2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« これでロシア国内が変わってくれれば良いが | トップページ | ウクライナ軍の反転攻勢はどこから始まるか? »

2023年5月 3日 (水)

ウクライナ軍の大反攻作戦開始日は5月9日か?

ブログランキング参加しました。『ブログランキング』と『にほんブログ村』の2つです。よろしければクリックお願いします。

歴史ランキング

にほんブログ村 歴史ブログへ

にほんブログ村

いつも応援ありがとうございます。

 今日の話はあくまで与太話、ネタの類として聞いてください。ロシアの一方的侵略から1年2か月が過ぎようとしているウクライナ戦争ですが、もっかの焦点はウクライナ軍の大反攻作戦はいつ開始されるかです。4月開始説はすでに無くなり、一番有力だった5月説、あるいは準備がまだ整っていないため6月以降、夏ではないかという声もあります。

 ところでロシア側ですが、5月9日は対独戦勝記念日、プーチン大統領はこの日までに何らかの成果を上げようと焦り、軍にバフムートの完全攻略を厳命しているそうです。すでにバフムート市の9割がロシア軍の占領下にあると言われ、陥落も時間の問題だと言われます。しかしバフムートは戦略上の要衝でもなんでもなく、ウクライナ軍の作戦目的は大反攻作戦の準備が整うまで時間を稼ぎ、この地を囮にしてロシア軍主力を誘引し大打撃を与える事だったという見方が有力です。

 実際、バフムートで民間軍事会社ワグネルは深刻な損害を被り作戦続行が不可能な状況にあるとされます。ワグネルの総帥プリゴジンは、金にならないバフムート攻略よりも金鉱利権を狙ってスーダン内戦に介入していると言われているくらいです。ロシア正規軍は損害が増えるばかりで利益の少ない市街戦への突入を嫌がっているそうですし、プーチンがどんなに尻を叩こうともせいぜいバフムート攻略が限界でそれ以上の進撃は厳しいと言われます。

 5月9日までバフムートの戦いはさらに激しくなっていきそうですが、ウクライナ軍にとっては反攻作戦のための予備兵力も温存できロシア軍主力に大損害を与えて消耗させたため当初の作戦目的は達成しました。ですからいつバフムートから撤退しても良い状況ですし、すでにバフムート西方に何重にも防御陣地を構築しているため遅滞防御戦闘にいつでも移れるそうです。

 ウクライナ軍が大反攻作戦を開始するのに一番効果的な日は5月9日だと思うんですよ。いくらバフムートをロシア軍が攻略しプーチンが戦勝記念式典で成果を強調しようとしても、この日に大反攻作戦が始まっては元も子もなくなります。しかも対独戦勝記念日だというのに、ウクライナ軍の先頭にはドイツ製のレオパルド2戦車があってロシア軍戦車をなぎ倒す。こんな皮肉があるでしょうか!

 まあ実際にはそんなに上手く事は運ばないと思いますが、ウクライナ軍が強力な威力偵察をして「この日に大反攻作戦は開始された」と発表するだけでもプーチンの心理に大打撃を与えると思うんですよ。プーチンは怒り狂うでしょうね。という事で、5月9日に何が起こるか秘かに期待しています。

« これでロシア国内が変わってくれれば良いが | トップページ | ウクライナ軍の反転攻勢はどこから始まるか? »

 時事問題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« これでロシア国内が変わってくれれば良いが | トップページ | ウクライナ軍の反転攻勢はどこから始まるか? »