2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« ようやく日本の防衛もまともな方向に動き出しましたね | トップページ | シナ共産党政府の内モンゴル弾圧問題、モンゴル民族が一つにならなかったのに別の側面もあるようです。 »

2020年9月 7日 (月)

菅政権は少なくとも韓国に対しては安倍路線を継承しそうです。

ブログランキング参加しました。『ブログランキング』と『にほんブログ村』の2つです。よろしければクリックお願いします。

歴史ランキング

にほんブログ村 歴史ブログへ

にほんブログ村

いつも応援ありがとうございます。

 

菅氏「強制徴用問題は1965年解決済み」 安倍首相の道を追随 中央日報

 

 まあ当たり前と言えば当たり前です。1965年の日韓基本条約、請求権協定を守るのが日韓関係の基礎であり、昨今の自称徴用工判決とその後の在韓日本企業の資産売却の動きはそれに反する国際法違反です。それなのに今まで弱腰日本政府は韓国に要らざる配慮を行い、向こうの言うがままに謝罪と賠償を繰り返してきました。だから韓国がここまでつけあがり無理筋の賠償おかわりを永遠に続けているんです。

 自称徴用工に万が一請求権があったとしても、それは韓国政府が払う話で日本に要求するのはお門違いも甚だしい。その異常な日韓関係を断ち切ったという事だけでも安倍政権の功績ははかり知れません。安倍総理は今後一切韓国には謝罪も賠償もしないと宣言しました。おそらく米韓同盟から離れつつある韓国に対しアメリカが怒り日本政府も言いやすい環境になったのでしょう。輸出管理・ホワイト国優遇外しも北朝鮮に戦略物資を横流ししている韓国を制裁するためにアメリカからの要請があったことは間違いありません。

 菅官房長官は安倍政権の中枢にあり安倍総理の考え方を十分承知しているでしょうから従来の方針を転換することはないでしょう。岸田もおそらく同様。空気が読めず北朝鮮ハニトラ疑惑のある石破だけが元の土下座外交に逆戻りし韓国に異常に甘い対応をする危険性がありました。だから特亜の手先であるマスゴミが世論調査を捏造してまで全力で石破を推していたのです。

 その意味で菅政権誕生は一番安定感があり他の選択肢はなかったと思います。内政に関しては全員消費税減税消極派ですし他の経済政策も期待できないので諦めていますが、少なくとも外交防衛政策は安倍路線を継承しないと諸外国からの信用を失います。安倍総理が提唱した日米豪印4か国構想はアメリカが引き継ぎ4か国同盟(アジア太平洋版NATO)に発展していく可能性が出てきました。それをぶち壊しかねない石破政権になったらと思うとゾッとします。

 菅総理には安倍路線継承だけを期待します。そうじゃないと日本の未来は暗いものになりますから。皆さんは菅総理にどの様な期待を持ちますか?ご意見をお聞かせください。

« ようやく日本の防衛もまともな方向に動き出しましたね | トップページ | シナ共産党政府の内モンゴル弾圧問題、モンゴル民族が一つにならなかったのに別の側面もあるようです。 »

 時事問題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ようやく日本の防衛もまともな方向に動き出しましたね | トップページ | シナ共産党政府の内モンゴル弾圧問題、モンゴル民族が一つにならなかったのに別の側面もあるようです。 »