2023年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

« 防衛省に柳沢のような国賊が居るのが間違い | トップページ | スイス中立を破りロシア制裁に参加! »

2022年12月 3日 (土)

公明党が敵地反撃能力を認めたが…

ブログランキング参加しました。『ブログランキング』と『にほんブログ村』の2つです。よろしければクリックお願いします。

歴史ランキング

にほんブログ村 歴史ブログへ

にほんブログ村

いつも応援ありがとうございます。

敵基地攻撃能力の保有を自公が実質合意 日本の防衛政策、大きな転換

 

 ウクライナ戦争の厳しい現実を見て、さすがに平和ボケ日本人も悲惨な侵略を防ぐためには防衛力を強化する事が必要だし、敵のミサイル攻撃に対処するためにはこちらも反撃能力を持たないと抑止力にならないと理解する人が増えました。さすがにこの期に及んで話し合いで解決などとほざいている輩はよほどの愚か者か特亜の工作員なのでしょう。

 そういう世論を受けて自称平和の党公明党も敵地反撃能力に露骨な反対はできなかったのでしょう。ところがその詳細をよく検討してみると対処基本方針に則り国家安全保障会議の答申を経て閣議決定、事前の国会承認が必要など本気で国を守る気があるのか疑います。しかも必要最小限、他に手段がない場合という足かせ付き。他の適当な手段が何か具体的に示して見ろと言いたいですね。敵は覚悟を持ってミサイル攻撃しているんですよ。なのにどうして被害者の日本が遠慮しないといけないのか?

 まず対処基本方針は現実的な対応できないように骨抜きする気でしょうし、国会承認の時点で難癖付けて反対する気なんでしょうね。さすがシナの工作員。総論賛成各論反対で日本の国防を妨害しようとする高等戦術ですよ。国賊としか言いようがない。

 敵に攻撃されたら内閣総理大臣が決断しあとは自衛隊に全権委任ですよ。政府は自衛隊が戦いやすいように全面支援すべきだし、必要最小限ではなく必要十分、いや必要最大限で徹底的に反撃すべきです。そうじゃないと敵は日本を舐めて嵩にかかってミサイルを撃ち込んできますよ。日本には現状核が無いんだから、敵がミサイルを撃ったら敵の指導者を爆殺するくらいの覚悟を見せなければ駄目です。それが抑止力であり、もし最悪の事態になっても対抗手段を持つことは絶対必要でしょう。

 地下シェルターに逃げ込んだ敵指導者を攻撃するためにはバンカーバスターのような地下貫通爆弾も必要ですし、その穴にさらに撃ち込むサーモバリック爆弾も要ります。核ミサイルなら一発で済むんですけどね。それくらいの覚悟を政治家も我々国民も持つべきです。ウクライナは国民一丸となって侵略者ロシアと戦っていますよ。天は自ら助くる者を助く、だから世界中が支援しているんです。もしウクライナがロシアに簡単に屈したら国がなくなっていたでしょう。これに日本にも言えますよ。

 皆さんは、敵に反撃能力を渋々認めた公明党の真意、どのように見ますか?

 

 

« 防衛省に柳沢のような国賊が居るのが間違い | トップページ | スイス中立を破りロシア制裁に参加! »

 時事問題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 防衛省に柳沢のような国賊が居るのが間違い | トップページ | スイス中立を破りロシア制裁に参加! »