2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 2021年10月 | トップページ | 2021年12月 »

2021年11月

2021年11月30日 (火)

水素エンジンの普及で石炭の重要性が増すかもしれません

ブログランキング参加しました。『ブログランキング』と『にほんブログ村』の2つです。よろしければクリックお願いします。

歴史ランキング

にほんブログ村 歴史ブログへ

にほんブログ村

いつも応援ありがとうございます。

 

 地球温暖化を防ぐために脱炭素が唱えられ化石燃料を使う自動車や火力発電が目の仇にされています。自動車に関してもガソリンエンジンが廃止され電動自動車が主流になるだろうと言われますが、自動車そのものが電気を発電しながら動かない限り脱炭素はできません。というのも発電するとき大量の二酸化炭素を排出するからです。太陽光発電などのクリーンエネルギーで賄えばよいという者もいますが、年間8000億キロワットという電力需要をどうやってクリーンエネルギーだけで賄う気なのか具体的数字を挙げて欲しいくらいです。簡単な事実ですが100万キロワット原発一基分の電力を発電するために太陽光パネルなら山手線内全てを埋め尽くすくらい必要だという事です。

 しかも脱炭素社会で電動自動車だけになったらおそらく軽く1兆キロワットを超える電力が必要になるでしょう。炭素を出さず莫大な電力需要を賄うためには原発再稼働、新設以外方法はないんですが、脱炭素を唱える者に限って原発推進は反対という矛盾を抱えています。恐ろしいのは連中はそれを矛盾と思っていないところです。よほど頭が悪いのか特亜の指令を受けて日本の産業を破壊しようとしているのでしょう。

 トヨタは脱炭素社会への一つの回答として水素エンジンを示しました。それまでも水素と酸素を結合させ電気を取り出す燃料電池があったんですが、効率が悪く大きなエネルギーは作り出せませんでした。トヨタは空気と水素を混ぜて圧縮し、そこにスパークプラグで発火させ爆発的な燃焼を起こす水素エンジンに注目します。それまでも世界各国は水素エンジンを開発していたんですが、トヨタは実用化にこぎつけようとしています。

 おそらく脱炭素社会を実現するための鍵は原子力発電と水素エンジンだと思います。水素エンジンの課題は燃費で大量の水素を備蓄するために液化した水素を溜める高圧タンクが必要です。そして大量の水素を生産しなければなりません。現在水素を作るには化石燃料(石炭)を使う方法とクリーンエネルギーから作る方法があるそうです。ただクリーンエネルギー自体が発電効率が悪く安定しないことから化石燃料を使う方法しか現実的な選択肢はありません。

 課題は化石燃料から水素を作る時二酸化炭素をできるだけ排出しない技術です。これも革新的な技術革新が必要だと思います。私自身は地球温暖化・脱炭素社会に懐疑的ですが、世界の動きがそうなっているのなら仕方ないのかもしれません。そして水素を作るための石炭に注目しました。

 かつての日本はエネルギーの大きな部分を石炭に依存していました。ところが外国から安価な石炭が入ってくるようになったため採掘に採算が合わなくなり多くの炭鉱が閉山します。ですからもう一度採掘を始めれば日本はエネルギー安全保障上有利になるのではないかと考えました。そこで調べてみると日本の石炭埋蔵量は3億6000万トン。一方日本の年間石炭消費量は1億4000万トンでした。現状でも2年強で消費し尽くす量しかありません。厳しいですね。結局オーストラリアなどから石炭を輸入せざるを得ませんし、脱炭素社会になったら産油国に代わり石炭輸出国が大きな発言権を持つようになるかもしれません。

 増大することが確実な電力需要を賄うためにも原発再稼働、新設の推進が不可欠だと改めて認識しました。そして水素エンジンを推進するにしても石炭の安定的確保などエネルギー安全保障が重要だと分かった次第です。

2021年11月28日 (日)

石油備蓄の話

ブログランキング参加しました。『ブログランキング』と『にほんブログ村』の2つです。よろしければクリックお願いします。

歴史ランキング

にほんブログ村 歴史ブログへ

にほんブログ村

いつも応援ありがとうございます。

 

 最近原油価格の高騰で世界経済に影響が起こっていますが、石油は国民生活に直結する重要な存在です。戦前の石油備蓄は海軍が650万キロリットル、陸軍120万キロリットル、民間が90万キロリットルで合計860万キロリットルだったと言われています。当時の年間石油消費量が400万から470万キロリットルですから1年半か2年弱くらいで消費しつくす量でしかありませんでした。海軍連合艦隊司令長官山本五十六が「1年や1年半は存分に暴れて御覧に入れるが、2年か3年経てば全く確信が持てない」と発言したのは海軍の石油備蓄量から出たものでした。

 現在の日本は石油の国家備蓄は4670万キロリットル(138日分)、民間備蓄で1410万キロリットル(88日分)だそうです。日本政府はアメリカの要請で石油備蓄の民間放出を決めたようですが、産油国のアメリカはともかく石油のほとんどを輸入に頼っている日本は石油備蓄が生命線なのであまりに放出しすぎるとエネルギー安全保障上非常に良くないと思います。

 そもそも石油依存が高いのは原発を止めているからです。加えて脱炭素で石炭火力発電も大っぴらにできなくなりつつあります。なので石油と天然ガスによる火力発電が主力になっているわけですが、日本政府はこうなる前に原発再稼働、新設をどんどんやって来るべき危機に備えておくべきだったと思います。綺麗事では世の中動きません。クリーンエネルギーは言葉は綺麗ですが、安定的な電力供給源とはなり得ずすべてをこれに切り替えると産業も国民生活も成り立たなくなります。厳冬期に停電が起こるとそれこそ凍死者が出ますよ。

 日本の石炭火力発電は二酸化炭素の排出を従来よりかなり削減する技術がありますし、さらに削減率を大きくする技術も開発中です。現状、石油は火力発電にも産業や運輸にも欠かせませんのでエネルギー安全保障上も備蓄に努力すべきでしょう。その上で原発再稼働、新設に舵を切る必要があります。我々国民も特亜の工作員である反日左翼の綺麗事に騙されることなく原発や石炭火力発電に理解を示すべきです。

ところで、シナは石油自給率37%だそうです。産出量が激減したとはいえ大慶油田などがあるので大東亜戦争時の日本ほど酷くはありませんが、それでも63%は輸入に頼っています。シナの年間原油輸入量は5億3000万キロリットルくらいだそうです。シナの石油備蓄量ははっきり分かりませんが一説では60日から80日分くらいしか備蓄量がないと言われています。戦争が始まると海外からの原油輸入がストップしますから、今の状態ではとても台湾侵攻はできないと思います。シナが本気で台湾侵攻を決断するときは原油輸入量を劇的に増やすはずですから、我々はこの点に注意しなければなりません。

 ともかく「石油の一滴は血の一滴」という戦時中のスローガンは今も生きているという事でしょう。我々国民もエネルギー安全保障という観点を常に持ち続けていたいですね。

 

 

2021年11月25日 (木)

台湾海軍はシナ海軍に対抗できるか?

