2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 2021年衆議院選挙結果、自民党はまあまあ、立憲共産党は惨敗、維新だけが独り勝ち | トップページ | 刀伊の入寇Ⅰ 11世紀の東アジア »

2021年11月 3日 (水)

立憲民主党はどうあがいても消滅か共産党に吸収の未来しかないと思いますよ

ブログランキング参加しました。『ブログランキング』と『にほんブログ村』の2つです。よろしければクリックお願いします。

歴史ランキング

にほんブログ村 歴史ブログへ

にほんブログ村

いつも応援ありがとうございます。

「最前線で批判ばかりしていた人が軒並み落ちた」と立民議員が大規模な路線変更の必要性を示唆


 今年の流行語大賞の最有力候補は立憲共産党ではないかとネット上で話題になっています。まあパヨクが選考しているので絶対に選ばれないとは思いますが、立憲共産党は彼らの正体をうまく表していて秀逸だと思います。

 それはそうと、さすがに今回の衆議院選挙の敗北で枝野君が辞意を表明しました。最初は辞めないと言い張ってましたが党内からの激しい批判で渋々辞任せざるを得なくなったのでしょう。本当に情けない男ですよ。そこで立憲民主党では代表選を行うそうですが、立候補予定の連中のうちまともなのは馬淵だけ。あとは泉健太とか小川淳也とか枝野と同レベルで小粒にしたようなアホばかり。共産党との共闘は止めないでしょうから彼らが代表になるのが望ましいですね。

 まかり間違って馬淵が代表になって「外交防衛など国の根幹に関わる政策では自民党に協力する」とか「日本を守るための敵基地攻撃能力賛成」などと言い出したら脅威ですから彼だけはやめてください。というか馬淵とか渡辺周とか松原仁とか立憲の中では希少なまともな議員ってどうして立憲にいるのか疑問です。国民民主党なら理解できるが立憲は彼らの政治信条とは真逆のはずですけどね。

 望ましいのは馬淵が代表選に出て敗北、路線対立で渡辺周とか松原仁と一緒に離党して国民民主党に入れば良いと思いますよ。そして連合も分裂して産業系労組は全部国民民主党支持に回れば望ましい。泉健太とか小川淳也はアホだから共産党にますます取り込まれていくと思います。文字通り立憲共産党になって消えてくれれば日本のために良かったと言えます。

 立憲民主党の代表選、世間ではあまり注目されないでしょうが支持母体の連合の分裂まで含めてひそかに期待しています♪

« 2021年衆議院選挙結果、自民党はまあまあ、立憲共産党は惨敗、維新だけが独り勝ち | トップページ | 刀伊の入寇Ⅰ 11世紀の東アジア »

 時事問題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2021年衆議院選挙結果、自民党はまあまあ、立憲共産党は惨敗、維新だけが独り勝ち | トップページ | 刀伊の入寇Ⅰ 11世紀の東アジア »