2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

« 在韓米軍撤退は決定事項だから日韓歴史問題解決は目の前ですね♪ | トップページ | 書評『米軍と人民解放軍』(布施哲著 講談社現代新書) »

2020年10月 8日 (木)

韓国よ、原潜が欲しかったらシナに頼るしかないぞwww

ブログランキング参加しました。『ブログランキング』と『にほんブログ村』の2つです。よろしければクリックお願いします。

歴史ランキング

にほんブログ村 歴史ブログへ

にほんブログ村

いつも応援ありがとうございます。

 

【米国拒否】原潜の燃料供給要請に米国が難色か 韓国大統領府「確認に応じない」米国は核不拡散の原則を挙げ要請を受け入れず

 

 韓国が原子力潜水艦建造を宣言した時核燃料はどうする気だろうかと思ったんですが、やはり捕らぬ狸の皮算用だったようですね。韓国の場合、こういう見通しの甘さがしょっちゅうあります。たとえばF-35を買うからアメリカはAESAレーダーなどの核心技術をただでくれるはずとか、アメリカと韓国は血盟だから軍事衛星の技術をただでくれるはずなど少しでも常識があればあり得ない希望的観測をしがちです。

 まずいくら米韓同盟があろうとアメリカが韓国に核心技術をただで渡すはずがない。アメリカも自国の国益に沿って動いているわけで、何のメリットもないのにはいそうですかと技術を渡せば有権者が怒りますよ。そもそも韓国は北朝鮮と戦争中で今は休戦しているだけという現実をどう考えているのか?誰が考えても不必要な空母、潜水艦は日本を仮想敵国にしているだけでしょう。アメリカにとって極東アジアで最重要同盟国は日本。韓国は日本を守るための防波堤に過ぎない。対シナ戦争を覚悟したアメリカはその橋頭保であり戦力投射の根拠地たる日本を手放すはずがない。横須賀はアメリカ本土以外で唯一まともな補修ができる最重要軍港です。嘉手納は同じく最重要空軍基地だし、岩国は海軍・海兵隊の最重要根拠地。

 その日本に対し攻撃を仕掛ける可能性がある韓国にいつまでも甘い顔を見せると思ったら大間違いですよ。韓国はもっと現実を見なきゃダメ。いや現実認識能力がないからアジアのバランサーとか寝とぼけたことを言えるんでしょうけど(苦笑)。F-35にしても重整備はどうする気なんでしょうね。アジア太平洋の重整備拠点は日本の三菱重工業かオーストラリアしかありませんよ。三菱重工を戦犯企業などとほざいているんだから当然日本での重整備は拒否するんでしょうね?オーストラリアかアメリカ本土まで莫大なコストを払って行ってくださいな。

 近場でメンテナンスできないと戦力としてまともな運用はできないぞ。通常動力型潜水艦ですら満足に動かせないのに原子力潜水艦だ?臍で茶沸かすわ。すでに日米豪印は対シナ包囲網であるクワッド同盟を動かし始めましたよ。これに参加するかどうかが踏み絵です。ニュージーランド、台湾は当然入るだろうしベトナムの参加も噂されてます。にもかかわらず韓国は「クワッド構想は良いアイデアではない。いたずらにシナを刺激するのは良くない」などと寝とぼけたことを未だに言ってますな。ここまで国際情勢を読めないと逆に哀れです。

 まあ核燃料確保の見通し無しの原子力潜水艦建造、いったいどういう末路を辿るのか楽しみでなりません。空母もまともな艦載機あるのか疑問ですね。F-35Bをアメリカが売ってくれると思っているんでしょうか?今あるF-35Aですらアメリカがメンテナンス用の部品を売ってくれないと数年でスクラップですよ。国防を真面目に考えるならありえない選択ばかりしている韓国。滅亡は時間の問題なんでしょう。李朝末期もこんな体たらくだったんでしょうね。民族のレベルは一朝一夕では向上しないという事なのか?日本も他人事じゃありませんよ。韓国を反面教師としていい加減平和ボケを治さないと激動する世界情勢で沈没しかねません。

 対シナの第3次世界大戦になるか、クワッド同盟がうまくいって新冷戦となり経済的にシナを破綻させるかの二者択一だと見ています。どちらにしろ日本政府と国民の覚悟が問われています。皆さんは韓国を笑うだけではなく、日本の未来を真剣に考えておられることでしょう。

« 在韓米軍撤退は決定事項だから日韓歴史問題解決は目の前ですね♪ | トップページ | 書評『米軍と人民解放軍』(布施哲著 講談社現代新書) »

 時事問題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 在韓米軍撤退は決定事項だから日韓歴史問題解決は目の前ですね♪ | トップページ | 書評『米軍と人民解放軍』(布施哲著 講談社現代新書) »