ブログランキング参加しました。『ブログランキング』と『にほんブログ村』の2つです。よろしければクリックお願いします。

歴史ランキング

にほんブログ村 歴史ブログへ

にほんブログ村

いつも応援ありがとうございます。

 

 最近、台湾有事についてずっと考えています。最近近代化、そして増強著しいシナ海軍。シナ版イージスミサイル駆逐艦と呼ばれる052C型(VLS48セル搭載)6隻、同じくVLS64セル搭載のミサイル駆逐艦052Dは25隻計画中で19隻がすでに就役しています。さらにシナ海軍は満載排水量13000トン、VLS(垂直発射装置)112セル搭載という055型4隻もまもなく登場する予定です。

 これに対し、台湾海軍は旧式オリバー・ハザード・ペリー級フリゲートの成功級12隻、フランスのラファイエット級のライセンス生産康定級6隻くらいしか対抗できなさそうです。一応米ミサイル駆逐艦キッド級も4隻ありますが、さすがにこれは古すぎてほとんど戦力にならないと思います。近代化改修でどれほど良くなったかは知りませんが…。

 話はちょっとO・H・ペリー級に逸れます。ペリー級は満載排水量4000トンながら対潜、対艦、対空と何でもこなす万能艦で米国だけで51隻、ライセンス生産も含めると67隻も建造されたフリゲートの大ベストセラーでした。米海軍は今後の任務は非対称戦が主流になるだろうとLCS(沿海域戦闘艦)のインディペンデンス級、フリーダム級をペリー級の後継にしました。ところがミッション・パッケージで任務に合わせて武装を換えるという野心的な試みは大失敗に終わります。米本土ならともかく海外でそう簡単に武装パッケージを換えられないからです。

 結局、米海軍はLCSの失敗に懲りてコンステレーション級フリゲート建造を決定します。満載排水量7291トン、イージスシステムを搭載しVLS32セル、NSM対艦ミサイル8基とペリー級の万能艦志向に戻りました。VLSには対潜ロケットVLAの他対空ミサイルにSM-2MRブロック3Cを搭載します。対空にはESSM(発展型シースパロー 射程50㎞)を搭載すると思っていたら艦隊防空できるSM-2MRブロック3C(射程200㎞弱)ですから、米海軍はコンステレーション級にも限定的艦隊防空任務を持たせるようです。ドイツの某新鋭フリゲートとは比べ物にならない高性能艦(失礼!)で20隻が就役予定です。

 さすがにこれは台湾に売ってくれないでしょうし、万が一売ってくれるにしても10年くらい先でしょうから用済みになるLCSを売ってくれないかと思って調べたら、近接防空のSeaRAMしか搭載してないから駄目でした。ミッションパッケージでVLSを乗せて無理やりESSMを搭載する方法もあると思うんですが、レーダーシステムが対応できないんでしょうね。ここらあたり素人なので断言はできませんが。詳しい方教えてください。

 現状台湾海軍がシナ海軍に対して劣勢なのはご理解いただけると思います。日本はクソ忌々しい平和憲法があるから何もできないでしょうから、アメリカ第7艦隊が台湾に常時寄港したり在日米空軍と台湾空軍が頻繁に訓練するとか牽制しないとシナは台湾侵攻を決断するかもしれません。

 あとはバイデン政権と岸田政権の覚悟次第でしょうね。どちらも頼りないのが最大の懸念材料です。台湾有事は日本有事でもあるので我々日本国民も危機感を持ちましょう!

2021年11月23日 (火)

台湾陸軍戦闘序列

ブログランキング参加しました。『ブログランキング』と『にほんブログ村』の2つです。よろしければクリックお願いします。

歴史ランキング

にほんブログ村 歴史ブログへ

にほんブログ村

いつも応援ありがとうございます。

 

Photo_20211123093301

 

Photo_20211123093302

 

 そう遠くない時期に起こるであろう台湾有事。シナ人民解放軍が上陸作戦を実行した時戦うであろう台湾陸軍の実力はどれほどかふと気になり調べてみました。規模的には日本の陸上自衛隊とあまり変わりませんね。師団編制が無くなり旅団が主力になったのは世界の潮流なんでしょう。

 私が興味を持ったのはシナ大陸の目と鼻の先にある金門島にわずか3個大隊しか配備していないこと。両棲というのは他国でいう海兵隊の事なんでしょうが機動的に動ける部隊がわずか1個。他の二つは貼り付け部隊。これで守り切れるのか疑問を抱きました。現在の人民解放軍の実力だと簡単に占領されますよ。もしかしたら台湾軍は金門島はいざとなったら切り捨てる覚悟なのか、それともシナとの協定で金門島には大部隊を配備しないという約束なのか分かりません。

 あと、馬祖列島に兵力を配備しているのも驚きました。地図を見てもらうと分かる通り馬祖列島は福州のすぐ沖にあります。恥ずかしながら馬祖列島まで台湾が実効支配しているとは知りませんでした。

 世界標準だと通常編制の旅団は5000人(WW2時なら9000人規模)くらい。5000×15で75000人。金門、馬祖の防衛部隊と各種支援部隊を合わせると90000人は妥当な線か?もっといそうな気はしますが、2020年の防衛白書の数字は正しいのでしょうか。陸戦の要である戦車はアメリカからM1A2Tエイブラムス戦車(M1A2Cの台湾仕様)の調達が始まったばかり。すべて調達すれば108両で恐るべき戦力になりますが、現在はどれくらいなんでしょうか。M-60Aでも善戦できるとは思いますが、これはシナ人民解放軍の99式戦車がどれくらいの実力があるか次第です。

 海軍は旧式化が目立ち、空軍も今や劣勢。これもアメリカからF-16V66機をいかに早く取得できるかが鍵になりそうです。旧式のF-16も最新型のF-16Vに準ずる能力に改修を行うそうですから時間との勝負でしょうね。

 逆に言うと、M1A2TとF-16Vの配備が完了したら勝ち目が薄くなりますから、シナはそれまでに侵攻を決断するかもしれません。台湾有事は日本の安全保障に直結しますから他人ごとではありません。

2021年11月21日 (日)

後百済の話

ブログランキング参加しました。『ブログランキング』と『にほんブログ村』の2つです。よろしければクリックお願いします。

歴史ランキング

にほんブログ村 歴史ブログへ

にほんブログ村

いつも応援ありがとうございます。

 

2_20211121132801

 

 誰も興味ないでしょうが、日本史書庫で刀伊の入寇シリーズを書こうと調べていたときにふと興味を覚えたので残しておこうと思い記事にしました。と言ってもネット上で集めただけの情報なので非常に薄いものだということは予めお断りしておきます。

 新羅は朝鮮の三国時代(新羅・百済・高句麗)を統一した国家でした。新羅を正式な国号としたのは503年。660年に唐と結んで百済を滅ぼします。百済の遺臣は新羅の支配を嫌い同盟国だった日本に救援を求めます。日本は救援要請を受け4万余という大軍を朝鮮半島に派遣しました。当時の日本の人口は500万人弱だと推定されますからこれは恐るべき数でした。戦国時代で言うと12万人から15万人くらいに匹敵する数です。一方、新羅も唐に援軍派遣を要請し唐も13万人という大軍を派遣します。こうして行われたのが663年の白村江の戦いですが、数の劣勢は挽回できず日本・百済連合軍は敗北。日本は半島における権益をすべて失い、百済の遺臣も多くが日本に亡命したと言われます。

 これを見ても半島南部の任那が単なる日本の植民地ではなく最初から日本の領土だったと想像できます。そうじゃないとここまで本気で奪回しようとは思わないからです。シナの研究機関の研究成果から稲作が半島経由ではなく華南から海路で直接日本に渡り、海洋民族だった縄文人が人口希薄地だった朝鮮半島南部にも稲作と共に移住したことがほぼ分かっています。

 新羅はさらに668年、再び唐と結んで高句麗を挟撃、滅ぼします。この時唐は新羅もついでに服属させようと思ったそうですが、新羅の猛反撃に遭い半島支配を諦め緩やかな冊封体制にとどめざるを得なくなりました。この頃が新羅の全盛期だったのでしょう。その新羅も時代が進むにつれ王位継承争いや権臣たちによる権力闘争が激化し地方への統制力が弱まりました。

 新羅47代憲安王あるいは48代景文王の側室の子といわれる弓裔(きゅうえい 857年~918年)が899年反乱を起こし後高句麗を建国した話は日本史書庫刀伊の入寇第一話で紹介しました。この時同時にさらっと触れたと思いますが、農民出身の甄萱(けんけん 867年~936年)も新羅王朝に反旗を翻し百済の故地全羅道で後百済を建国します。

