2023年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

« ウクライナに送る輸送トラックは何がふさわしいか? | トップページ | ロシアに現代戦を戦う資格はない »

2022年9月27日 (火)

そのうち徴兵忌避のロシア人が大挙して日本にも来るぞ

ブログランキング参加しました。『ブログランキング』と『にほんブログ村』の2つです。よろしければクリックお願いします。

歴史ランキング

にほんブログ村 歴史ブログへ

にほんブログ村

いつも応援ありがとうございます。

ロシア人、モンゴルへ脱出 国境に行列、現地報道

 ウクライナ戦争で劣勢に立たされている侵略者ロシア。プーチン大統領は形振り構っていられなくなり禁じ手ともいうべき部分的動員令を発しました。最初は30万人で予備役中心という話でしたが、その後漏れてくる情報では100万人以上の徴兵を計画していると発覚しロシアの若者たちがパニックになっています。

 最初はフィンランドとかラトビアなど西側諸国に脱出。次いでトルコ。トルコも駄目になると今度は中央アジアのウズベキスタンとかカザフスタンなどのイスラム圏。これも難しくなると今度はモンゴルです。早々にロシア人の入国を禁止したラトビア、入国禁止を検討しているフィンランドはともかく、綺麗事大好きなドイツは徴兵忌避のロシア人を人道的観点から受け入れるなどと馬鹿な発表をしました。ただEUとロシアとの航空便は途絶し陸路からの入国も困難なのでただのポーズなんでしょう。

 ロシア人に入ってこられる諸国も迷惑ですからいずれ入国拒否されると思います。EUは人道的観点からすでに入っているロシア人を強制送還まではしないと思いますが、トルコとか中央アジアのスタン諸国は平気でやりますよ。そうなると泣きっ面に蜂。帰国したら問答無用で徴兵でしょうね。民間軍事会社ワグネルにスカウトされた3000名の囚人兵のほとんどは戦死したそうですから、彼らの運命も推して知るべし。

 ロシア軍は正規兵を温存するために囚人兵とか徴集兵を弾除けにしてウクライナ軍に攻撃させ敵の位置を特定、それを見て攻撃しているそうですからまず生きては帰れないでしょうね。それを知っているからロシアの若者も国外脱出を図っているのでしょうが、トルコへの航空便などチケットが150万円くらいに高騰しているそうですから庶民には無理でしょう。哀れとしか言いようがない。

 いまさら言っても無駄でしょうが、ロシア人の皆さんあなた方が生き残るには革命を起こしプーチン政権を倒すしかありませんよ。国外脱出は難しいし万が一脱出できてもその国が信義にもとる国なら強制送還されます。そして問答無用で徴兵、ウクライナの土になるという絶望のコースです。

 日本も決して他人ごとではないと思います。世界中から入国拒否されると日本へ来る連中も出て来ると思います。岸田政権が未来を予見できるなら今のうちに入国拒否を宣言すべきなんですが、危機意識ゼロの岸田さんはその時になって慌てるでしょうね。樺太とか北方領土から漁船に乗ってロシア人が大挙して押し寄せたらと思うとぞっとします。モンゴルにまで行こうとする連中ですから日本にも来ると思いますがね。

 皆さんは、ロシア人対策どうすれば良いと思いますか?岸田政権の動きがあまりにも遅すぎるし無策に見えるのは私だけでしょうか?

« ウクライナに送る輸送トラックは何がふさわしいか? | トップページ | ロシアに現代戦を戦う資格はない »

 時事問題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ウクライナに送る輸送トラックは何がふさわしいか? | トップページ | ロシアに現代戦を戦う資格はない »