず。

 フジテレビがこの時期にTikTok特集を流したそうですが、国際情勢の厳しさを理解しているのかね?いくら売国テレビ局とはいえ、国際ニュースも報道しているはずでしょ?アメリカが本気だと理解できないのは異常ですよ。新型コロナ不況でスポンサー収入が激減し、お金を出してくれるシナ企業にほいほい乗っかったんでしょうが、それは悪魔のささやきです。ますますスポンサー離れが加速するでしょうな。シナ企業と取引(この場合はスポンサー)のあるフジテレビに広告を出していると自分たちも同類と見られる。するとアメリカ政府から敵認定されドル決済禁止になります。つまりドル経済圏から叩き出されるという事。

 国際通貨のドルで商売できなくなったらその企業は終わります。いくら「シナの巨大市場が…」などとほざいても人民元は国際通貨ではない。流石に愚かな経営陣でも事ここに至っては理解できると思いますよ。そう言えば日本のマスゴミはシナのミサイル発射をアリバイ工作程度にしか報道してませんな。新聞は知らないが、テレビ局はいつまでもシナの肩をもって報道しない自由を駆使しているとどうなるか知らないぞ。

 一方シナの国内事情も厳しい。降り続く豪雨で三峡ダムの水位が危険水位を超え、崩壊を防ぐために莫大な水を放出しているそうです。すでにダム上流の重慶、下流の武漢は水浸しになっており、ダムのすぐ下流にある宜昌市は洪水で甚大な被害が出ているとか。インターネットで三峡ダム崩壊のシミュレーションを見ましたが、もしダムが崩壊すると宜昌市で時速70㎞という恐ろしい勢いで高さ10mもの洪水が押し寄せるそうです。とても逃げ切れるものではない。武漢ですら時速50㎞くらいはあるそうですから、洪水の情報を知って車で逃げようとしても途中で追いつかれそう。タイムリミットは数時間。いやほとんどの住民が逃げ出すでしょうから渋滞で身動き取れない間に水が襲い掛かります。

 さすがに河口近くの南京、上海あたりだと時速30㎞以下に落ちるそうですが、湖北省、湖南省、安徽省、江西省、江蘇省あたりは平野が広がり昔から穀倉地帯です。今ですらこれら農地は洪水で被害を受けているそうです。伝えられるところでは赤痢も発生しているとか。三峡ダム崩壊で決定的な飢餓が起こると言われますが、すでに食料不足は今の段階で深刻になっています。習近平が食べ残し禁止令を出したのもその一環。

 ですからシナは世界中から穀物を輸入しなければいけないしそれはドルでしか買えません。そういう危機的状況でアメリカを挑発するのは自殺行為です。習近平が暴走する人民解放軍をコントロールできないのは本当かもしれませんね。事ここに至ると大規模な農民反乱が起こりそうですね。シナ歴代王朝の滅亡パターン通り大規模な農民反乱がきっかけで共産党政府は崩壊しそうです。

 皆さんはシナの置かれている厳しい状況と、この期に及んで危機意識の薄い日本企業、特にマスゴミ業界についてどのような感想を持たれますか?

« 支那事変における『点と線』批判に対する再批判 | トップページ | 安倍総理辞任、後継は誰になるのか? »

 時事問題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 支那事変における『点と線』批判に対する再批判 | トップページ | 安倍総理辞任、後継は誰になるのか? »