 後高句麗は将軍王建(877年~943年)にクーデターで乗っ取られ高麗が建国されます。後百済を建国した甄萱は農民出身で新羅王朝に仕え南海の防衛に功を上げ将軍になりました。おそらく新羅末期は地方の統制が緩み暴民が海賊化して沿岸部を荒らしまわっていたと言われますから、その鎮圧に活躍したのでしょう。甄萱は野心家で新羅の一将軍では満足せず全羅道に独自の勢力を築き899年弓裔が後高句麗を建国すると、これに対抗し900年に後百済を建国します。新羅はこれらの重大な反逆行為を討伐できなかったのですから、どれだけ弱体化していたか分かります。

 新羅の領土は後高句麗と後百済に蚕食されもともとの故地であった慶尚道くらいまで縮小しました。後百済は後高句麗とも戦争し最初は優勢だったようです。というのも後高句麗は背後にも契丹(後に遼を建国)や女真(後に金を建国)という強力な遊牧民族の敵を抱えていたため後百済や新羅に全勢力を傾けられなかったからです。この関係は後高句麗が高麗に代わっても変わりませんでした。

 926年、甄萱は新羅の首都慶州を陥落させ新羅の景哀王を殺します。彼がまともなら新羅を併合しさらに高麗を滅ぼし新たな統一王朝に成長できるはずでした。ところが甄萱は暴行略奪殺人の限りを尽くし景哀王の王妃を凌辱するなど新羅人の恨みを買います。これを見ても、とても統一王朝の建国者の器ではなく、ただの山賊風情が時流に乗り一時的に台頭しただけだとわかります。

 後百済の新羅支配は長く続かず、新羅の救援要請を受けた高麗の王建が逆襲に転じ930年後百済軍は新羅から叩き出されました。後百済はその後退勢に転じ936年熊津(百済の古都)以北の30城を高麗に奪われます。劣勢の中でも甄萱は愚かな行動をします。側室の子だった四男甄金剛を溺愛し太子で長男甄神剣(甄萱の子供は名前だけは格好良い)を廃嫡しようとしました。

 ところが神剣は次男良剣、三男龍剣と結託し逆に甄萱を幽閉、四男金剛を殺害して王位を奪います。このクーデター劇は935年ですので、高麗との戦争中に何をやっているんだと呆れ果てますね。金山寺に幽閉された甄萱はさらに愚かな行動を起こしました。娘と共になんと高麗に亡命したのです。そればかりか、高麗の王建に自らの国後百済の討伐を願う始末。王建は好機ととらえ後百済に遠征します。これには甄萱に従う後百済の反乱軍も加わったそうですから、ここまでくると情けなくなりますね。

 結局、後百済王甄神剣は高麗軍に敗北し降伏、処刑されました。自らの国を滅ぼした甄萱ですが、その晩年は悲惨でした。利用価値の無くなった甄萱は高麗で冷遇され最後は黄山寺で凍傷にかかり亡くなったそうです。享年69歳。シナ大陸でも歴史上、ただ時流に乗っただけの流賊が一時的に大きな権力を握ることはありますが統治能力に欠けるため最後はあっけなく滅びます。同じ流賊出身ながら明王朝を築いた朱元璋とは人間の器が違いすぎたのかもしれません。

2021年11月19日 (金)

欠席したのは良かったけど、本来なら経済制裁すべきですよ

ブログランキング参加しました。『ブログランキング』と『にほんブログ村』の2つです。よろしければクリックお願いします。

歴史ランキング

にほんブログ村 歴史ブログへ

にほんブログ村

いつも応援ありがとうございます。

 

【日韓】日本の韓米日共同会見欠席 「極めて異例」=韓国大統領府


 金昌龍(キム・チャンリョン)警察庁長の竹島不法上陸に抗議して日本の外務次官が日米韓共同会見に欠席したそうです。これまでのヘラヘラとした態度と比べれば進歩したと思いますが、日本政府が竹島を自国の領土と主張するのなら竹島に不法上陸した韓国人は全員入国禁止にしてもし強引に入ってきたら逮捕すべきです。

 弱腰の事なかれ主義でこれまで何もしてこなかったから韓国に舐められているんですよ。国際司法裁判所にも提訴すべきだし、竹島問題が解決しない限り一切の外交交渉を行わないと宣言すべきです。これなら合法的に断交できるでしょ?

 ただね岸田政権は口だけで、シナにも媚びそうな雰囲気だしアメリカを中心とした自由と民主主義を重視する国家は疑惑の目で見ていますよ。幹事長にシェーシェーを起用し、外務大臣にシナの手先と疑われても仕方ない林芳正ですからね。シナの手先の公明党には無用の配慮をするし、安倍、高市のまともな保守勢力を排除しようとするし、今のところ国賊としか見えません。

 下手すると台湾有事になっても「我が国は直接関係ない」とか「日本は平和憲法があるから台湾には介入できない」とかほざきかねないと非常に危惧しています。台湾がシナの手に入ったら日本は詰むというのに、その危機感が全く感じられない。岸田政権で唯一まともなのは岸防衛大臣だけだけど、岸田は台湾有事が発生したら岸さんを解任して弱腰の売国奴を防衛大臣にするかもしれませんね。

 岸田総理は韓国をいったいどうする気なんでしょうか?戦略的無視は良いけど、西側陣営の足手まといなんですからいい加減韓国を切るべきでしょう。日本が今一番重視しなければいけないのは台湾問題です。はっきり断交とは言えなくても事実上の断交手段はいくらでもある。日本が韓国に支払信用状を停止するだけで韓国経済は滅びますよ。

 日韓基本条約、日韓請求権協定、日韓慰安婦合意違反が是正されない限り一切の外交交渉を止めると宣言するだけで済むのに、どうしてやらないんでしょうか?共同会見に欠席するくらいは誰でもできる。しかしね、こんなせこい態度は逆に韓国に足元を見られるだけになります。ならず者国家には厳しい制裁をしてこそ初めて効果があります。岸田政権には韓国に対し断固たる対応を求めますが、あの人の能力と人間性では無理でしょうな。高市さんが総理なら、厳しい制裁を科し韓国は震えあがって土下座してきたでしょうがね。もっとも土下座しようと情けを掛ける必要はないが…。

 ともかく、韓国は西側陣営に要らない子です。敵に回せば頼もしい国ですからさっさとレッドチームに追いやりましょう!

 

2021年11月17日 (水)

火力発電の維持もエネルギー安全保障の一環

ブログランキング参加しました。『ブログランキング』と『にほんブログ村』の2つです。よろしければクリックお願いします。

歴史ランキング

にほんブログ村 歴史ブログへ

にほんブログ村

いつも応援ありがとうございます。

 

実はスゴい日本の「石炭火力発電」 発電効率の向上と低炭素化、最高水準の微粒子燃焼方式【夕刊フジ】

 火力発電の話は興味ない方にはチンプンカンプンかもしれませんが、我々の生活に直結しているのでぜひ興味を持って理解してほしいと思います。

 最近すっかり寒くなりました。私たちの生活は電気無くしては成り立ちません。東日本大震災の原発事故で原発再稼働に反対する人間が増えたため日本は火力発電に頼り切っています。おかげで電気代が高騰したのですが、脱原発派が主張する再生可能エネルギーは現状安定した電力供給源にはなり得ず発電効率も悪いため年間8000億キロワットと言われる電力需要をすべて再生可能エネルギーで賄う事は物理的に不可能です。よく例に出されるんですが、福島第一原発の原子炉一基分の電力を作り出すためには山手線内を全て太陽光パネルにしなければ駄目だそうです。これはすべて晴れで無駄なく安定的に発電した場合の話ですので、現実には悪天候の日があるのでさらに面積が必要です。

 綺麗事ばかり言っている欧州でも、ロシアの天然ガスに頼り切っておりドイツなどはフランスの原子力発電所から電気を買っている状況です。一方日本は、脱炭素にも配慮し火力発電で二酸化炭素の排出量を減らす技術を開発しました。脱炭素を本気で実現するなら原発再稼働が不可欠ですし、それまでは火力発電を維持しなければ国民生活も産業も立ち行かなくなります。真冬に長期間転電した時の恐ろしさを考えてください。凍死者が出ますよ。

