2023年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

« 2022年9月 | トップページ | 2022年11月 »

2022年10月

2022年10月31日 (月)

財務省は日本を滅ぼそうとしているのか?

ブログランキング参加しました。『ブログランキング』と『にほんブログ村』の2つです。よろしければクリックお願いします。

歴史ランキング

にほんブログ村 歴史ブログへ

にほんブログ村

いつも応援ありがとうございます。

【防衛予算】自衛隊は「人員増ありき」 財務省が見直し求める 財政審で議論


 岸田政権が、国際公約である防衛費対GDP比2%を実現する気がないのは分かっていましたが、その根本は財務省だったんですね。財務省は防衛費どころか国防そのものを弱体化させようとしています。人員増ありきだから削減しろなどまともな感覚と国防意識があれば絶対にできない発言です。

 防衛省側は定員24.7万人なのに予算上の人員が23.3万人なので定員分の予算をくれと言っているだけなのに、こんなことを言うのは異常ですよ。そういえばウクライナ戦争の初期を見て「ジャベリンがあるから戦車は要らないだろう」と陸上自衛隊に戦車の削減を要求したのも財務省でしたね。最近ウクライナ軍が反転攻勢をし戦車が活躍しだしたら沈黙しましたが…。

 財務省は増税と予算削減しかないのかと呆れます。国家観も国防意識の欠片もない。というより私はシナの工作員が多数紛れ込んでいる疑いすら持ちますよ。いくら省益だけで国益を全く考えないと言っても、国際情勢を見たら自分たちの主張が異常で利敵行為になると分かりそうなものなのに、平気で売国発言できるんですからね。

 一説では今年中にも台湾有事が起こると言われているのに、財務省という獅子身中の虫を抱えていれば日本は満足に戦えません。その前に台湾有事が日本有事になるという常識も無いんでしょうな。経産省もろくな役所じゃありませんが、少なくとも建前上は国益を考えています。ところが財務省はそれすらない。財務省の操り人形だと言われる岸田政権でこの難局を乗り切れるのでしょうか?

 安倍元総理は財務省がどんなに反対しても国防上の問題では全く聞く耳を持ちませんでした。だから安保法制もでき日本をまともな国防ができるよう自衛隊増強も推進できたと思うんですよ。しかし安倍さん亡き今、岸田総理に財務省に逆らって国防強化できるのか非常に疑問です。

 財務省が卑怯なところは、あの手この手で国防力強化を妨害しているくせに防衛費増は国際公約だからと理由をつけ増税しようとしている点です。ここまで卑劣な組織が今まであったでしょうか?(呆)私はスパイ防止法ができたら政治家、マスゴミと共に最優先で財務省を調査してほしいと強く願います。そのためには無能な岸田総理には退陣してもらって高市さんのような国家観と国防意識の高いまともな総理に代わってもらうしかありません。


 皆さんは財務省の卑劣な言動、どのような感想を持たれましたか?私は怒り心頭です。

2022年10月29日 (土)

日本政府、巡航ミサイルトマホーク購入検討

ブログランキング参加しました。『ブログランキング』と『にほんブログ村』の2つです。よろしければクリックお願いします。

歴史ランキング

にほんブログ村 歴史ブログへ

にほんブログ村

いつも応援ありがとうございます。

<独自>政府、米「トマホーク」購入検討 反撃能力の保有念頭


 ようやくこういう時代になりましたか。12式地対艦誘導弾をベースに能力向上させ地上発射のみならず空中発射、艦船発射(潜水艦発射も?)ができるようにし、射程1500㎞以上を目標にしているくらいですから、トマホーク導入のハードルは事実上なくなっていました。ただ12式地対艦誘導弾能力向上型の開発はまだ始まったばかりで完成まで時間がかかります。台湾有事は待ってくれないんですからその間を埋めるためにアメリカからトマホークを購入するのは当然です。

 今ならアメリカも売ってくれると思いますよ。正直言うとアメリカは矢面に立ちたくないはず。ウクライナでもそうだったようにまずは同盟国自らが侵略に立ち向かい、アメリカは情報や武器の援助で済むならそれに越したことはないですから。今までの日本は同盟国アメリカに甘えきりシナやロシアの侵略にもアメリカが率先して戦ってくれると勘違いしていました。そんな馬鹿な話はない。まずは当事者である日本が戦うべき。侵略者の軍事力が強すぎて日本だけでは勝てない状況になった時にアメリカの援助を受けるというのが筋だし、アメリカ議会も認めないでしょう。

 読売新聞の報道によると、アメリカもトマホーク売却に前向きだそうですから報道通りなら実現しそうです。トマホークは直径533㎜以下。弾頭重量1000ポンド(454㎏)、タクティカルトマホークなら射程3000㎞あります。速度は880㎞/hと遅いですが、低空を飛行し地形を這うように進むのでレーダーに捕捉されにくく、何よりも実績があります。そして嬉しいのは海上自衛隊の護衛艦が装備するMk.41VLSから発射できること。システム上の改修は必要でしょうが。潜水艦の533㎜魚雷発射管からも撃てます。米海軍の場合はVLSから発射しているようですが。イギリスのアスチュート級などの攻撃型原潜は魚雷発射管からなので日本の潜水艦からもできると思いますよ。

 日本の護衛艦はVLSに搭載する07式SUM(対潜ロケット)の数を減らしてトマホークを積んでも良いと思うんですけどね。任務によっては大半をトマホークに積み替えるべきだと思います。理想的にはアメリカと核シェアリングして弾頭を核に替えることもできると宣言すれば核抑止になりますよ。実際に積まなくても脅しには使えます。ロシアが最近偽旗作戦で汚い爆弾(核廃棄物爆弾)を使うと恫喝していますが、日本も核廃棄物はあるんだから最悪これでも積んだらどうでしょうか?

 夢は広がりますが、流石の平和ボケ日本もようやくまともな防衛政策を採用し始めたという事なんでしょう。これが岸田総理自ら言い出したのなら良いんですが、おそらく現場の声に押されて渋々という可能性が高いのが嘆かわしい。というか岸田さんは国防の何たるかを全く知らなさそう。危機意識ゼロの総理は一刻も早く退陣してもらいたいですよ。我々の命がかかっているんですから。

 特亜の指令を受けた売国野党がぎゃあぎゃあ騒ぎそうですが、その時は12式地対艦誘導弾能力向上型の話をしてトマホーク議論が無意味だと反論すべきですよ。そして国防に反対する者にはスパイ防止法制定までちらつかせるべきです。

 皆さんは巡航ミサイルトマホーク導入のニュース、どのような感想を持たれましたか?

