2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 今回のテロを誘発したのはマスゴミ | トップページ | 国防を何だと思っているんだ!(怒) »

2023年4月19日 (水)

世界史における『点と線』

ブログランキング参加しました。『ブログランキング』と『にほんブログ村』の2つです。よろしければクリックお願いします。

歴史ランキング

にほんブログ村 歴史ブログへ

にほんブログ村

いつも応援ありがとうございます。

 

 過去記事『支那事変における『点と線』批判に対する再批判』の続きになります。かなり前の記事なので覚えている方はほとんどいないと思いますが、そこでは支那事変で日本軍が都市(点)と補給線(線)しか支配できなかったので負けるのが当然とした論は軍事上あり得ない話で、近代軍になればなるほど点と線だけ維持すれば良く、面(広域)を支配することは無意味だと結論付けました。

 点と線批判論者は、戦前の日本をことさらに貶めたい反日左翼か軍事ど素人の阿呆だと思います。欧米では大学で軍事学を教えているほどで一般人でもある程度の軍事常識を持っていますが、日本は狂った戦後教育によって軍事知識を忌避した結果特亜による反日洗脳に簡単に騙されるようになりました。

 731部隊が典型で、あれは単なる関東軍防疫給水部本部の秘匿名称(通称号)です。ですから特亜や日本の反日左翼が悪宣伝するような731部隊が支那戦線やビルマ戦線に出張って細菌戦を行ったという話は軍統帥上絶対あり得ない話で、万が一事実だとすれば軍法会議ものです。731部隊は共産党党外作家の森村誠一が書いた『悪魔の飽食』がきっかけだと思いますが、森村も日本共産党も軍事に関する基本的知識が欠如していたためにおかしな論になってしまいました。

 これが本当に陸軍で細菌戦を研究していた登戸研究所が絡んだ話だと信憑性があったんですがね。まあ、それでも軍事知識が全くない平和ボケ日本人は簡単に騙せたので連中の目的は達せられたのでしょうが…。

 話が脱線したので本論に戻すと、点と線批判は毛沢東の戦略があったのではないかと今になって思えます。というのも支那共産党はまともに戦ったら国民党軍にも日本軍にも勝てないため、点である拠点を攻略できなかったのです。ですから次善の手段として都市の周辺の農村部に浸透し支配することで都市を包囲し、補給線を分断して都市を奪うという作戦方針でした。いわば弱者の戦術です。

 日本の反日左翼は、毛沢東信者が多いため彼の主張が絶対に正しいと思い込み歪んだ知識で戦前の日本を判断していたのでしょう。世界史を眺めて見ても、あらゆる軍隊は点と線しか支配していません。ローマ軍然り、アレクサンドロス大王のマケドニア軍然り。遊牧民族のモンゴル軍やティムール軍もそうだし、オスマントルコ軍もです。

 国家を征服する場合、敵国民の数が圧倒的に多いわけですから征服者は重要な補給拠点である都市や兵站基地さえ維持できれば良く、点と点を結ぶ補給線さえ重視すれば他は必要ありません。敵首都を制圧し敵の主力軍を粉砕できれば、抵抗する地域や都市はそのあとゆっくり料理すれば済みます。まずは降伏勧告し、それに従わなかったら一つの都市を見せしめに攻略、住民を残酷な方法で虐殺します。すると噂はたちまち広がり他の抵抗する都市は降伏していくでしょう。

 面である農村部は、それだけでは抵抗できません。少なくともその地域の都市に集まって抵抗するでしょう。どんな軍隊、民兵であってもよほど小規模なレジスタンス以外は兵站拠点が絶対必要だからです。ですから国共内戦や支那事変における毛沢東の支那共産党軍以外で、点でなく面を重視した戦術を採用した軍隊はちょっと記憶にありません。もし他の例をご存知の方はご教示ください。アフリカの内戦ではありそうですね。あれは毛沢東主義を採用していますから、当然なんでしょうが。

 古代、中世でもそうだし近代現代になればなるほど点と線だけが重要だとご理解頂けたと思います。さすがに現代戦では見せしめに住民虐殺するような暴挙はしませんが(ウクライナ戦争のロシア軍は例外、あれは兵器はともかく本質的には中世以前の蛮族の軍隊)、徹底的な空爆で一つの都市を廃墟にしたりして住民に抵抗の意思を失わせるくらいのことはやります。

 結局、点と線批判は的外れで、逆に点と線のみが重要だという結論です。いまさら言わずもがなの話ですが、皆さんのご感想をお聞かせください。

« 今回のテロを誘発したのはマスゴミ | トップページ | 国防を何だと思っているんだ!(怒) »