 韓国が悪い例です。火力発電の中でもディーゼル発電に頼り切っている韓国は、尿素水の不足で厳冬期に停電するのが確実だと言われています。ディーゼル機関はどうしても不完全燃焼を生じ有毒な窒素酸化物が発生するので、それを中和する尿素水が不可欠ですからね。

 火力発電は大きく分けて、石炭、石油、液化天然ガスの三つの燃料があります。石炭を使用するのが従来の蒸気タービン式発電です。石油は蒸気タービン式とディーゼル発電方式があります。液化天然ガス発電はガスタービン方式です。このうち一番安価なのが石炭、ついで液化天然ガス、一番高いのが石油だそうです。意外ですね。天然ガスの方が高そうなイメージですが。

 だったらすべての火力発電をガスタービン方式にすればよいと考えがちですが、一番高度な技術を要するためすべてを天然ガス燃料のガスタービン方式にはできないそうです。二酸化炭素排出削減の技術がない国は、石油を使わざるを得ません。有毒ガスを排出しても構わないというならず者国家は別でしょうが…。

 将来的には国際市況に左右されない原子力発電を主流にすべきだと思います。もちろん事故があってはならないのでより安全になるよう技術革新が必要です。再生可能エネルギーは安定供給できないし発電効率も悪いので論外です。近代国家は安定した電力供給がないと運営できません。

 そして火力発電もより二酸化炭素排出量を減らしていく技術開発をしていくべきでしょう。日本は石炭火力発電でより少ない石炭で済み、石炭代替のバイオマスを入れて二酸化炭素排出削減に努力しているようですから、この技術を世界に輸出すべきでしょうね。綺麗事ではなく現実を冷静に見つめどうすれば良いか、より改善できるか考えることが常識ある人間なのでしょう。

 

2021年11月15日 (月)

韓国の尿素水危機は物流だけではなかった!

ブログランキング参加しました。『ブログランキング』と『にほんブログ村』の2つです。よろしければクリックお願いします。

歴史ランキング

にほんブログ村 歴史ブログへ

にほんブログ村

いつも応援ありがとうございます。

 

 私は無知なので、韓国の尿素水問題を調べていろいろ勉強しているんですが、ディーゼルエンジンを動かすのに尿素水が不可欠だというのをまず学びました。ディーゼルエンジンを動かす時どうしても不完全燃焼を起こし有毒な窒素酸化物が発生するためにそれを中和する尿素水が無いと危なくて使えないそうです。

 その後ネット上で情報を集めていくと韓国での自動車用の尿素水の需要は全体の10%未満でした。それより火力発電での需要が34.7%、農業用で55%あり農業はともかく産業用の火力発電での需要が一番ひっ迫しているそうです。火力発電は燃料を燃やしボイラー(蒸気タービンの場合)で水蒸気を発生させ、それでタービンを回し発電機で電力を得る仕組みだと何となく理解していました。艦船などの蒸気タービン機関と同じですね。

 液化天然ガスを使うガスタービン発電だと、燃焼させた高温ガスで直接タービンを回し回転エネルギーで発電機を動かし電気を作るため素人目には燃焼効率が良いように思えます。ディーゼル発電もボイラーを介さずに直接発電機を駆動し電気を得る仕組みのようです。所謂デーゼル・エレクトリック方式ですね。韓国の場合はディーゼル発電が主流なのでしょう。韓国の主要な電力会社5社のうち3社で尿素水の在庫が一ヶ月分しかないそうです。

 これは深刻ですよ。韓国は日本よりも寒冷なので下手すると厳冬期に停電して凍死者も出そうです。驚くのは文在寅政権が尿素水を尿素肥料の問題と勘違いし何も手を打っていなかったことです。これ暴動が起こりますよ。いくらなんでも国民の命がかかっている問題でこの失策は致命的すぎます。日本にも「俺は原子力に詳しんだ」とほざいて無知な命令を連発し事態を悪化させ大事故を起こした国賊総理が居ましたが、文在寅はさらに上を行く無能でした。凄いですね。政府内に大統領に助言するまともな人間はいなかったんでしょうか?それとも政権中枢に尿素水問題の深刻さを理解する者が一人もいなかったんでしょうか?(呆)

 日本はこんなことにならないようにエネルギー安全保障をしっかり実行してほしいですね。脱原発派の阿呆の口車に乗って原発を止めたら日本も深刻な電力不足で死者が出ますよ。こうなると韓国を笑えません。それにしても韓国の尿素水危機、ここまで深刻だったとは…。

 

 皆さんはこの事実、ご存知でしたか?

2021年11月13日 (土)

シナの台湾侵攻はクリミア方式を意図か?

ブログランキング参加しました。『ブログランキング』と『にほんブログ村』の2つです。よろしければクリックお願いします。

歴史ランキング

にほんブログ村 歴史ブログへ

にほんブログ村

いつも応援ありがとうございます。

 

中国は「グレーゾーン作戦」での台湾奪取を企図…台湾の国防報告書!


 台湾への武力併合の意図を隠さなくなったシナ。その際妨害したら日本を核攻撃すると恫喝しています。しかもシナの工作員である河野太郎や公明党の山口代表を通じて「敵基地攻撃能力は古い概念」だと言わせ日本がまともな国防力を持つことを妨害しています。ただあまりにも露骨で同じ文言だったため、シナの工作だと丸分かりだったのが致命的でした。私は河野や山口の工作を見てスパイ防止法の必要性を改めて痛感しました。

 シナが台湾を武力進攻しようとした場合、まともに戦ってはアメリカが台湾援助を明言した通り勝ち目はありません。台湾だけを攻めた場合は台湾海峡を封鎖され陸軍を送ることもできませんし、もし上陸に成功したとしても潜水艦で海上補給を絶たれ詰みます。シナが勝つには電撃的に台湾を占領し台湾国民を人質にしてアメリカの介入の時間的余裕を封じるのが不可欠です。ただ、そのためには在日米軍の動きを一時的に封じる必要があるため沖縄や日本本土の在日米軍基地も同時に叩かなくてはなりません。攻撃手段は極超音速ミサイルや巡航ミサイルの飽和攻撃。在韓米軍とともに動く日本の自衛隊も攻撃対象となるでしょう。

 そうなると確実に全面戦争になります。在日米軍基地の攻撃は絶対に米兵や基地で働く米市民に犠牲が出るからです。真珠湾攻撃どころの話ではない。日本の動きも妨害する必要があるため原発や通信網など各地のインフラを攻撃し日本人も死にます。さすがにこうなれば平和憲法で話し合えなどとほざくシナ工作員の売国奴はいなくなるでしょう。家族を殺された日本人が激高し自分の命が危なくなるからです。日本の参戦に異を唱える売国奴はいなくなると思いますよ。どんな屑でも自分の命は惜しいでしょうからね。

 台湾のみに限定した攻撃なら勝ち目がなく、かといって在日米軍の動きを封じるために日本国内の在日米軍基地、自衛隊基地、日本の重要インフラを攻撃すれば全面戦争となってこれも勝機はありません。ですから時間の差こそあれ最終的にはシナが負けると思っていました。

 しかし、最近ネットの討論番組で河野克俊前統合幕僚長が指摘されていたんですがシナはウクライナ方式の超限戦で台湾を電撃侵攻する可能性があるそうです。台湾当局もこの可能性が高いとみているようです。どういうことかというと、あらかじめ浸透させておいたスパイを動かし台湾国内で蜂起させ臨時革命政府を樹立させる。その革命政府の要請という形で特殊部隊を台湾に送り込み政府施設やメディア電撃的に押さえられたらアメリカも介入する時間的余裕がありません。日本もなすすべがないでしょう。

 一旦占領してしまえば、2400万人の台湾国民を人質にできるのですから人道的にも手を出せません。シナが勝つにはこの方法のみなのかもしれません。ただそう上手くいくとは思えません。クリミアが人口200万人弱なのに対し台湾はその十倍以上あります。しかも国土が広いためすべての政府施設、メディアを一度に押さえることは不可能に近いと思います。台北は押さえられても台中や台南、高雄を同時に制圧はできないでしょう。また台湾軍も各地に展開しているためこれを全て制圧するには何十万の兵士が必要です。そうなると補給の問題が出てきて早晩シナ人民解放軍は行き詰まります。