2022年10月27日 (木)

所詮韓国はブラウンウォーター・ネイビー(沿岸海軍)だからね

ブログランキング参加しました。『ブログランキング』と『にほんブログ村』の2つです。よろしければクリックお願いします。

歴史ランキング

にほんブログ村 歴史ブログへ

にほんブログ村

いつも応援ありがとうございます。

韓国海軍の艦艇がゴテゴテした上部構造物だらけで今にも転覆しそうな代物だと判明、トップヘビー以前の問題だ

 いつもの韓国ネタですが、ちょっと真面目な話。

 韓国は仮想敵国日本に対抗し必要もない空母を欲しがったり原子力潜水艦まで建造しようとしています。それは別に構わないんですが、守るべき海域も狭く直接対峙する北朝鮮に対して海軍の必要性は低いはず。韓国が本気で国防を考えるなら在韓米軍と協力体制を強化するのは当然として有事に助けてくれる在日米軍や、補給などの面でお世話になる日本と敵対するのは愚の骨頂です。

 同盟国ではなくてもアメリカを通じて間接的同盟関係にあるはずの日本に対して、戦争行為に当たる火器管制レーダー照射事件を起こし謝罪もせず日本が悪いと一方的に濡れ衣を着せる卑怯な態度を示す韓国に日本が協力できるでしょうか?こんなならず者国家とは一切の関係を断ちたいと思うのが人情です。

 韓国が必要とする軍備はまず陸軍、そしてそれをサポートする空軍で海軍はある程度の能力があれば良い。そして北朝鮮のミサイルが脅威と思うなら防空能力を最優先で強化すべきです。日本円で5兆円前後の国防予算があるんだから、まともな軍備をすれば北朝鮮に十分対抗できるはず。ところが必要性が全くない空母や原子力潜水艦建造に狂奔しているから予算がいくらあっても足りないのです。連中は日本と戦争する気なんでしょうな。そうじゃなかったらあり得ません。

 実際韓国がイージスシステム搭載駆逐艦と自慢している世宗大王級駆逐艦にしてもVLS(垂直発射装置)にMk.41を80セルの他に国産VLSを48セルと何と合計128セルも搭載しています。アメリカのタイコンデロガ級ミサイル巡洋艦でも122セルですよ。アーレーバーク級ミサイル駆逐艦は当初90セル、フライトⅡA以降でようやく96セルです。日本のあたご型も96セル。

 汎用駆逐艦の李舜臣級の32セルはまあ良いとして、満載排水量がたった3500トンしかない大邱級フリゲートにはVLS16セル、5インチ単装砲、対艦ミサイル発射管8基、三連装短魚雷2基、ファランクスCIWSとこれでもかと詰め込んでいます。その上哨戒ヘリコプター1機も搭載ですからね。これじゃトップヘビーになって遠洋航海などとてもできません。転覆の危険が常に付きまとっています。

 日本の最新フリゲートもがみ型は満載排水量5500トンですが、大邱級はそれと同等の重武装ですよ。そりゃ武装を積み込めば積み込むほど戦闘力は上がりますが、まず大前提として軍艦は転覆しないことが最優先です。要はバランス重視ですよ。

 韓国が日本を憎み仮想敵にするのは勝手ですが、本当に日本を敵に回して国が存続できると思っているんでしょうか?現状だと日本は憲法9条を盾に半島有事が起こっても一切韓国を助けませんよ。在留邦人も見殺しです。そればかりか在日米軍が韓国を助けに行くのも許可しないかもしれません。こんな体たらくなら骨董品の兵器しかない北朝鮮にも簡単に負けるでしょうね。軍隊としての体をなしていないんですから。その前に国家としての体もなしていないが…。

 完全に腐敗体質で現状認識力もなく、戦略ではなく感情で動いている韓国に何を言っても無駄でしょうが、調子に乗っていると国そのものがなくなるぞと警告しておきます。滅びるのは勝手だが日本だけには迷惑をかけないでほしい。その際は在日諸君も熨斗をつけてお贈りします♪愛する祖国の土となってくださいな(笑)。

2022年10月25日 (火)

防衛研究所高橋杉雄氏のマスゴミに対する怒り

ブログランキング参加しました。『ブログランキング』と『にほんブログ村』の2つです。よろしければクリックお願いします。

歴史ランキング

にほんブログ村 歴史ブログへ

にほんブログ村

いつも応援ありがとうございます。

Photo_20221025090301

 私はリアルタイムでは見ていなかったんですが、ツイッターで話題になっていたので後で知りました。高橋さん、相当怒っていましたね。ウクライナ戦争の厳しい現実を見て、台湾有事が間近に迫っているにもかかわらず、相変わらずテレビマスゴミは防衛力強化に反対し外交で解決などと世迷言をほざいています。テレ朝ワイドスクランブルでも直前に元NHKの糞コメンテーター柳澤が従来のマスゴミの主張通りの馬鹿発言を繰り返していました。

 あまりの現実無視の暴論に我慢の限界に達した高橋氏が発言したのがこれです。そもそも日本はマスゴミの偏向報道に踊らされ外交重視、防衛軽視を続けてきました。その結果が現在の惨状です。日本国民を守るために防衛費を大幅増額し防衛力強化をするのが当然なのに、マスゴミはそうなるのが嫌なんでしょうね。よほどの愚か者でなければ背後に日本を敵視する外国勢力がいると思うのが自然です。私はそれがシナだと思いますが、まともな良識を持った日本人は気付いていますよ。

 今国会で論ずべきは国防問題でしょうに。ところが現実はマスゴミが主導した統一教会問題ばかり。我々国民もおかしいと思わなければ駄目ですよ。はっきり言って統一教会にどんな問題があろうと法律に違反していれば取り締まるだけ。国会で論ずる問題ではない。統一教会で人は死なないが台湾有事では確実に犠牲者が出ますよ。この違いを分からなかったら馬鹿です。

 テレビしか情報源の無い情弱愚民が多いから、マスゴミの扇動する統一教会が話題になり国会すらそれ一色になるんですから終わっています。シナは笑いが止まらないでしょうね。台湾有事が起こっても統一教会騒動を続けるつもりかと真剣に問いたい。シナは太陽光パネルや上海電力で確実に日本に侵略を仕掛けていますよ。その利権にどっぷり浸かっている自民党の悪徳政治家と維新。公明党は完全にシナの下僕だし、売国野党は最初から特亜の工作員です。

 自民党でもまともな保守議員はごく一部。そして大半の国民も己に迫った危機に気付かずマスゴミの作り上げた問題に狂奔する。こんな体たらくで良いんですか?ウクライナでは国民一丸となって侵略者ロシアと戦っていますよ。海外に逃げた者も数多くいたが、大多数のウクライナ人は祖国に残って自分のできる範囲で国防に協力しています。はたして有事の時日本人はお国のために戦えるのか、非常に疑問です。

 私は病気持ちで体力もないですがいざとなったら銃くらいは撃てるし覚悟を持っています。戦えない者でも、救護や物資支援などできる範囲で国防に協力したいと思っている日本人がどれくらいいるか?ワイドスクランブル視聴者で高橋氏の魂の叫びに共感した者がどれくらいいたのか、非常に疑問です。柳澤のような狂った言説に共感した人間が多いんじゃないかと憂います。

 我々国民が目覚めない限り日本に未来はなくと私は思います。皆さんは高橋杉雄氏の発言、どのような感想を持たれましたか?

