2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 着々と進む南部戦線でのウクライナ反抗作戦 | トップページ | 米ペロシ下院議長台湾到着 »

2022年8月 1日 (月)

ポーランドさん、K2よりレオパルド1A5の方がはるかにましだと思うけどね

ブログランキング参加しました。『ブログランキング』と『にほんブログ村』の2つです。よろしければクリックお願いします。

歴史ランキング

にほんブログ村 歴史ブログへ

にほんブログ村

いつも応援ありがとうございます。

 

【軍事】ポーランド、韓国から兵器を購入すると表明 FA50戦闘攻撃機、K2戦車、K9自走榴弾砲など

 

 ウクライナ戦争でポーランドは自国がもつT-72戦車をウクライナに供与しました。というのもポーランドは東側装備から西側装備にシフトしており主力戦車としてアメリカのM1A2エイブラムス250両導入が決定していたからです。その後388両まで増やしたという話もありますが、仮想敵(実際の敵になる可能性大)のロシアは戦車大国なのでこれだけでは不安です。

 そのためポーランドはT-72供与の見返りでドイツからレオパルド2戦車の提供を期待していました。が、ポーランドが希望する最新型のレオパルド2A7ではなく、ドイツはレオパルド1A5を供与すると言い出しました。ポーランドは話が違うと怒っているわけですが、冷静に考えるとドイツ本国でも225両しかないのに他国に提供できるはずはありません。

 レオパルド2はライセンス生産も含めたら8000両も生産されたベストセラーですが、メルケル政権の軍縮圧力を受けほとんどが海外に売却されました。欧州はいうまでもなく南米のチリやアジアのシンガポール、インドネシアにまで売っているんですから驚きます。

 もちろんポーランドも購入しておりレオパルド2A4、2A5を128両導入しています。ドイツはウクライナ戦争を受けて危機感を持ち軍拡真っ最中ですからレオパルド2を新たに生産するにしても自軍配備が最優先で他国に売る余裕など有りません。ポーランドとしては105㎜ライフル砲装備の旧型レオパルド1を貰うくらいなら西側標準の120㎜滑空砲装備の戦車が欲しかったのでしょう。

 ですから格安な値段で120㎜滑空砲装備の戦車が手に入るなら有り難いという事で韓国のK2戦車購入を決めたのだと理解できます。 だがちょっと待ってほしい。たしかにK2戦車は何も知らない国から見たら良さそうに見えます。しかし実態を知っている我々日本人から見ると安物買いの銭失いになると心配するんですよ。

 そもそも韓国は自国製のパワーパックを開発できずドイツ製パワーパックを搭載した初期生産型しか運用できていません。しかもその他の信頼性も低いのでK1戦車の改良型を主力にしようという話も出てくる始末。よくそんな体たらくで海外に売ろうと思ったなと、厚顔無恥さにある意味感心している所でした。

 私はK2戦車の耐久性にも疑問を持っていまして、主砲を発射したら砲身が破裂するのではないかと思っているくらいです。実際K9自走砲はそうなりましたからね。そして一番の欠陥はそもそもドイツ製パワーパックとK2の車体設計が適合していないのではないかという指摘もあります。

 韓国で一番信頼性が高いのはアメリカ製のM48だという笑えない話もあるくらいですから、ただか格安で譲ってもらうならレオパルド1A5の方がはるかにましだと思えるんですが。レオパルド1A5は最終生産型(本当は1A6もあるが試験採用のみ)で射撃管制装置を一新し、120㎜滑空砲も搭載できるようになりました。105㎜ライフル砲でも中東戦争の戦訓からT-72は撃破可能です。西側の照準装置はかなり優秀ですからね。APFSDS(装弾筒付翼安定徹甲弾)も撃てるんですからK2よりははるかに実戦に役立つと思うんですよ。

 K2はどんなに値引きしてもレオパルド1A5より安くなることは無いでしょうし、真剣に国防を考えるならこっちにしたほうが良いと思うんですけどね。ポーランドさん、再考をお願いしますよ。

« 着々と進む南部戦線でのウクライナ反抗作戦 | トップページ | 米ペロシ下院議長台湾到着 »

 時事問題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 着々と進む南部戦線でのウクライナ反抗作戦 | トップページ | 米ペロシ下院議長台湾到着 »