 ですからクリミア方式の侵攻でも勝ち目は低いと思うんですが、シナが超限戦を意図しているのは確実なんでしょう。これを見ていて勘の良い方なら気付いたと思いますが、シナの工作員を警戒し法律を含めあらゆる手を尽くしている台湾より、スパイ防止法一つない日本の方が危ない。日本の場合、マスゴミはすでにシナの手先なので制圧する必要もありません。売国野党は大半が工作員、公明党もそう。自民党内部にさえ河野太郎など多数の工作員を抱えているんですから日本の方が台湾より危険だとご理解いただけると思います。

 日本は今国家存亡の危機にあると言っても過言ではありません。南シナ海と台湾がシナの手に落ちたら日本の生命線であるシーレーンが妨害され原油価格も跳ね上がり電気代が高騰、あらゆる輸入品も手に入らなくなりますよ。完全に輸入が止まることは無いと思いますが、最短距離での海路が使えないためロンボク海峡かさらに遠回りの航路を使わざるを得なくなりその分の運賃が上乗せされます。おそらく海運の保険料も跳ね上がり日本の物価はどんどん上昇します。ますます生活困窮者や自殺者が激増するでしょうね。また、シナは日本のシーレーンを人質に取って属国化を進めるでしょう。日本は韓国のようになります。

 台湾有事は日本有事だという事実を我々日本人も知るべきです。自分たちの命がかかっているんですから平和ボケは止め弱腰政府の尻を叩いて国防力強化をさせるべきです。防衛費も10兆円以上必要。シナに超限戦をさせないためにもスパイ防止法、憲法9条改正は急務です。それにしてもクリミア方式は盲点でした。気付かなかった私も反省しました。
 
 これを読んで危機感を覚えた皆さんもこの事実をどんどん拡散してください。日本の未来がかかっています!

2021年11月11日 (木)

韓国の尿素水欠乏は自業自得だと思うけど、尿素水がディーゼルエンジンに必要だって初めて知りました。

ブログランキング参加しました。『ブログランキング』と『にほんブログ村』の2つです。よろしければクリックお願いします。

歴史ランキング

にほんブログ村 歴史ブログへ

にほんブログ村

いつも応援ありがとうございます。

 

【韓国紙】豪州から緊急輸入の尿素水、なぜ隣国日本に頼めない? 

 尿素水の輸入をほぼすべてシナに頼り切っていた韓国の自業自得だとは思います。エネルギー安全保障の全く逆を行っているのですからこうなるのは自明の理なんでしょうが、日本も他山の石として反面教師にすべきです。

 それはそうと、無知な私は尿素というと乾燥肌用のクリームの原料くらいの認識しかありませんでした。今回のニュースを聞いて、ディーゼルエンジンにも必要なんだと初めて知ったくらい。ディーゼルエンジンは主に軽油を燃料とする内燃機関くらいは知っていましたが、不均質な拡散燃焼が起こりやすく排ガスに有毒な窒素酸化物が発生するそうです。尿素水はその窒素酸化物を中和して無害化してくれる重要な物質で、これがないと危なくてディーゼルエンジンを使えないのだとか。

 幸いにして日本は商用車にしかディーゼルエンジンを使っておらず、尿素水の原料であるアンモニア生産も日本で年間必要な96万トンのうち77%は国内生産で賄っているそうです。不足分の輸入もシナからではなく他の国からやっているそうで、少なくともこの部分ではエネルギー安全保障は機能しているみたいです。安心しました。日本は年間5万トンくらいは万が一の時のために在庫を維持しているそうで、韓国もこれくらい将来を見通せる目があったら今日のような危機にはならなかったはずなんですよ。

 そもそもこれまで韓国が経済危機になった時真っ先に助けてくれるのは日本でした。ところが狂った反日のために日韓慰安婦合意を反故にし、日韓基本条約、日韓請求権協定すら破棄しようとしているんですから、助けられるはずがありません。国家間の条約や約束を自己都合で平気で踏みにじるようなならず者国家とまともに付き合えるはずがない。

 韓国は、日本に助けてもらいたいならこれまでの反日行為を真摯に謝罪し賠償金を払い、反日教育を止め、不当に強奪した竹島を無条件返還し、これまで約束した条約や協定を元に戻し、条約・協定違反があれば即座に是正し、今まで反日行為をしてきた政治家どもを全員処刑し日本に土下座してきたら、話くらいは聞いてやっても良い。助けるかどうかはこちらの気分次第だがなwww

 まあ無能なくせにプライドだけは高い馬鹿な韓国は絶対に謝らないだろうし態度も改めないでしょうから、このまま放置で滅亡を高みの見物ですな。しかし、韓国のおかげで尿素水の重要性を初めて知ったんですからその一点だけは良かったと言えましょう。

2021年11月 9日 (火)

刀伊の入寇余話 博多警固所

ブログランキング参加しました。『ブログランキング』と『にほんブログ村』の2つです。よろしければクリックお願いします。

歴史ランキング

にほんブログ村 歴史ブログへ

にほんブログ村

いつも応援ありがとうございます。

 

2_20211109080101

 

 皆さん誰も興味ないと思いますが、私は一つの事に関心を持つと関連項目も調べたくなるという癖を持っていまして、刀伊の入寇で日本側防衛拠点になった博多警固所が気になっていました。

 そこで調べてみると、古代から中世までの博多は西側が入江で今の福岡城から北の西公園荒津山のあたりまで南から伸びてくる小半島になっていたことが分かりました。これを福崎台地と呼ぶそうですが標高は30m余りと低い丘陵でした。その東側が冷泉津と呼ばれる入江で博多の港があります。半島の西側も草香江(くさかえ)という入江でした。今でいうと冷泉津は福岡市天神のあたり。草香江は現在大濠公園として残っています。

 この辺りは縄文時代から人が住んでいたそうで、博多は大和朝廷時代、大陸・半島への玄関口でした。魏志倭人伝を読むと弥生時代から栄えていたことが分かります。遣唐使もここから出発し、律令時代博多は大宰府の外港として重要視されました。朝廷は博多を守るため、この福崎台地に目を付けます。実はここに設けられたのが博多警固所でした。

 江戸時代初期、黒田長政が戦功で筑前52万石を得て入部した時目を付けたのも福崎台地でした。長政は福崎台地の最高所赤坂山(標高31m)に福岡城を築城します。その際福崎台地の南端を削って外堀にしたそうですから、この時福崎台地が南の山地と切り離されたことになります。その後干拓が進み福岡城の東側は天神地区となり西側は大濠公園となったのでしょう。

 ですから福崎台地、赤坂山の辺りは古代から博多を守る防衛拠点となっていたのです。現在の地形だと分かりませんが、半島部を要塞化していたので刀伊の賊も攻めあぐねたのでしょう。実は元寇の時も福崎台地、赤坂山の辺りは激戦地になっています。博多を占領するためには絶対にこの地を攻め落とす必要があったのだと思います。

 おそらく大和時代、飛鳥時代、奈良時代、平安時代、鎌倉時代、室町時代、戦国時代と時代ごとに防衛施設が設けられていたと想像できます。ですから黒田長政が福岡城を築くときもこの地形を利用したはずです。実は福岡市中央区に警固神社、警固地区というのがありますが長政が城を築いた時、赤坂山にあった警固神社を現在の場所に移築したそうです。

 博多警固所は博多を守る重要な防御施設だったことが、当時の地形を見て納得しました。もしかしたら福岡城の地下には弥生時代の環濠集落跡があるかもしれません。大濠公園や天神に対するイメージもだいぶ変わりました。今度福岡に行くときは当時に思いを馳せたいですね。

2021年11月 7日 (日)

刀伊の入寇Ⅲ 異族襲来

ブログランキング参加しました。『ブログランキング』と『にほんブログ村』の2つです。よろしければクリックお願いします。

歴史ランキング

にほんブログ村 歴史ブログへ

にほんブログ村

いつも応援ありがとうございます。

 