2022年10月23日 (日)

日本の現状

ブログランキング参加しました。『ブログランキング』と『にほんブログ村』の2つです。よろしければクリックお願いします。

歴史ランキング

にほんブログ村 歴史ブログへ

にほんブログ村

いつも応援ありがとうございます。

Photo_20221023091201

 ツイッターに上がっていたんですが、日本の現状を良く表す画像だと思いました。日本のマスゴミにとって真実などどうでも良く親分であるシナの意向に従って日本人を洗脳し扇動し、シナが日本を侵略するとき抵抗できなくさせようとしています。実際、沖縄や北海道、静岡はそうなりつつあります。マスゴミは報道しない自由を駆使し特亜工作員のような首長を誕生させ、シナに日本の土地を買いまくらせています。エネルギー問題でも、太陽光パネルの危険性を全く報じず綺麗事を並べ立てむしろ良いことのように真っ赤な嘘を垂れ流しています。

 マスゴミは熱海土石流災害など無かったことにしています。毎年起こる豪雨災害でも太陽光発電施設が決壊し洪水になったことも多いのにマスゴミが報じたところを見たことがありません。我々はネットで知るのみです。その最たるものは上海電力問題でしょう。日本に上海電力を引き込んだ元凶である橋下徹は今でも堂々とテレビに出演し御託を並べていますよ。日本の電力インフラを外国勢力、特に日本の敵であるシナに委ねることの危険性を報じないマスゴミはシナの手先であり国賊だと思います。

 かつて、愛国者としても有名だった作曲家、故すきやまこういち先生は「今の日本は日本人と反日軍の戦いだ」と仰っていました。私も全く同感です。反日軍はマスゴミを筆頭とし反日左翼勢力、売国野党の連合体です。その背後には明らかにシナがいます。

 上の画像ではマスゴミによって真実が撃たれて亡くなっていますが、統一教会騒動に隠され安倍元総理暗殺事件の真実が葬り去られようとしています。そもそも安倍元総理暗殺の直後から、30年近く放置していた統一教会問題をマスゴミが急に騒ぎ出したのも不自然です。暗殺犯山上の供述を鵜呑みにし、統一教会と自民党がずぶずぶの関係だと明らかな印象操作をしています。もちろん山際など本当のずぶずぶ議員はいます。しかし少なくとも安倍さんは2018年に消費者契約法を改正し霊感商法を事実上できなくした功労者だし、自民党安倍派で本気で日韓トンネルを推進しようとしている者はいないと思いますよ。福田達夫とか一部の売国奴は別として…。

 そう言えば、安倍元総理暗殺事件の真相を追及している青山繫晴議員を警察幹部が脅迫してきたそうですね。一連の統一教会騒動は相当根が深いと思います。マスゴミだけでなく政党、官僚組織まで浸透したある勢力の関与を疑います。私はそれをシナだと思いますが、こればかりは証拠がないので断言はできません。

 台湾有事が間近に迫る中、日本はシナの工作によって内部から崩壊しようとしています。ある意味シナの工作を感心しますよ。いや感心していてはいけないんですが…。問題は岸田総理に全く危機感がないこと。国際的に約束した防衛費大幅増ですら海保の予算を組み込もうとするなど水増しでごまかそうとしています。こんな体たらくじゃスパイ防止法とかとても無理ですね。いったい何が危機かも分かってなさそう。

 だいたい防衛費大幅増は世界のためでなく自国のためなんですがね。危機感ゼロの無能総理は一刻も早く退陣してほしい。そのためにはマスゴミのバッシングで支持率が急落するのは大歓迎なんですが、現状だと後継総理に茂木や河野太郎がなりそうで絶望しかありません。我々日本の未来を憂うまともな保守が団結して高市さんなり岸さん、萩生田さんを応援するしかないかもしれません。そしてそれができなかったら日本滅亡です。

 日本人は特亜の手先である売国奴マスゴミに絶対負けるわけには行けないのです。皆さんはこの画像、どのような感想を持たれましたか?

2022年10月21日 (金)

台湾有事が間近に迫っているのに今の日本の政治状況は異常

ブログランキング参加しました。『ブログランキング』と『にほんブログ村』の2つです。よろしければクリックお願いします。

歴史ランキング

にほんブログ村 歴史ブログへ

にほんブログ村

いつも応援ありがとうございます。

【台湾問題】安倍元首相の不在、「場合によって武力侵攻の可能性」と習主席が明言も…国内問題に気をとられている日本、米専門家が憂慮


 私も非常に憂いていました。アメリカの専門家から見てもおかしいという事でしょう。安倍元総理を暗殺したテロリスト山上の思惑通り、事件の本質はそっちのけで山上の供述通り統一教会へ焦点が移りマスゴミは元より売国野党まで結託し国防問題を無視し統一教会叩きに狂奔しています。

 私は山上単独犯行説にも疑問を持っていまして、現在の状況を見ると背後にシナ工作員がいたと疑わざるを得ません。シナの手先マスゴミも事件の真相追及をせず統一教会を利用して自民党叩きをすると決めていたのではないか、とすら思います。そして情弱愚民はまんまとマスゴミの偏向報道に洗脳され統一教会と共に自民党まで憎んでいます。

 はっきり言って統一教会など碌なものではありませんが、法律に違反しているなら刑事事件で告発すれば良いだけ。国会を統一教会一色にする必要がどこにあるんでしょうか?統一教会で人は死んでいませんが、台湾有事は日本国民にも犠牲者が確実に出ますよ。自分たちの命がかかっているのに平和ボケも甚だしい。私のように真剣に憂いている人も少なからずいるとは思いますが、まだまだ少数派なのが本当に悔しい。

 一番の問題は岸田総理でしょうね。国際的に約束した防衛費対GDP比2%すら実現する気が無く、海上保安庁の予算を防衛費に組み込むなど水増しでごまかそうとしています。ここまで卑劣な態度があるでしょうか?NATO諸国は海上保安庁に相当する組織がありますが、準軍隊という扱いですよ。海保を自衛隊の指揮下に置くと言うならともかく、国交省配下のまま予算だけ防衛費にくっつけるなど言語道断です。しかも防衛費増額のために増税さえ検討する始末。防衛費増額分は防衛国債にすべきです。これを見ても岸田さんが本気で国を守る気がないことが分かります。

 シナの習近平が台湾有事を決断しそうなのは、米バイデン政権と日本の岸田政権の弱腰を見越してのことだと思いますよ。もし安倍さんが総理を続けていればシナも台湾侵攻を躊躇したと思います。その意味でも安倍さんが亡くなったのは本当に惜しい。総理でなかったとしても安倍さんがいたら岸田総理はここまで好き勝手出来なかったと思うんですよ。

