2023年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

« 信じられない菅総理の決定 | トップページ | 虎ノ門ニュース、上念降板。大高さん、今日はのびのびしてたな(笑) »

2021年1月 4日 (月)

実質、シナ共産党政権は専制王朝だけどね

ブログランキング参加しました。『ブログランキング』と『にほんブログ村』の2つです。よろしければクリックお願いします。

歴史ランキング

にほんブログ村 歴史ブログへ

にほんブログ村

いつも応援ありがとうございます。

 

【中国メディア】日本や英国と違って「中国に王室が存在しない理由」



 歴史的には辛亥革命で清王朝を倒したから王室が存在しないんだし、実質的にはシナ共産党政権が人民を抑圧する専制王朝ですよ。共産党政権はエジプトのマムルーク朝みたいに血統ではなく組織の中の実力者が支配者となる仕組みです。マムルーク朝なら軍人のトップがスルタンになりシナ共産党では党内の熾烈な権力闘争に勝った者が主席となります。

 そして誰がなっても共産党という組織が支配し続ける仕組みに変わりないから王朝と言えるでしょう。ほかの民主主義国家はたとえ建前であっても政党があり政権交代が起こりますからね。イギリスはフランス革命と違って清教徒革命では一時王朝が断絶しましたが、その後の名誉革命で王朝を残す形で国体を守ることに成功しました。「君臨すれども統治せず」という立憲君主制の知恵は素晴らしいと思います。これで国民統合の象徴として王室を残し、政治は議院内閣制で民主主義国家を運営します。日本の場合も、すでに武家政権で皇室は象徴として残ったため、イギリス式立憲君主制に移行しやすかったのです。

 私はイギリスが一時世界の覇権を握れたのはこの立憲君主制も理由の一つだと思っています。ナポレオン戦争時、すでに立憲君主制だったイギリスは最後の勝利者になりますからね。シナは、日本が羨ましくて仕方ないのでしょう。だからマスゴミや売国政治家を使って皇室破壊を企んでいるんです。KKなどシナが皇室破壊のために送り込んだ刺客かもしれませんよ。ただ彼のせいで女系天皇はおろか女性宮家などとんでもないという意見が日本で大きくなったんですから、藪蛇になりそうですがね(苦笑)。

 出自も怪しい奴が、女性宮様の配偶者としてK殿下と呼ばれるようになるかと思うと、おぞましさで虫唾が走ります。そして二人の間にできた男子が天皇に即位すると、現在の皇室は断絶し、K王朝という簒奪王朝が誕生します。これは弓削の道鏡以上の逆賊ですよ。あの足利義満でさえ成し得なかった皇室乗っ取りが実現したら、その時点で日本は終わりです。ですからシナが背後で操る女性宮家論争、女系天皇論争は絶対潰さなければなりません。

 それはともかく、シナでこういう論争が起こるという事は日本が羨ましいのだろうし、何とかして日本の皇室を潰そうという裏の意図があると私は見ます。皆さんはどのように考えられますか?

« 信じられない菅総理の決定 | トップページ | 虎ノ門ニュース、上念降板。大高さん、今日はのびのびしてたな(笑) »

 時事問題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 信じられない菅総理の決定 | トップページ | 虎ノ門ニュース、上念降板。大高さん、今日はのびのびしてたな(笑) »