 1019年刀伊の入寇は日本史上初の異民族の来襲だったわけですが、実はそれまでにも小規模な侵略は何度もありました。新羅末期の893年新羅賊が内海の有明海を横断し肥後国飽田郡(現在の熊本市西部)に侵攻、民家が焼亡し賊は肥前国松浦郡に逃亡したという記録があります。新羅賊は翌894年にも来襲し北九州沿岸や対馬を略奪、住民を殺傷しました。この時の新羅賊は100隻の軍船で押し寄せたと言われ、対馬守文屋善友率いる国府の兵と合戦になったそうです。国府軍は奮戦し、賊徒302人を射殺、大将軍3人、副将軍11人を捕虜にしました。室町時代の応永の外寇を彷彿させる事件ですが、この時も賊は2500人以上いたと言われます。一方対馬の兵は数百人もいなかったはずで新羅兵が弱いのか対馬の日本兵が強すぎるのか分かりません。

 新羅賊というのもただの暴民ではないでしょう。軍船に乗っていたことから新羅の統治能力が弱体化し辺境の豪族か地方領主が組織した軍勢だった可能性が高いと思います。新羅末期地方豪族の反乱が相次いでいたそうですし、農民出身の甄萱(けんけん)が光州で挙兵し後百済を建国したのは892年のことでした。新羅王朝末期、王権が及ぶのはかつての本拠慶尚道くらいまで縮小し弱体化していたのでしょう。

 日本側の記録では、884年にも新羅賊来襲が記されており何度も壱岐対馬や北九州沿岸は海賊被害に遭っていたと言われます。これを見ると日本側の倭寇は大陸や半島側の侵略の報復という意味もありそうです。結局どっちもどっちだったのでしょう。

 藤原隆家が大宰権帥として赴任したのは1014年でした。隆家は中関白家の期待の星でしたから護衛として付き従う武士団も強力で、房総平氏の平致光(むねみつ 房総平氏の棟梁平公雅【きんまさ、平将門の従兄弟】の子か孫だといわれる)、藤原政則(蔵規とも書く)らの名前が挙がっています。藤原政則という人物は謎が多く、但馬出身だとされ、隆家が但馬に流されていた時側室に生ませた子だとも言われますがはっきりしません。その後肥後菊池地方に土着し菊池氏の祖となりました。これには異説があり、古代の狗奴国の官・狗古智卑狗が菊池氏の源流だという説もあります。大宰府に在庁官人として仕えていた時に藤原隆家に気に入られ藤原姓を与えられたとも言われており、私はこちらの説がしっくりきます。

 1019年3月、刀伊の兵船五十余艘が対馬に来襲、住民を殺傷し物資を略奪し牛馬を殺して食べたという急報が大宰府にもたらされました。賊は同じ日壱岐にも侵攻します。4月7日壱岐島分寺講師(国分寺に置かれた僧侶)常覚は単身脱出し大宰府に到着、壱岐守藤原理忠(まさただ)以下多くの島民が賊に殺されたと伝えました。

 刀伊の軍船はその後筑前の怡土(いと)、志摩、早良の三郡(ともに博多湾に面している)を襲撃。略奪をほしいままにし老人や児童を斬殺、男女の捕虜500人を攫います。これは奴隷として売り飛ばすためでした。刀伊の賊は軍船に5~60人ほども乗っていたので総勢は2000人から3000人あるいはそれ以上という規模でした。この数は、侵略し領土を奪うには不足でしたが略奪するには十分すぎる数でした。防衛する側もある程度の人数を集めないと対抗できないからです。

 これを見ても刀伊の賊がただの暴民ではなく組織だったものであることが分かります。実際高麗水軍は刀伊の賊に敗北し略奪を許していたくらいでした。報告を受けた大宰権帥藤原隆家は前将監大蔵朝臣種材(藤原純友の乱鎮圧で活躍した大蔵春実の孫)、藤原朝臣明範、散位平朝臣為賢(常陸平氏、伊佐氏・伊達氏の祖、ただし別系統という説もある)、平朝臣為忠(為賢の一族か?)、前将監藤原助高、大蔵光弘、藤原友近らを博多警固所に派遣し防衛させます。

 刀伊の賊は1019年年4月博多湾にある能古島を拠点にし、対岸の博多警固所を攻撃します。日本側が必死に防戦したため刀伊軍は警固所を攻略できず能古島に引き上げました。大宰府は早良郡から志摩郡の船越津(糸島半島の博多湾とは反対側)にかけても別軍を派遣し刀伊軍に備えます。4月刀伊軍は再び博多湾に上陸しました。この戦いでは九州の武士である財部(たからべ)弘延、大神(おおが)守宮らが奮戦し賊徒40人を討ち取ったそうです。大蔵種材、藤原致孝、平為賢、平為忠らは軍船に乗って海路刀伊軍を攻撃します。

 形勢不利を悟った刀伊軍は博多湾を撤退、防備が手薄な肥前国松浦郡一帯を襲撃しました。前肥前介源知(しるす、肥前松浦氏の一族)は郡内の兵を集めこれを迎撃、大宰府からも軍船40艘が追撃してきたため刀伊軍は侵略を諦め4月13日ようやく退去します。その後朝鮮半島に引き上げた刀伊軍は半島の東岸を荒らしまわりますが、元山沖で高麗水軍と合戦になり壊滅したそうです。この時、日本で捕虜にしていた男女は戦の邪魔になるからと海に投棄したそうですから彼らがどれだけ鬼畜か分かりますね。

 刀伊の侵略を撃退した日本側ですが、その被害は甚大で殺害された住民300人以上、捕虜となった者1000人以上(大半は朝鮮半島沖で捨てられ溺死)、壱岐では国守まで殺されるという惨状でした。これは記録に残されている数ですので、実態はその数倍だったとも言われます。

 刀伊の入寇時、現地で迎撃を指揮した藤原隆家が断固たる態度で対応したのが日本側に幸いしたと思います。これが都の惰弱な貴族が指揮官だったらもっと被害が増大し下手したら国土の一部を占領されていたかもしれません。藤原隆家の武勇は後の武士団の憧れとなり、隆家を祖と称する者が多かったと言われます。菊池氏などまさにそうでした。

 論功行賞で大蔵種材は壱岐守、藤原政則も大宰少弐・対馬守に任ぜられました。その他、この度の戦に活躍した者には恩賞が与えられます。日本側は刀伊の捕虜に高麗人が混ざっていたことから最初高麗による侵略を疑ったそうです。しかし1019年6月、高麗側から元山沖海戦で救出した日本人捕虜259人の送還があり誤解が解けました。ただ日本の高麗に対する警戒は続いたと言われます。新羅海賊に苦しめられた経験があったからでしょう。高麗としては遊牧民の遼王朝や、その後勃興した女真族の金王朝に圧迫されたため日本とまで敵対する愚を避けたかったのです。

 その後、1019年12月藤原隆家は大宰権帥を辞して帰京します。刀伊の入寇を撃退した功績から隆家を大臣や大納言に登用すべしという声があがったそうですが、隆家自身は病気のため朝廷出仕を控えました。政敵だった摂政藤原道長は、これを幸いとし昇進の沙汰を取りやめます。隆家は1037年再度大宰府権帥に任ぜられ1042年まで務めました。1044年1月1日死去、享年66歳。最終官位は前中納言正二位。

 

 刀伊の入寇は、激動の東アジア情勢がもたらした事件でした。大陸では遼王朝が滅亡し女真族の金王朝が台頭します。半島国家高麗はそれに翻弄され続け、最後はモンゴルの元王朝に服属しました。元は日本にも侵略の触手を伸ばし鎌倉時代末期の元寇に至るのです。

 

 

                                           (完)

2021年11月 6日 (土)

刀伊の入寇Ⅱ 11世紀の日本

ブログランキング参加しました。『ブログランキング』と『にほんブログ村』の2つです。よろしければクリックお願いします。

歴史ランキング

にほんブログ村 歴史ブログへ

にほんブログ村

いつも応援ありがとうございます。

 