 岸田総理の支持率が急落していますが、もし退陣したとしても今のところ有力なのは媚中派の茂木幹事長。そしてマスゴミがごり押しする河野太郎。絶望しかありません。このままシナとマスゴミの思惑通り売国総理が誕生したら日本は本当に滅びますよ。安倍派はもっと危機感を持つべき。萩生田さんなり岸さんなりにまとまって岸田政権と対峙すべきです。そして自民党保守派は日本を守るために高市さんに支持を一本化すべきだと思います。今は私利私欲で政治をすべき時ではない。

 我々国民の命も掛かっているんですから、統一教会騒動などに踊らされず真剣に国防を考えるべきですよ。シナやマスゴミの薄汚い陰謀に加担してよいのですか?皆さんのご意見をお聞かせください。

2022年10月19日 (水)

日経新聞も売国新聞か?(呆)

ブログランキング参加しました。『ブログランキング』と『にほんブログ村』の2つです。よろしければクリックお願いします。

歴史ランキング

にほんブログ村 歴史ブログへ

にほんブログ村

いつも応援ありがとうございます。

ゼロチャイナなら国内生産53兆円消失 中国分離の代償


 日経新聞が経団連御用新聞ではあっても経済専門誌ではないというのは周知の事実だと思います。「日経新聞は経済記事以外は良いこと書いているのに」と揶揄されているほどです。

 それにしてもこの期に及んでこんなこと書いているんだから末期症状ですよ。おそらくシナで儲けている薄汚い経団連の意向に沿った記事なんでしょうが、こいつら本当に現実を分かっているのかと呆れます。

 アメリカが今回打ち出した対シナの半導体規制は本気ですよ。最先端の半導体だけでなく現行の主力世代までシナへの輸出禁止、半導体製造機械も輸出禁止、メンテナンスなど半導体に関わるものすべて禁止という強烈なもの。そればかりか、シナで半導体を製造しているアメリカ企業(とアメリカ人)も米政府の意向に逆らい製造を続ければ国籍剥奪という情報も入っています。これはガセネタっぽいですが…。

 アメリカ主導のシナ半導体の締め上げですが、日本も当然入っています。というか、アメリカの意向に逆らったら日本企業は潰れますから従わざるを得ません。韓国は最後まで嫌がったそうですが、これに参加しないと潰れるので最後は屈したそうです。

 どうしてここまでアメリカがシナに対し厳しい態度に出たかというと、一つはウクライナ戦争で苦境に立っているロシアにシナが半導体を輸出したり半導体を使った兵器を援助できないようにするためです。そして将来の対シナ戦争でアメリカはじめ西側諸国が優位に立つためだと言われます。現行の主力世代までの半導体が製造できないと、例えばスマホなども今のモデルと同じ機能を維持するためには何倍も大きなものを作らざるを得なくなるそうです。それはすでにスマホではないですよね。

 となると当然日本企業はシナから撤退しなければ生き残れません。53兆円の損失とか世迷言を言っている場合ではないんです。53兆円と企業の存続のどちらかを取るかは馬鹿でも分かる話。というかチャイナリスクを無視してシナ市場にのめり込んだ愚かな企業の自己責任でしょうに。利口な企業はすでにシナから撤退し始めていますよ。

 我々のような経済の素人でも分かる話なのに、経済専門誌を自称する日経新聞の愚かさは呆れ果てます。苦境に立っているシナから頼まれた記事なんでしょうが、こんな記事ばかり書いているから信用を失うんですよ。皆さんは日経新聞のこの記事、どのような感想を持たれましたか?

2022年10月17日 (月)

ウクライナ戦争 1万人の精鋭と30万人の烏合の衆

ブログランキング参加しました。『ブログランキング』と『にほんブログ村』の2つです。よろしければクリックお願いします。

歴史ランキング

にほんブログ村 歴史ブログへ

にほんブログ村

いつも応援ありがとうございます。

1万人のウクライナ兵がイギリスでの軍事訓練を終え帰国!

 先日イギリスで訓練していたウクライナ兵が訓練を終え帰国したそうです。その数1万人。これは第二波だそうですから第一波も同じくらいの規模だったと想像します。調べてみると訓練期間は120日(三ヶ月)。前線における戦闘スキル、基本的な医療訓練、サイバーセキュリティ、対爆発物戦術などを学びます。おそらく派遣されるウクライナ兵はずぶの素人ではないはずですから、NATO式の戦術を叩きこむのでしょう。

 1万人と言えばかなりの規模です。師団の戦闘員だけをカウントするとほぼそれくらい。現在だと旅団編制が中心ですから2個旅団か3個旅団くらいに相当します。しかも訓練で使用した西側装備もそのまま与えられるそうですから、実質NATO軍が1万人ウクライナ戦争に投入されるようなもの。ロシアにとっては嫌でしょうね。

 これは歩兵だけでなく、空軍のパイロットも訓練していると言われます。将来的にアメリカのF-16などを供与する布石かもしれません。どんどんロシアは追い詰められていますな。

 一方、ロシアの方は予備役を中心に30万人の部分動員と言いながら管理が杜撰で全く軍隊経験の無い者を帳尻合わせでどんどん動員しています。そして2~3日のおざなりの訓練で戦場に逐次投入していますから、酷い例だと徴兵されてわずか一週間で死体となって帰ってきたケースもあったそうです。ネットの情報によるとずぶの素人の兵士たちは固まって行動するため、そこに砲弾が命中すると瞬時に壊滅します。なのでふつうは分散して行動し一発の砲弾で大きな被害が出ないようにするものです。こういう基本中の基本も教えられないまま戦場に送り込まれるんですからたまったものではありませんよ。

 おそらく銃の撃ち方くらいしか教えないんでしょうね。建前上は予備役で軍隊経験があるから基本はできているという考えなのでしょうが、実際はずぶの素人ですから分かるはずありませんよ。もっとも骨董品のモシン・ナガンの撃ち方を教えられても現代戦で通用するはずありませんが…。

 ある程度の軍隊経験がある兵士をさらにNATO基準で精鋭に鍛え上げるウクライナ軍、全く軍隊経験のないずぶの素人を戦場に送り込むロシア軍、今の戦況を象徴しているような気がします。いまはまだ生き残りの正規兵がいるからロシア軍も持ちこたえられていますが、一説ではすでに9万人が戦闘不能(戦死と負傷)になっているそうですから、このバランスが崩れたら一気に押し込まれるような気がします。

 そう考えるとプーチンのウクライナ侵略の決断は無謀だったんでしょうね。

2022年10月15日 (土)

ウクライナ戦争 ロシアの笑えるが笑えない話

ブログランキング参加しました。『ブログランキング』と『にほんブログ村』の2つです。よろしければクリックお願いします。

歴史ランキング

にほんブログ村 歴史ブログへ

にほんブログ村

いつも応援ありがとうございます。

ウクライナ「投降ホットライン」ロシア兵助命願い

 ウクライナ情報局が、ウクライナ戦争に従事しているロシア兵に対し降伏のやり方などを指南するホットラインを開設したそうです。その他、ロシア軍陣地に向けて降伏のやり方を書いたパンフレットも散布したと言います。

