2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

« 摂津晴門とは何者か? | トップページ | 古代支那の兄弟の呼び方 »

2020年10月22日 (木)

シナ人民解放軍、DF-17を実戦配備。日本の防衛は大丈夫か?

ブログランキング参加しました。『ブログランキング』と『にほんブログ村』の2つです。よろしければクリックお願いします。

歴史ランキング

にほんブログ村 歴史ブログへ

にほんブログ村

いつも応援ありがとうございます。

 

【香港紙】中国、台湾対岸に「極超音速」新兵器配備か マッハ5 現技術では撃墜不可能

 シナ人民解放軍が台湾対岸の福建省に極超音速滑空弾DF-17を実戦配備しました。DF-17がどういうものかというと射程2500㎞、弾頭部が通常のミサイルと違い偏平になっており終末時マッハ5という高速で不規則な動きをしながら命中するという厄介な兵器(極超音速滑空体)です。通常のミサイル防衛システムでは迎撃が困難だと言われており日本の国防にも不安が増大しました。

 射程2500㎞というのは台湾を攻撃するにはオーバーキルで明らかに日本にある米軍基地、そして自衛隊基地を射程に収めています。福建省の厦門から東京までが2500㎞、もし山東半島からなら北海道の千歳基地まで射程に入ります。という事は米軍の嘉手納基地、普天間基地、佐世保、横須賀、岩国はもちろんの事、青森の三沢基地(日米共同使用)まで射程に収めたという事です。これは当然で、もし人民解放軍が台湾進攻する場合、それを邪魔する米軍や日本自衛隊の基地を叩くのがセオリーだからです。

 終末時の不規則な動きをするDF-17をTHAADやパトリオットPAC-3で迎撃するのは難しいと言われており、日本の国防にも大きな穴ができます。終末時の迎撃が困難ならどうすれば良いか、普通の常識があれば分かりますよね。敵がミサイルを発射する前に叩くしかありません。日本国民の命を本気で考えるのであれば。一発撃たれてから反撃などと寝とぼけたことを言っていると、何もできないまま座して死を待つこととなります。現代戦は先に撃った方が圧倒的有利です。防衛側は敵の飽和攻撃で継戦能力を一気に喪失することもあり得る。となると戦わずして全面降伏です。チベットやウイグルが他人事だと思っていると大間違いですよ。

 一応アメリカもDF-17に対抗する性能向上型のSM-3やTHAAD-ERなどを開発中だと言われますが、予想外に早くDF-17が実戦配備されたために完成するまでのタイムラグが生じました。もしDF-17に戦術核が搭載され発射されたらと思うとゾッとします。日本は一刻も早く敵基地攻撃能力を持つべきです。議論している暇はありません。国民の命がかかっているんですから。日本にも反撃手段があると敵が思ったら抑止力になります。

 ミサイル防衛が全く無駄とまでは言いません。少なくともレーダーで広範囲をカバーし敵ミサイルの接近を察知するのは重要です。しかし一番優先しなければならないのは敵基地攻撃能力を一刻も早く保有し敵にミサイル発射の兆候が見えたら躊躇なく叩く事でしょう。菅政権はこのニュースが持つ意味を本当に理解しているのでしょうか?

 皆さんは国防上の重大な危機、どのように思われますか?

« 摂津晴門とは何者か? | トップページ | 古代支那の兄弟の呼び方 »

 時事問題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 摂津晴門とは何者か? | トップページ | 古代支那の兄弟の呼び方 »