 刀伊の入寇の起こった1019年がどういう年かというと、日本では藤原道長が従一位摂政・太政大臣として藤原摂関家の絶頂期にあった時期でした。道長の有名な和歌「この世をばわが世とぞ思ふ望月(もちづき)の欠けたることもなしと思へば」と詠んだのは刀伊の入寇が起こる一年前の1018年の事です。

 ただ平安時代と言う名前と違い、実際は世の中が騒然とした時代でもありました。平将門が関東で、藤原純友が西国で起こした反乱、承平天慶の乱は935年から941年にかけてで道長が政権を握る60年前、そして奥羽で起った前九年・後三年の役は道長の子頼道時代の1051年から1087年にかけて起こります。

 道長の属する藤原北家が他氏を圧し朝廷の高官を独占していく過程で律令制は崩れていきます。奈良朝聖武天皇時代の墾田永年私財法が引き金となり荘園が拡大し朝廷の歳入は激減しました。というのも最初は荒蕪地の開墾だったものが次第に国衙領を蚕食するようになったからです。貴族たちはこぞって荘園獲得という私利私欲に走ります。また荘園を開発した豪族たちも都の権門と結ぶことで自己の権益を獲得していきました。これら豪族たちが武装したのが武士の始まりだと言われます。土地争い、水争いを解決するには自分たちが武装するしかなかったのです。律令制は崩壊し朝廷に紛争解決力は無くなっていました。海音寺潮五郎が小説『海と風と虹と』(NHK大河ドラマ『風と雲と虹と』の原作の一つ)で藤原純友に「都の貴族たちは国家に巣くう白蟻たちだ」と言わせたのもこういう実態を踏まえてのことでした。藤原氏を中心とする貴族たちは自分たちの利益を最優先したために朝廷の力を弱め最後は実力のある武士に実権を奪われていくのです。言わば自業自得でした。

 律令制下で国防を担っていたのは軍団制です。これは戸籍に基づき住民の中から一定数を徴兵するもので全国各地に設置されました。規模はだいたい一軍団1000人から2000人くらい。ローマ帝国の軍団(5000人から6000人)に比べると小規模でしたが、人口も経済規模も少ない日本ではこれが精一杯でした。防人というのは軍団に徴兵された兵士の事です。桓武天皇の時代、奥州や西国を除いて軍団制は廃止されました。代わって健児(こんでい)制が導入されます。これは各国府の税収を基に集められた一種の傭兵で全国合わせても3000人くらいと小規模なものでした。税収が激減した朝廷が維持できる精一杯の数だったのでしょう。その健児さえも道長の時代には有名無実の存在となっていました。

 では刀伊の入寇で活躍したのはどういった勢力だったかというと、まさに武士団でした。平将門の乱で平貞盛の常陸平氏、藤原秀郷の下野藤原氏、河内源氏の祖源経基らが東国で強力な武士団化したのと同様、西国でも藤原純友の反乱鎮圧で活躍した大蔵春実の子孫である大蔵氏(嫡流は筑前原田氏となる。一族に秋月氏、高橋氏、江上氏など多数。原田党と呼ばれる)や、宇佐神宮に所縁の大神(おおが)氏などが武士団として成長していました。

 これに加えて刀伊の入寇を迎え撃った大宰権帥(ごんのそつ)藤原隆家の護衛として下向してきた武士たちが迎撃軍の中核となります。隆家の父道隆は正二位関白・内大臣でした。ところが995年43歳で死去したため摂政・関白職は弟道兼に移ります。その道兼も急死したため最終的に摂政の地位を得たのは道長でした。道隆は長男伊周(これちか)に摂政・関白職を譲りたかったそうですがそれを実現する前に亡くなったのです。

 伊周は叔父道長と壮絶な権力争いをしますが、敗北し1010年失意のうちに病死します。享年37歳でした。弟隆家も道長に強烈な敵意を持っていたと言われます。大人しい兄伊周と違い激しい性格だったと言われる隆家は道長に疎まれ出世できませんでした。そのうち隆家は目の傷から眼病を患い大宰府に名医と評判の唐医がいることから、自ら大宰府赴任を希望します。道長も体の良い厄介払いができると思い、隆家の希望通り大宰権帥に任命しました。

 

 これが後の我々から見ると最適な人選になるのですから歴史の皮肉です。次回は、刀伊の入寇の推移について語りましょう。

 

 

2021年11月 5日 (金)

刀伊の入寇Ⅰ 11世紀の東アジア

ブログランキング参加しました。『ブログランキング』と『にほんブログ村』の2つです。よろしければクリックお願いします。

歴史ランキング

にほんブログ村 歴史ブログへ

にほんブログ村

いつも応援ありがとうございます。

Photo_20211105082201

 学生時代、日本史で何となく習ったので覚えている人も多いと思いますが、日本が外国から侵攻されたのは元寇、大東亜戦争とこの刀伊の入寇の三度しかありません。ところが他の二つと比べ刀伊の入寇に関してはほとんど実態が知られていませんでした。最近になって『刀伊の入寇』(関幸彦著 中公新書)が出たくらいです。

 本シリーズでは『刀伊の入寇』(中公新書)を軸に当時の東アジアと日本の状況を踏まえ見ていこうと思います。刀伊というのは聞き慣れない言葉ですが、実は民族名ではありません。高麗が彼らを東夷(古朝鮮語で『とい』)と呼んだのが語源だそうです。刀伊は日本側の当て字でした。刀伊の入寇が起こったのは1019年です。当時の朝鮮半島は高麗王朝(918年~1392年)が成立していました。高麗は王建が建てた王朝ですが、彼は純粋な朝鮮民族ではなくツングース系の女真族出身だと言われます。ついでに言うと高麗の次の李氏朝鮮を建てた李成桂も女真人だとされます。

 この段階では朝鮮民族は成立しておらず各地から集まった様々な民族が雑居していただけだとも言われます。高麗以前の高句麗、百済はツングース系の扶余族の建てた国、新羅に至っては三つの王統(金、朴、昔)のうち昔氏は日本人の可能性が濃厚です。これは過去記事(新羅日本人国王説)で検証しています。加えて古代の稲作伝播の過程で朝鮮半島南部にも和人が住んでおり任那日本府は植民地総督府ではなく日本の地方行政組織に過ぎないと思っています。ですから半島南部に日本式の前方後円墳が残っているんです。韓国政府は歴史の真実が発覚するのを恐れかなりの日本式古墳を破壊したそうですがこういう態度がノーベル賞を取れない理由なんでしょう。

 話が脱線したので本題に戻すと、高麗は建国はしたものの未だに安定した半島支配が出来ていなかったと言われます。それは新羅末期の混乱から続き、900年から935年には後百済が登場し慶尚道を除く半島南部から平壌あたりまでを支配していました。899年には後高句麗も建国され918年まで続きます。こちらは最盛期には京畿道あたりから咸鏡道の南端辺りまで支配しました。ですから915年頃の新羅は元の慶尚道くらいしか支配領域を持っていないほど弱体化していました。

 実は王建は、新羅ではなく後高句麗の将軍でした。918年後高句麗王弓裔(きゅうえい)をクーデターで追放、自らの高麗王朝を建てます。新羅王の側室の子として生まれ一代で後高句麗王朝を開いた弓裔でしたが、猜疑心が強く妻子を殺し臣下も数多く粛清したため人心を失っていたそうです。その末路も哀れで逃亡する途中、平康というところで飢えをしのぐため畑の作物を盗もうとして村人に発見され殺されました。