 一見冗談のような話ですが、実際5000人以上のロシア人から問い合わせが来ているとか。特に部分動員(最後は総動員になると思うが…)の対象になった徴集兵からが最も多く、電話がつながらなくなってロシア人たちから文句が出ているとのこと。そりゃそうでしょ、自分の命がかかっているんですから。

 ウクライナ側も別に優しさからやっているのではなく、降伏するロシア兵が増えればそれだけ敵の戦力を削ることが出来るからです。とはいえ、あまりに降伏兵が増えればその世話に国力が削がれますから痛し痒しです。穿った見方をする人がいて、これはロシアの深謀遠慮ではないかという人も居ます。大量の捕虜を送り出してウクライナの国力を弱体化させるのが目的ではないかというのです。これはあくまで冗談ですが。

 それはともかく、徴兵され碌に訓練もされず満足な装備も与えられないままウクライナの戦場に送り込まれた兵士が戦わずウクライナ軍に降伏した動画が上がりましたね。この兵士、ロシアにいるときに投稿ホットラインに連絡していたそうですから頭良いです。徴集兵にしても正規兵の弾除けにされて犬死するくらいならさっさと降伏した方が利口でしょう。

 ロシア軍は非道な戦術をとっているらしく、徴集兵や囚人部隊を前面に出しウクライナ軍に攻撃させ、その場所を確認してウクライナ軍を攻撃しているそうです。当然囮の部隊は全滅します。実際民間軍事会社ワグネルがスカウトした囚人部隊はこのせいでほとんど死んだそうですからね。半年従軍したら無罪放免とか真っ赤な嘘だったわけです。まさに鬼畜ですよ。

 囚人への非人道的扱いで、囚人側にも情報が出回り従軍拒否されているそうです。そこで今度は徴集兵なんでしょう。囮で殺されたらたまったものではありません。ネット上にあがっていた、徴集されたロシア兵に満足な武器も与えられず骨董品のモシン・ナガンなどが供与されていたという話も、これなら納得しますね。すぐ死ぬ兵士に最新の兵器を与えても無駄ですから。これもネット情報ですが、文句を言った徴集兵に対し「君たちには戦車があるから武器は要らない」と宣ったロシア将官がいるそうですよ。タンクデサントかよwww

 ちなみにタンクデサントを知らない人のために簡単に紹介すると、第2次大戦中、ソ連で装甲兵員輸送車やトラックの不足で随伴歩兵が戦車の上に乗って移動することです。写真で見た方も居るのでは?戦闘になると戦車の上の兵士は敵の砲弾で吹き飛び雲散霧消します。最悪ですよね。

 このニュースを聞いてロシアだけには生まれたくないと心の底から思いましたよ。皆さんは降伏ホットライン、どのような感想を持たれましたか?

2022年10月13日 (木)

マイナンバーカード義務化に反対する者は犯罪者

ブログランキング参加しました。『ブログランキング』と『にほんブログ村』の2つです。よろしければクリックお願いします。

歴史ランキング

にほんブログ村 歴史ブログへ

にほんブログ村

いつも応援ありがとうございます。

【独自】紙の健康保険証24年秋に原則廃止 マイナンバーカード事実上義務化へ あさって政府発表 


 ついに政府がマイナンバーカード義務化を発表しますね。私はこうなることは分かっていたから数年前にすでに取得していました。保険証、免許証などがマイナンバーカードに一本化されるんだから一般庶民にとっては面倒がなくなって便利になると思うんですが。私の父母も嫌がりましたが、尻を叩いて強制的に取得させましたよ。おかげで老父が亡くなった時の保険や税金の手続きでも役立ちました。印鑑証明書の代わりになるらしいですね。

 ところがこの期に及んで反日左翼界隈を中心に猛反対が起こっています。おそらくですが、銀行口座を複数の名義(通名)で持っており本国に不正送金したり脱税しているのがばれるから反対しているんでしょうね。生活保護の不正受給もマイナンバーカードの紐づけでばれますわな。

 だいたいLINEなどで外国に個人情報抜かれまくりなのに、日本政府に個人情報がばれるのが反対って論理がおかしい。政府が個人情報を把握するのは当然だし、まっとうな生活していれば問題ないはず。まっとうじゃない事をしているから怖いんでしょ?語るに落ちるとはこのこと。

 確かにマイナンバーカード取得は市役所に行ったりしていろいろ面倒くさい。しかも自分でモニター画面にパスワードなど入力しないといけないため老人は一人ではできないでしょうな。うちの両親の場合も私がついていって助けました。行政側もパスワード設定ではなく顔認証でOKとかにしなければなかなか普及しないかもしれないと思いました。

 ただ保険証と一本化になるとマイナンバーカードが無ければ病院にも行けなくなるの取得せざるを得ないでしょう。先見の明がある人はすでに取得しているでしょうが、面倒くさがりの人や先見の明がない人たちが殺到して行政窓口が混乱しそうですね。24年秋に保険証原則廃止になった後でも病院窓口でキレる情弱老人が出てきそうなことは容易に想像できます。今でも理不尽なことでブチ切れている老人を病院でよく見ますからね(苦笑)。

 皆さんはマイナンバーカードすでに取得していますか?まだの人は早めに手続した方が良いですよ。遅れれば遅れるほど行政窓口が混乱して時間がかかると思いますから。

2022年10月11日 (火)

日本も「安保に韓国は必要ない」よ

ブログランキング参加しました。『ブログランキング』と『にほんブログ村』の2つです。よろしければクリックお願いします。

歴史ランキング

にほんブログ村 歴史ブログへ

にほんブログ村

いつも応援ありがとうございます。

【韓国】野党代表「安保に日本は必要ない」、与党「無闇な親北、金正恩を喜ばせる」


 ウクライナ戦争、そして間近に迫る台湾危機で日本の安全保障環境は厳しくなっています。そんな中相変わらずなのが韓国。日本国民が韓国の正体を知ったために、偽徴用工問題も偽慰安婦問題でも韓国が国際法違反の状態を是正しない限り日本政府は動かないという態度です。政府が変な妥協をしたら国民が許しません。

 韓国は経済的にも軍事的にも日本が無ければ成り立たない国。朝鮮有事が起こっても在韓米軍だけでは役に立たず在日米軍が動かなければ守れません。しかし在日米軍は日本の許可が無ければ韓国に助けに行けません。しかも兵站基地は日本。日本の自衛隊も憲法9条があるから直接介入はできないが、有形無形の援助はできます。ところが今の状況では日本国民は韓国を助けるのを許さないでしょう。

 韓国に当事者意識が無く自分を客観視できないことを象徴するのはF-35の重整備問題です。F-35は定期的に重整備しないと駄目だし、アップグレードも本来なら日本の愛知県にある三菱重工の国際整備拠点(MRO&U)に頼まなければなりません。ところがその三菱重工を自称徴用工裁判で戦犯企業に認定したため頼みにくい状況になっています。日本としてもお金が払われるか心配だし、あとでいちゃもんつけて代金を踏み倒しかねないのでお断りです。

