2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« この勢いで台湾電撃訪問もしてほしいですね | トップページ | サマルカンド - 世界の都市の物語 - »

2020年9月22日 (火)

蝙蝠(こうもり)国家の末路

ブログランキング参加しました。『ブログランキング』と『にほんブログ村』の2つです。よろしければクリックお願いします。

歴史ランキング

にほんブログ村 歴史ブログへ

にほんブログ村

いつも応援ありがとうございます。

 

【文在寅】青ざめる…米中対立激化で、韓国から「資金流出」が始まった…!最大の輸出先である中国に韓国の輸出は減少する恐れ

 

 誰もが知っている蝙蝠の童話。私はいつもグリム童話と書いてましたが原型はイソップ童話みたいですね。それはともかく童話というのは子供たちに人生の生き方を教える役割があると思うんですよ。童話の蝙蝠のように対立する二つの陣営の間でどっちに付くわけでもなくうまく立ち回って利益を得ようとしても大失敗するよという教訓です。二股膏薬は結局双方の陣営から憎まれどちらからも攻撃されて自滅します。そんな馬鹿な行動を実際にする国があるだろうかとまともな常識人なら思うでしょうが、韓国がまさにそれ。世界史上稀に見る馬鹿国家です。

 極東のバランサーなどとほざいて軍事ではアメリカ、経済ではシナと都合の良いことを言ってもアメリカからは対シナ包囲網で締め上げられシナからは勝手な行動をするなときついお灸を据えられてます。こんな時助けてくれるはずの日本とは日韓基本条約、請求権協定を無視して捏造慰安婦をおかわりして謝罪と賠償要求を繰り返し、捏造徴用工問題でも戦犯企業と難癖をつけ在韓日本企業の資産を差し押さえ売却しようとする暴挙を犯しています。そんな信用できない国から資本が流出するのは当然でしょう。

 事後法で自分に都合が良い虫の良い要求をし続けたら、さすがにおとなしい日本人もキレますよ。もう我慢の限界です。韓国に進出した企業にこれをやられたらたまらない。カントリーリスクになります。日本企業は当然として他の外国資本が逃げ出すのは当然でしょうね。こうなるのは分かりきっていたのに調子に乗って日韓請求権を無視した徴用工判決で日本企業の資産を差し押さえた韓国の馬鹿さ加減には呆れるのを通り越して笑ってしまいます。

 私は思うんですが、日本が韓国に対し最近毅然とした行動をとり始めたのは安倍総理の功績もあったのでしょうが、根本はアメリカが韓国を見放したという理由もあるのではないでしょうか。フッ化水素など戦略物資の対韓輸出管理、ホワイト国除外はアメリカからの要請があったと見るのが自然です。ですから韓国がそのふざけた態度を改めない限り輸出管理は続けるしホワイト国復帰など永遠に無理です。

 童話の蝙蝠のように韓国はアメリカから見捨てられレッドチーム入りを余儀なくされるでしょう。トランプが台湾を国家承認した瞬間そうなります。在韓米軍は撤退しそのまま在台米軍になるでしょうね。西側資本は総撤退、経済的に破滅します。そして経済的価値のなくなった韓国はシナの属国となりただ搾取されるだけの存在に落ちぶれます。半万年属国の再来ですよwww

 韓国の指導層に少しでも常識と理解力があったらこういう羽目になることはなかったでしょうが、なにせ文在寅政権を選んだ連中ですからね。自業自得という言葉を贈りますよ。最近新型コロナ対応で忙しく日本は良い感じで韓国を無視してますが、別に何も困ってませんよね。10月には日米豪印の4か国外相会談が日本で行われるそうですが、時代は対シナ包囲網に動き出していますね。

 蝙蝠の童話を地で行く国がどういう末路を辿るのか、世界史的に見ても貴重なので楽しんで眺めましょう♪日本も厄介な隣人とは早く関係を断ちたいですよ。皆さんはどういう感想を持たれましたか?

« この勢いで台湾電撃訪問もしてほしいですね | トップページ | サマルカンド - 世界の都市の物語 - »

 時事問題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« この勢いで台湾電撃訪問もしてほしいですね | トップページ | サマルカンド - 世界の都市の物語 - »