 王建は、935年新羅、936年後百済を滅ぼし朝鮮半島を統一します。とはいえこれはあくまで表面上でその支配は隅々までは行き渡っていませんでした。特に半島東部には満洲から沿海州にかけて広く分布していたツングース系遊牧民が進出していました。エベンキ族などもその一つです。これらの民族を総称して女真族(後の満洲族)と呼びますが、住んでいる地域によって生活形態はだいぶ変わっていたと言われます。女真族の中心(半農半牧)はだいたい興安嶺山脈の東麓から沿海州の境にかけて。沿海州には同じツングース系の粛慎(しゅくしん)が住んでいました。粛慎は古代シナの史書に出てくる狩猟を生業とし沿岸部では漁労もしていた民族でした。シナの史書では紀元前、日本の史書では6世紀に粛慎(みしはせ)として出てきます。『みしはせ』と粛慎が同一民族か史家の意見は分かれるそうですが、ツングース系で狩猟と漁労をする同系の民族であったことは間違いないと思います。

 高麗王朝は、これらツングース系民族の統治に非常に苦労します。さらに追い打ちをかけたのは満洲の西部から熱河省あたりにいたモンゴル系の契丹民族が勃興し遼を建国したことです。純粋な遊牧民族である遼の軍隊は強力で女真族でさえ服属を余儀なくされます。南は宋を圧迫し、933年には高麗にも侵攻しました。高麗は遼の騎兵に太刀打ちできず首都開城を落とされ降伏、属国となります。

 女真族は遼の支配に嫌々従っていましたが、沿岸部のかつて粛慎と呼ばれた一部のツングース系民族は遼の支配を受け入れず独立的な動きをしました。遼が討伐軍を送っても船で海上に逃げるため捕捉できず、結局遼はこの地域を放棄します。刀伊と言われるのは遼の支配を脱した粛慎の後裔たちだと想像できます。刀伊は遼が交易を拒絶したため必然的に海賊として沿岸部を略奪するしか生きる道がなくなります。最初の標的は高麗でした。高麗は遼の属国となり辺境支配も弱かったため刀伊の海賊たちにとっては格好の標的になります。その流れが日本にまで来て刀伊の入寇になったのです。

 

 次回は、11世紀の日本側の事情を見ていきましょう。

2021年11月 3日 (水)

立憲民主党はどうあがいても消滅か共産党に吸収の未来しかないと思いますよ

ブログランキング参加しました。『ブログランキング』と『にほんブログ村』の2つです。よろしければクリックお願いします。

歴史ランキング

にほんブログ村 歴史ブログへ

にほんブログ村

いつも応援ありがとうございます。

「最前線で批判ばかりしていた人が軒並み落ちた」と立民議員が大規模な路線変更の必要性を示唆


 今年の流行語大賞の最有力候補は立憲共産党ではないかとネット上で話題になっています。まあパヨクが選考しているので絶対に選ばれないとは思いますが、立憲共産党は彼らの正体をうまく表していて秀逸だと思います。

 それはそうと、さすがに今回の衆議院選挙の敗北で枝野君が辞意を表明しました。最初は辞めないと言い張ってましたが党内からの激しい批判で渋々辞任せざるを得なくなったのでしょう。本当に情けない男ですよ。そこで立憲民主党では代表選を行うそうですが、立候補予定の連中のうちまともなのは馬淵だけ。あとは泉健太とか小川淳也とか枝野と同レベルで小粒にしたようなアホばかり。共産党との共闘は止めないでしょうから彼らが代表になるのが望ましいですね。

 まかり間違って馬淵が代表になって「外交防衛など国の根幹に関わる政策では自民党に協力する」とか「日本を守るための敵基地攻撃能力賛成」などと言い出したら脅威ですから彼だけはやめてください。というか馬淵とか渡辺周とか松原仁とか立憲の中では希少なまともな議員ってどうして立憲にいるのか疑問です。国民民主党なら理解できるが立憲は彼らの政治信条とは真逆のはずですけどね。

 望ましいのは馬淵が代表選に出て敗北、路線対立で渡辺周とか松原仁と一緒に離党して国民民主党に入れば良いと思いますよ。そして連合も分裂して産業系労組は全部国民民主党支持に回れば望ましい。泉健太とか小川淳也はアホだから共産党にますます取り込まれていくと思います。文字通り立憲共産党になって消えてくれれば日本のために良かったと言えます。

 立憲民主党の代表選、世間ではあまり注目されないでしょうが支持母体の連合の分裂まで含めてひそかに期待しています♪

2021年11月 1日 (月)

2021年衆議院選挙結果、自民党はまあまあ、立憲共産党は惨敗、維新だけが独り勝ち

ブログランキング参加しました。『ブログランキング』と『にほんブログ村』の2つです。よろしければクリックお願いします。

歴史ランキング

にほんブログ村 歴史ブログへ

にほんブログ村

いつも応援ありがとうございます。

衆院選 各党の獲得議席数が確定 自民261立民96維新41公明32国民11共産10れ新3社民1無10

 

 2021年10月31日は衆議院選挙の投票日でした。午後8時以降開票が進んだのですが、選挙前自民党は単独過半数の233議席も危ないと言われていたので心配していました。おかげで自民党が単独過半数を超えるまで寝れませんでした。自公で過半数でも自民党が単独過半数を割り込むと売国公明党の発言力が強まり、日本の外交・防衛問題で足を引っ張られるからです。

 マスゴミは立憲共産党による政権交代を後押しするような偏向報道を繰り返していましたが、売国勢力の思い通りにならなくて本当に良かったと思います。立憲共産党は立候補者の一本化、選挙協力をしておいて前回の議席を減らしたんですからどうしようもないですが、維新が4倍にも躍進したのは危険ですね。特に大阪の小選挙区は維新と公明のみ。おかげでまともな自民党の保守候補だった長尾敬さんや中山泰秀さんが落選したので怒りしかありません。いったい維新のどこが良いのか大阪の有権者に真剣に問いたい。維新のオーナーである橋下はテレビで異常にシナに媚びる売国発言しかしていませんよ。日本を救う高市早苗さんに対しても暴言のオンパレード、シナ様にそう言えと命令されているんでしょう。

 維新の躍進は、自民党には入れたくないが立憲共産党では日本が滅びかねないと思った有権者が維新に投票したからでしょうね。その意味では有権者は良識を示したと言えます。ただれいわと社民が議席を獲得したのは良くなかったですね。まだまだ馬鹿な有権者が多いという事なんでしょうか。

 選挙区、比例ブロックごとに見ていくと総裁選で高市さん支持を真っ先に表明した新潟6区の高鳥さんが選挙区で落選したので心配していましたが、比例復活できて一安心。同じくまともな保守の福岡2区鬼木さんは大接戦でしたが何とか勝利できて良かったです。比例中国ブロックの杉田水脈さんも当選。わが熊本2区では売国奴野田毅落選。しかし当選した無所属の西野も岸田派でどちらも財務省の犬。そして特亜の工作員。どっちもどっちでした。

 大阪だけが返す返すも悔しい。自民党は15議席減の261議席だったので総体的には良かったと思いますが選挙区ごとにみると不満も残ります。あと自民党幹事長の甘利さんはどうなるんでしょうね?比例復活したとはいえ選挙区落選ですから更迭するのが筋でしょう。だとしたら誰になるか?まともな人材じゃないと来年の参議院選挙勝てませんよ。甘利続投でも厳しい。理想は高市幹事長か萩生田幹事長・高市官房長官ですが岸田さんには無理でしょう。ろくでもない人物を幹事長に起用してダメダメになりそうな気はします。

 野党側だと愛知で立憲が居なくなったのは良かったですね。トヨタ労組が怒って支持を止めたのが大きいと思います。立憲の主張が通ると自動車産業は壊滅しますから当然です。これで産業系労組がみな立憲から離れたら連合の解体も有り得ると思うし、日本のためにも解体してほしい。立憲民主党は共産党と連携したばかりに産業系労組という大票田を失ったんですから愚かとしか言いようがありません。

 今回の衆議院選挙、いろいろ不満は残りますが自民党が261議席獲得できたのは良かったと思います。ただまともな保守政党が出てきて躍進しない限り日本の政治は良くならないでしょうね。立憲共産党とその子分たちがのさばるようでは日本を取り巻く危機に対応できません。

 皆さんは今回の選挙結果、どのような感想を持たれましたか?

« 2021年10月 | トップページ | 2021年12月 »