 となると次に近いのはオーストラリアのウィリアムズタウン、そしてアメリカ本土のフォートワースです。ウィリアムズタウンですらソウルから8500㎞以上です。いったいどうやって行くつもりなのか?F-35Aの航続距離では足りませんよ。何回か給油を挟むかそれこそ自称強襲揚陸艦の独島級にでも積んでいくつもりなんですかね?最近の話だと、韓国の整備能力が無さ過ぎて韓国空軍のF-35Aは故障が相次ぎ満足に飛べないそうですよ。予備部品もろくに買っていないそうですからどうしようもありません。

 韓国空軍の稼働率がどれくらいか気になりますね。一説では稼働率20%と言われますが、完全に嘘と言い切れないところが恐ろしい。F-35話が長くなりましたが、これが韓国を象徴しているような気がして書きました。

 韓国は経済的にシナに依存しすぎていて、西側の識者はいずれ韓国はシナの軍門に下ると見ています。私も全く同感です。いずれ米韓同盟破棄、在韓米軍撤退になると思いますが、その前に台湾有事が発生したらどうなるんでしょうか?私は韓国が中立を保てばよい方。利敵行為をしてアメリカを激高させ縁を切られる可能性も高いと思うんですよ。

 日本も韓国は絶対助けません。自衛隊哨戒機に対する火器管制レーダー照射事件の謝罪もまだ受けていませんから。明らかに戦争行為なのにその重大性すら理解していないならず者国家など勝手に滅んでくれと思いますね。日本は韓国と一刻も早く断交してほしい。それにしても隣国同士は仲が悪いと言われますが、韓国の場合は常軌を逸しています。

 皆さんは韓国との今後の付き合い方、どうなると思われますか?

2022年10月 9日 (日)

本気で国を守る気がない岸田政権

ブログランキング参加しました。『ブログランキング』と『にほんブログ村』の2つです。よろしければクリックお願いします。

歴史ランキング

にほんブログ村 歴史ブログへ

にほんブログ村

いつも応援ありがとうございます。

防衛費、5年間で総額43~45兆円に 政府検討 22年度は5.4兆円

 アメリカのペロシ下院議長が2022年8月台湾に電撃訪問したことを受け、シナは台湾近海で大規模な軍事演習を行い、日本のEEZ(排他的経済水域)にも5発の弾道ミサイルを撃ち込みました。ところが岸田総理はNSC(国家安全保障会議)を開かず利己主義の内閣人事を優先させます。この一点を見ても岸田総理が本気で国を守る気がないことが分かります。

 内閣改造も統一教会排除を隠れ蓑に岸田政権で唯一真剣に国防を考えていた岸防衛大臣を更迭、石破や岩屋毅と同類の国賊浜田靖一を後任に据えます。統一教会云々が口実に過ぎなかったことは、一番統一教会とずぶずぶな山際が未だに内閣に居座っている事でも分かります。岸さんは単に統一教会員に選挙を手伝ってもらっただけですし、正直にそれを語っていました。岸さんが統一教会に全く政策的な影響を受けていないことは、実兄の安倍元総理と同じく韓国に最も厳しい態度を取っていたことでも分かります。

 マスゴミ、売国野党の反安倍の動きを利用して自民党安倍派を排除しようとした狡猾な岸田総理は国賊と言わざるを得ません。国防に関しても本気で国を守る気があるなら防衛費対GDP比2%は早急に実現しなければなりません。台湾有事は間近なんですから。少なくとも2022年度の防衛費は最低でも6兆円台後半にしておかなければ2%など到底達成できませんよ。

 G7で約束した手前、全く防衛費を上げなければ世界に嘘をついたことになるのでアリバイ工作でちょっと上げたんでしょうが、これは自国の防衛の話ですよ。岸田総理の態度はとても信じられません。異常です。こんな私利私欲のヘタレに日本の国防を任せることなどできません。本当に日本国民の安全を考えるなら、北朝鮮が日本の国土を越えて弾道ミサイルを発射した時、朝鮮総連幹部の資産を凍結し国外追放くらいは最低限すべきでした。遺憾の意は何の意味もありません。ますます舐められるだけ。

 私たち心ある日本人も自分たちの命がかかっているんですから弱腰の日本政府の尻を叩くべきです。岸田総理とそれを操る財務省は私利私欲で国を守る気概など皆無です。こんな国賊どものために日本が危機に陥ったらたまったものではありません。統一教会騒動で右往左往している醜態を見ると、岸田総理にスパイ防止法制定、憲法改正する気など全くないのでしょう。

 自民党議員も保身に走らず真剣に国防を考えるべき。我々国民も同じです。このままでは有事が起きても岸田総理は何も決断できず対応が遅れ日本国民に犠牲者が出ますよ。それは私かもしれないし貴方かもしれない。皆さんは防衛費を低く抑えようとしている岸田総理の卑劣な態度、どのように思われますか?私は絶対に許せません!

2022年10月 7日 (金)

正しいことを言うと差別になる狂った日本

ブログランキング参加しました。『ブログランキング』と『にほんブログ村』の2つです。よろしければクリックお願いします。

歴史ランキング

にほんブログ村 歴史ブログへ

にほんブログ村

いつも応援ありがとうございます。

【静岡】「日本人とはルーツが違う」「皆殺し文化」「精神性の中核は武士道」 講習会で外国人差別発言、大道芸W杯プロデューサー 

 私が当該記事を読んだ限り正しいことを言っているだけで差別的な意図はなかったと思いますよ。日本人とシナ人、朝鮮人が違うのは当然。日本には『武士の情け』といって敗者や敵も労わる精神性があります。一方大陸や半島は『水に落ちた犬は打つべし』といって敵がどんなに弱って無力化しても徹底的に叩く文化です。
 
 城を見ても分る。日本の城は武士や勢力を守るだけで一般庶民は城の外に住んでいます。小田原城などの一部例外はあるとしても。日本では戦争があっても普通一般庶民までは殺しません。しかし大陸や半島は町を城壁で囲んだ城塞都市が一般的です。というのは同じ民族同士が戦う日本と違って大陸や半島は異民族と戦うケースがあるからです。戦いに負けたら君主や兵士だけでなく城塞都市の中に住む住民も同じ運命をたどります。奴隷として売られればよい方。下手すると住民全員虐殺されかねません。だから敵が水に落ちても徹底的に叩いて滅ぼさないと安心できないんです。広い大陸では逃げ場所が豊富にあり容易に勢力回復できますからね。