 世界史」カテゴリの記事

コメント

点と線、そして面の概念がわかりにくいので、なんともいいにくいのですが、たとえばベトナム戦争を例にとってみましょう。
ベトコンおよび北ベトナム軍は、南ベトナムにじりじりと浸透していって、最終的に勝利を収めました。
ベトコンと米国では戦力が違いますので、もしもベトコンが点と線だけにこだわっていたら、米国もそこだけを攻撃すればよく、撃滅もずっと楽だったでしょう。
ベトコンが勝ちを収めたのは、面に拡散することで、敵のマトを絞りにくくしたせいではありませんか。
ごれは冗談ですけど、むかしオーストラリアに「エミュー戦争」というものがあり、増えすぎたエミューを退治するために機関銃まで持ち出したオーストラリア軍は、相手が面に分散したために、どうすることもできずに敗退したってことがありますよ。

 点というのは補給拠点、線は拠点間を結ぶ補給線、兵站線の事です。面とはそれ以外の軍事的に重要性の低い地域を指します。
 本文でも書いている通り、拠点を攻略する力のない弱者側は面を制圧して拠点に迫るという選択肢しかありませんし、歴史的に強者は点と線を制することで他国を攻略してきました。
 ベトナムを例に挙げられましたが、アメリカが本気で介入したらはたして勝てたでしょうか?ベトナム戦争はアメリカにとって様々な制約を受けた戦争でした。

あなたが点と線にこだわるから、歴史的に、面を制して戦争に勝った実例はいくらでもあるという意味で、ベトナムを出しただけです。
日中戦争でも点と線を制したはずの日本軍、もしくは国民党軍は、面を制した共産党軍に敗れました。
まだまだいくらでもあります。
ナポレオンのフランス、ヒトラーのドイツはいずれも、モスクワまで攻め込んで点を確保したにもかかわらず、面をおろそかにしたおかげで持ちこたえることはできませんでした。
こうやってみると、点や線を確保しただけでは勝てない事例のほうが多いかも知れません。

ベトナムでもそうだとすれば、弱い軍隊にとって面を制するのは立派な戦術ではないのですか。
アメリカは核兵器を持っていましたから、これをつぎこみ、インドシナ半島を焼け野原にするつもりならベトナムで勝てたでしょう。
そうしなかったのはなぜだと思いますか。
核兵器以外では、わたしはアメリカはベトナム相手に、十分すぎる物量をつぎこんだと思っていますが、アメリカには“さまざまな制約”があったというのは、なんのことをいってるのでしょう。
ベトナム戦争は冷戦時代の東西両陣営による戦争で、中国やソ連がベトナムに味方することは最初からわかっていました。
米国内では反戦運動が盛り上がりましたけど、これは泥沼化した戦争の結果であって、これが戦争の妨げになったというのは本末転倒です。

 点と線は近代軍隊の基本中の基本ですよ。私もプロではありませんから間違いはあると思いますが、すくなくとも古今東西の戦史、兵法書、ミリタリー関係の本は相当読みこんでいます。最近の戦争、特に湾岸戦争とイラク戦争はまさに点と線の戦争でした。米軍は補給拠点と補給線を維持するために丸々1個空挺師団を使っています。点と線を突き詰めて急進的に進撃するのが現代の機甲戦でありエアランドバトルです。私の過去記事でも書いているはずですが。

 加えて、自分の主義主張を通すために嘘は止めてください。ナチスドイツ軍はモスクワまで攻め込んでいませんよ。50㎞までは接近しましたが。どこをどう見たらナチスドイツ軍が面を疎かにしたから負けたと結論できるんですか?攻め込んだドイツ軍の数では広大なロシアでは点と線を維持する以外ありません。天正伊賀の乱で8万の人口しかいない伊賀に4万4千人で攻め込んだ織田軍とは違うんです。点と線を批判的に利用しにこだわっているのは反日左翼。

 私の記事にいちゃもんをつけたいのでしょうが、そこまで気に入らないのならコメントを書き込むのはご遠慮ください。貴方と議論するのも不毛です。主義主張はご自分のブログなり何なりで勝手にお書きください。

 本来なら自由なコメントを頂くのが基本姿勢なのでやりたくはないのですが、あまりしつこい絡み方をしたらアクセス禁止にせざるを得ません。

わかりました。
わたしは左翼でも右翼でもありません。
ただ「世界史における『点と線』」というあなたの記事があまりに右翼的だったので、もうすこし公平な見方をしてほしかっただけです。
べつにあなたの文章にいちゃもんをつけたいわけではありませんので、もうやめておきます。
失礼しました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 今回のテロを誘発したのはマスゴミ | トップページ | 国防を何だと思っているんだ!(怒) »