2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« colabo問題、ついに既存メディアでも報道せざるを得なくなった | トップページ | マスゴミがcolabo問題を報じない理由が分かりました »

2023年1月 7日 (土)

暇空茜氏と失敗小僧氏

ブログランキング参加しました。『ブログランキング』と『にほんブログ村』の2つです。よろしければクリックお願いします。

歴史ランキング

にほんブログ村 歴史ブログへ

にほんブログ村

いつも応援ありがとうございます。

 ネットを見ない人は何のことか分からないと思います。簡単に説明すると失敗小僧氏は元公務員。YOUTUBE上でcolabo問題に関する解説をしています。暇空茜氏に関しては説明するまでも無いでしょう。colaboと男女共同参画費の闇に切り込み背後にいる共産党、立憲民主党、社民党、れいわ新選組、都民ファーストの会の存在まで暴き出しました。最初は単独で戦っていましたが、川松都議や各地の地方議員も「colaboの会計報告はおかしいのではないか?」と疑問を呈し参戦しました。今や時の人となっている暇空茜氏。

 その暇空氏の住民監査請求を東京都監査委員会が受理、1月4日第一回目の監査報告を公表しました。ところが暇空氏の主張を監査委員会はことごとく却下します。ただ最後の方で暇空氏の主張以外の部分でcolaboの会計報告には不当な部分があるので2月28日までに客観的に確認できる会計報告を領収書を添えて報告しろと勧告しました。

 全体的に見るとすべてを調べなおして報告しろと言っているので暇空氏の全面勝利のようにも見えます。この点が暇空氏と失敗小僧氏の見解が分かれる点でした。失敗小僧氏は全体的に調べなおせと言っているので暇空氏の勝利だと言っているのに対し、暇空氏は後出しの表3(詳しくはネットを見てください)を確認した所問題はなかったとした監査委員会の判断がそもそも不当で、後出しで出てきた資料が通用するならどんな不正でも許されると主張しています。加えて監査委員に都民ファーストの会の伊藤ゆう都議が主査監査委員を務めていることから仲間を庇うために最終報告でも不正を見逃すのではないかと疑っています。

 私もこの件に関しては暇空氏に賛同します。失敗小僧氏は元公務員なのでどうしても行政側の味方をしてしまうのではないかと思います。それぞれの主張があって構わないし、最終的にcolaboを蟻の一穴として男女共同参画費の闇にメスが入れば良いと考えます。

 しかし困ったことに失敗小僧氏の信者かアンチか分かりませんが、暇空氏に失敗小僧氏動画URL付のコメントを送りつけているそうです。たださえ忙しい暇空氏に対する嫌がらせですよ。私は信者というよりアンチだと思うんですが、これは失敗小僧氏のためにもならないと思いますよ。困り果てた暇空氏はURLを送り付けたアカウントをブロックすると言っています。

 暇空氏は今回の監査委員会の報告を受けて住民訴訟すると言っています。2月28日の最終報告に関しても信用していないので訴訟を準備しているそうです。カンパで集めた5800万円を予定している15~6件の訴訟で使い切ると宣言していますから覚悟が凄いですね。暇空氏自身も優秀ですが、彼についている弁護士もかなりの切れ者ではないかと想像します。一方colabo弁護団のセブンナイツだか何だかは、ポンコツすぎて彼ら自身に弁護団をつけたほうが良いのでは?と揶揄される始末。

 男女共同参画費は日本の闇ですから、全国各地で住民監査請求を出すべきですね。そして地方議員、国会議員も自ら調査してほしいと切望します。一つ期待しているのはNHK党の浜田聡参議。国会では彼一人がcolabo問題を追及していますよね。自民党の保守議員も続いてほしいですよ。

 直接これとは関係ないんですが、立花孝志は浜田氏のような優秀な人材を発掘できたのに、どうしてガーシーのような屑を擁立したんでしょうかね?あまりにも月とスッポンですよ。選挙戦略と言えばそれまででしょうけど、有権者に対して無責任です。立花氏が浜田氏のような優秀な人材を擁立したらNHK党も存続するでしょうが、それができないなら消えていくでしょうね。その時は浜田氏も自民党に入って内部から改革してほしいですよ。

 ともかくcolabo問題、これからも注目していこうと思っています。

« colabo問題、ついに既存メディアでも報道せざるを得なくなった | トップページ | マスゴミがcolabo問題を報じない理由が分かりました »

 時事問題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« colabo問題、ついに既存メディアでも報道せざるを得なくなった | トップページ | マスゴミがcolabo問題を報じない理由が分かりました »