 日本は万世一系の天皇のもと時の権力者は変われど同じ文化を維持し続けました。これは世界史的に見れば稀有のことで日本に生まれたことは幸運だと思いますよ。シナや朝鮮の歴史は王朝が代わるたびに大規模な殺戮が行われ民族的にも何度も入れ替わっています。我々が漢文として慣れ親しんだ古代シナの民族と現在のシナ人は民族的に違います。というのも五胡十六国時代に北方遊牧民族の侵入で成人男子の多くが殺されたからです。はっきりとは覚えていませんが、確か遺伝子的に証明されたような記憶があります。戦乱から逃れて長江流域以南に逃れたシナ人もいますが、こちらは元々東夷や越人と呼ばれる異民族が住んでおり混血が進み古代シナ人の血は薄まりました。大陸は広いのでもしかしたら長江流域以南のどこかには純粋な古代シナ人の末裔は存在するかもしれません。桃源郷の話はその象徴のような気はします。

 朝鮮半島も同じです。もともと朝鮮民族というのは古代には存在せず、高句麗、百済はツングース系遊牧民扶余族の国。新羅や加羅は大陸から逃れてきたシナ人、稲作を通じて移住した日本人の国だと言われます。日本史で言う任那日本府は植民地ではなく日本の領土そのものだったのです。実際半島南部には前方後円墳が存在し被葬者も日本人らしいですからね。韓国政府はこれを認めようとせずかなりの古墳が破壊されたそうですが…。新羅の王統の一つ昔氏は朝鮮の史書三国史記によると明らかに日本人をルーツにしています。現在の朝鮮民族は、新羅末期から高麗時代の混乱期にツングース系エベンキ族が入り込み民族浄化を経て成立したと思います。実際高麗を建国した王建、李氏朝鮮を建国した李成桂もツングース系ですしね。

 こうして見ると、日本人とシナ人、朝鮮人のルーツが違うのは事実だし、皆殺し文化であることも明白です。これのどこが外国人差別なんでしょうか?(呆)むしろこれを差別だと攻撃する事こそ、連中があちら側の人間である証拠だと思うんですが。

 皆さんは日本人とシナ人、朝鮮人の違いを指摘する事を差別だと思いますか?

2022年10月 5日 (水)

ウクライナ戦争と孫子の兵法

ブログランキング参加しました。『ブログランキング』と『にほんブログ村』の2つです。よろしければクリックお願いします。

歴史ランキング

にほんブログ村 歴史ブログへ

にほんブログ村

いつも応援ありがとうございます。

Photo_20221005101001 Photo_20221005101002

 

【ウクライナ情勢】ロシア国防省、苦戦認める異例の発表…「ウクライナ軍が防衛網深くに侵入」

 

 戦況が目まぐるしく動き、これを書いている時点で大きく変化している可能性はあると思います。

 上図は東部戦線の状況、下図は南部戦線です。東部戦線ではウクライナ軍がリマンを奪回しさらに東に進軍しています。戦況図を見ると分かりますが、リマンは要衝ではありますがロシア軍の補給の要である鉄道はロシア領ベルゴロドからイジュームを通ってリマンに至っています。ですからこことセベロドネツクは直接つながっていません。イジュームが落ちた時点でロシア軍はリマンから撤退し東方に防衛線を築く方が軍事的には望ましかったと思います。現地部隊もそう判断したはずですが、プーチンが拒否したために補給も断たれたままリマンにとどまるしかありませんでした。結果、ようやくロシア軍中枢が撤退許可を出した時にはウクライナ軍の包囲が完成しており手遅れでした。

 ウクライナ軍はわざと包囲網の東方を開けそこにHIMARSなどで地雷を散布しました。逃げ口はここしかないわけですから、リマンのロシア軍部隊はここに殺到します。車両が地雷で破壊され兵士は一斉に森に逃げ込みました。ウクライナ軍はそこを待ち伏せし、一方的な虐殺になったそうです。リマンに籠っていた5000人のロシア兵のうち4000以上が虐殺されたと言われ欧米のネットでは画像や動画が出回っていますが、手足を地雷で吹き飛ばされた死体や、道路が血で真っ赤に染まっている凄惨な画像で耐性の無い日本人は見ないほうが良いと言われます。

 ウクライナ軍の次の目標はクレミンナだそうです。ここを抑えるとセベロドネツクにベルゴロドから伸びる補給線を遮断でき、セベロドネツクが孤立化します。ますます東部戦線のロシア軍は苦境に立たされると思います。

 一方、南部戦線でも大きな動きがありました。ヘルソン州北東部ドニエプル河西岸沿いにウクライナ軍が攻勢を仕掛けています。同時にミコライウからと、両者の中間あたりからも部隊が進軍しヘルソン州北東部のロシア軍を包囲する動きが見えます。一説ではヘルソン州のロシア軍部隊は補給が枯渇し防衛線も簡単にウクライナ軍に突破されたと言われ、こちらも危機的状況です。ヘルソン州の州都ヘルソンでもパルチザンが蜂起しロシア軍守備隊と市街戦に入っているという情報もあり、もしヘルソンが失陥するとロシア軍全体に士気崩壊が連鎖すると言われています。

 今回のウクライナ軍の大攻勢を見て、南部を攻撃すると見せてロシア軍に東部から部隊を移動させその隙を突いて東部戦線で突破したという論者がいます。陽動作戦です。兵法では偽撃転殺の計と言います。三国志で出てきますよね。三十六計では声東撃西の計です。

 しかし、元陸上自衛隊東部方面総監・陸将の渡辺悦和(よしかず)氏は、ウクライナ軍は最初から南部、東部どちらにも攻勢する準備をしていたのではないかと考察しています。たまたま東部戦線のロシア軍が手薄だったから進撃が捗っただけだそうです。南部戦線でも着実に進撃しているので、これが陽動だと兵站面の準備ができないのでは?という推測でした。私もこの考えに賛同します。

 孫子の兵法に『常山の蛇』という言葉があります。常山の蛇は頭を攻撃されると尻尾が反撃し、尻尾を攻撃されると頭が反撃、腹を攻撃されると頭の尻尾が同時に反撃するそうです。これは部隊運用の要諦を語った寓話で、ウクライナ軍はまさに常山の蛇のように巧妙にロシア軍に対し反撃しているように見えるんですよ。そのために指揮命令系統も一本化し参謀本部の指揮のもと有機的な部隊運用ができています。ロシア軍はその逆です。正規軍、民間軍事会社、カディロフなどの不正規軍、政府軍部隊などが入り混じって統一的指揮ができず、補給も別々で大混乱に陥っています。これでは戦争に勝つことはできません。


 最近のウクライナ軍の動きを見て孫子の兵法にある常山の蛇の話を思い出したので記事にしました。皆さんのご感想をお聞かせください。

2022年10月 3日 (月)

ロシア軍リマンから撤退表明、本当に撤退できたのだろうか?

