2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 本日は終戦の日 | トップページ | モンゴル遊牧国家の首都とオルホン川 »

2022年8月17日 (水)

台湾有事とマスゴミの統一教会騒動は繋がっている

ブログランキング参加しました。『ブログランキング』と『にほんブログ村』の2つです。よろしければクリックお願いします。

歴史ランキング

にほんブログ村 歴史ブログへ

にほんブログ村

いつも応援ありがとうございます。

 安倍元総理の暗殺事件でテロリスト山上が統一教会への恨みが動機だと自供したことから始まった統一教会騒動と、教会と関係が深いとされた自民党安倍派への謂れもないバッシング。マスゴミの偏向報道で支持率が下がるのを恐れた岸田総理はしなくても良い内閣改造をして保守政治家を排除し岩盤支持層である保守層の信頼を完全に失いました。

 このまま岸田政権の支持率は下がりはじめ長くはもたないでしょう。その際、マスゴミは偏向報道で自民党を貶め続け選挙で負けるように仕向けると思います。よもやそれで悪夢の政権交代が起こるとは思えませんが、マスゴミは次善の策として売国奴河野太郎を自民党総裁にしようと画策するに違いありません。

 そして河野太郎政権が誕生したら即台湾有事です。この一連の流れを誰が画策したかと言えば、私はシナだと思います。山上の個人情報が事件後数時間も経たないうちにマスゴミに漏れたのもそうだし、安倍元総理は被害者にもかかわらず今でも謂われないバッシングで貶められ続けています。暗殺事件もシナが黒幕ならマスゴミが暴走しているのもシナの指令でしょう。そう解釈しないとこの異常な状況は説明できないと思います。マスゴミはこの事件が起こるのを事前に知っていたし、奈良県警にも内部協力者がいたと見ています。

 その目的はシナ人民解放軍が台湾侵攻するとき日本を大混乱に陥らせて在日米軍、自衛隊が動けないようにするためだと考えています。さらにマスゴミの言論テロ、日本に潜む特亜の工作員を使ってインフラに対する深刻な打撃も心配です。これを陰謀論と一笑に付す人も多いでしょうが、あまりにも不自然なことの連続は説明できません。

 岸田総理がもしまともな政治家だったら、日本が置かれている危機を敏感に察知し暴走するマスゴミを外患誘致罪かテロ等準備罪で一網打尽にしているはず。そこまで日本は追い詰められていると思います。しかし、悲しいかな危機意識の薄い岸田総理は内閣で一番国防意識の高かった岸防衛大臣を更迭し、シナのスパイと目されている林外相を留任させました。そればかりか岸さんの後任に野田聖子と仲の良い売国奴浜田靖一を据えるなど日本の国防など全く考えない私利私欲の人事を行いました。

 これを見ると岸田総理自身も特亜の工作員じゃないのかとすら疑いますよ。岸田総理のままでも、おそらく台湾有事が起こったら右往左往して何も決断できないでしょうからシナは台湾侵略をやりやすいでしょうね。シナにとっては政権交代や辞任しなくても岸田政権が支持率激減し死に体になってくれるだけで良い。

 台湾有事は日本有事。シナがペロシ下院議長の台湾訪問に怒って台湾周辺で行った軍事演習では、日本のEEZ内にも弾道ミサイルを撃ち込みました。なのに岸田総理はNSC(国家安全保障会議)すら開いていません。この危機意識の無さは絶望です。シナ人民解放軍が台湾侵攻するときに、日本の南西諸島へのミサイル攻撃の予行演習だとシナははっきり言っていますよ。どこまで舐められたら気が済むんですか!

 平和ボケ日本国民も情けない。マスゴミの統一教会報道に踊らされて日本の本当の危機を理解しないばかりか連中の偏向報道は憲法改正阻止、日本の国防力強化阻止の陰謀だと気付いていないんですから絶望します。その証拠にマスゴミがバッシングしているのは自民党安倍派と保守議員ばかりですよ。本当に統一教会や韓国の影響を受けているのは自民党の売国議員、売国野党、マスゴミの方でしょうに。

 安倍元総理や自民党保守政治家は消費者契約法改正で霊感商法できなくしたいわば統一教会の天敵です。消費者契約法改正では完全に被害者救済できないからもっと規制強化すべきという報道ならまだ理解できるが、全くそれは報じずいかにも安倍さんや自民党保守派が統一教会の強い影響を受け韓国に甘い対応をしているとばかりの嘘報道を繰り返しているのは悪質です。

 このブログを読んでくださっている皆さんは、当然この状況を理解し危機感を持っていると思いますが、残念ながら大多数の日本人は理解していません。このままでは日本は滅亡すると私は非常に危惧しています。何とかマスゴミの横暴に鉄槌を下したいと思いますが、それには世論の後押しが必要です。一人でも多くの日本人が覚醒するために私も微力ながら努力するつもりですが、志を同じくする皆さんもそれぞれが日本のために動いてください。本当に本当にお願いいたします!

« 本日は終戦の日 | トップページ | モンゴル遊牧国家の首都とオルホン川 »

 時事問題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 本日は終戦の日 | トップページ | モンゴル遊牧国家の首都とオルホン川 »