ブログランキング参加しました。『ブログランキング』と『にほんブログ村』の2つです。よろしければクリックお願いします。

歴史ランキング

にほんブログ村 歴史ブログへ

にほんブログ村

いつも応援ありがとうございます。

Photo_20221003081601

 上図は2022年9月30日東部戦線の戦況図です。そこから数日、ロシア軍5000人が籠るリマンはウクライナ軍に北、南、西の三方から包囲され唯一開いていた東側も南北からウクライナ軍が迫り包囲の輪が狭くなっていました。ウクライナ軍は唯一開いた東側にもHIMARSで地雷(対戦車地雷AT2?)を散布し、見かけ上は逃げられるが実際は困難という状況を作り出しました。ウクライナ軍の巧妙さ、というよりえげつなさを見せつけられた様な気がしますが、侵略者にはこれくらいしても良いのでしょう。今まで散々占領地で無辜の民間人を虐殺されたわけですから。

 一方ロシア軍の立場に立つと、本来ならこうなる前に後退し戦線を整理して防備を固めるべきでした。リマンはスラビャンスクからセベロドネツクに至る街道上の要地ではありますが、ロシア領ベルゴロドからイジュームに伸びる兵站線のような最重要防衛拠点ではありません。一時的に捨てても態勢を整えて奪い返せばよいくらいのところ。おそらく現地のロシア軍もそう考えていたはず。ところが現地部隊の撤退要求をプーチンが拒否したと言われます。

 おかげでリマンのロシア軍は敵中に取り残された格好になっていました。近日中にウクライナ軍の総攻撃が予想され全滅か降伏かの選択に迫られると思っていたところ、なんとロシア国防省は今になってリマンからロシア軍部隊が撤退したと表明しました。撤退するならこうなる前にすべきだったし、いまさら撤退命令を出したところで物理的に可能なのか非常に疑問です。

 戦況図を見ると、第2次世界大戦独ソ戦のクルスクの戦いに酷似している事に気づきます。クルスクは独ソ両軍8000両以上の戦車が参加した史上最大の戦車戦が行われた戦いです。当時もソ連軍の突出部ができ、そこにドイツ軍が南北から攻めるという構図でした。クルスクの戦いのときは、ソ連軍が重厚なパックフロント(対戦車陣地)を築き、進撃するドイツ軍機甲部隊を拘束。ソ連の大戦車部隊が機動防御で反撃しました。

 今回のリマン攻防戦はクルスクと比べると規模ははるかに小さいですが、当時と違いロシア軍は兵站に苦しんでいます。おそらく重厚な防御陣地も築けていなかったでしょうし、ウクライナ軍にはHIMARSというゲームチェンジャーが存在します。士気も国土防衛に燃えるウクライナ軍の士気は非常に高く、逆にロシア軍は満足な補給もなく最低の士気です。戦いになってもロシア軍は非常に不利だと予想されています。

 本当に撤退できたのなら奇跡ですし、撤退が言葉の上だけで現地のロシア軍部隊は絶望的状況で戦わないといけないとしたら、これほどロシア兵を馬鹿にした話もありません。果たして真相はどうなんでしょうか?自国の兵士すら平気で見殺しにするプーチン。この戦争を終わらせるにはプーチンを倒すしかありません。ロシアの人たちはよく考えたほうが良いと思いますよ。

 

 一説では、ウクライナ軍がリマン奪回した時、ロシア軍5000人のうち4000人近くが玉砕したとも言われています。たまったものではないですね。

 南部戦線のヘルソンでも市街戦が始まっていると言われますし、ヘルソン州のドニエプル河西岸をウクライナ軍に奪回されると、ロシア軍の士気は連鎖的に崩壊すると思います。皆さんはウクライナ戦争の推移、今度どうなると予想されますか?

2022年10月 1日 (土)

ロシアのウクライナ領併合とウクライナのNATO加盟申請

ブログランキング参加しました。『ブログランキング』と『にほんブログ村』の2つです。よろしければクリックお願いします。

歴史ランキング

にほんブログ村 歴史ブログへ

にほんブログ村

いつも応援ありがとうございます。

ゼレンスキー大統領がNATO加盟申請を表明 


 ロシア兵の銃で脅しての住民投票に何の意味があるんでしょうか?プーチンは強引に行った占領地での住民投票を受けルハンシク、ドネツク、ザポリージャ、ヘルソン4州のロシア併合を宣言しました。これでウクライナ軍の攻撃はロシア領への攻撃とみなし核使用の正統性をアピールするつもりなのでしょう。

 これと同時に予備役兵30万人の動員を発表しましたが、杜撰なロシア人の事一度も兵役経験のない人やオリンピック選手まで徴兵しています。徴兵されたらウクライナの土になることはほぼ確実ですから、ロシア人が一斉に逃げ出し一説では200万人も脱出したと言われます。まさに末期症状ですね。

 一方、ウクライナのゼレンスキー大統領はNATO加盟を申請しました。プーチンが暴走せず話し合いしていればウクライナのNATO加盟は阻止できたはずですが、ウクライナを舐めすぎちょっと攻撃すればすぐ屈服すると思っていたためこういう結果となったのです。おそらく遠からぬ時期にジョージアもNATO加盟申請するかもしれません。

 とはいえ紛争当事国はNATO加盟できないため、戦争が終わってからの話になります。今回代わったイギリスのトラス首相は対ロ強硬派、心配されていたイタリアの次期首相メローニさんは親ロ派として懸念されていましたが、シナに対しては強硬派ということでさすがに西側の結束を乱すことはしないと思います。イギリスの外交政策はこれまでと継続、イタリアはちょっと心配しています。

 ウクライナ軍は攻勢を強め、特にヘルソン州のドニエプル河西岸に展開するロシア軍の補給を断っています。補給が枯渇した現地のロシア軍は撤退許可を求めているそうですが、プーチンは政治的理由からこれを拒否しているそうです。ヘルソン州の州都ヘルソンはドニエプル河西岸にあり、ロシアが戦争を仕掛けてから最初に占領した重要都市、そして現在も維持しているところですからプーチンとしても絶対に手放したくないんでしょう。

 すでにパルチザンが発生しヘルソンで市街戦が始まっているそうです。このまま現地のロシア軍部隊は全滅するか、それとも降伏するか?どちらにしろヘルソン失陥はロシア軍に大打撃です。物理的にもそうだし、ただでさえ低い士気が崩壊しかねません。ヘルソン失陥は他の戦線にも影響するでしょう。

 ドンバスでもウクライナ軍はじわじわと戦線を進めています。すでにいくつかの都市は奪還されたそうです。中でもイジューム奪還は大きかったですね。ロシア領ベルゴロドからドンバスに至る重要な補給ルートの拠点でしたから。ロシア軍がいくら動員しても装備も訓練もない状況で逐次投入されたら被害ばかりが増大します。10月からアメリカのレンドリースが本格的に動き出すそうですし、ウクライナ戦争はこのままならウクライナの勝利に終わりそうです。ただ心配なのは追い詰められたロシアが核を使う事。そうなったら第3次世界大戦です。我々日本人も他人ごとではなく最悪の状況も想定しておくべきだと思います。

 シナの台湾侵攻がいつ起こるか分からない今、ロシアを徹底的に弱体化させるのは日本の利益です。前にも書きましたが、兵器を送れないのなら輸送トラックなどそれ以外の援助をすべきだと個人的には考えています。

« 2022年9月 | トップページ | 2022年11月 »