2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 2023年5月 | トップページ | 2023年7月 »

2023年6月

2023年6月29日 (木)

国賊岸田総理、いや朝敵か?

ブログランキング参加しました。『ブログランキング』と『にほんブログ村』の2つです。よろしければクリックお願いします。

歴史ランキング

にほんブログ村 歴史ブログへ

にほんブログ村

いつも応援ありがとうございます。

日韓通貨スワップ再開、バイデン米大統領は「自身の外交成果」 島田洋一氏「岸田政権は『言いなり』に見える」6/29

 LGBT法ごり押し、レーダー照射問題の有耶無耶化、韓国のホワイト国復帰の流れから、いずれ日韓通貨スワップも再開するんだろうなと思っていました。ですから全く驚きません。

 ただ、岸田総理はいったい何が目的で政治をやってるんですかね?いくら米国の圧力でも皇統の断絶を招きかねないし、女性や子供を危険にさせるLGBT法を強行したら岩盤支持層の保守層が反発するのは分かっていたはず。レーダー照射問題は日本の自衛隊員が命の危険に陥った重大な事件、これを有耶無耶にしたら絶対に駄目です。岸田総理は自衛隊の最高指揮官のはず、それが自衛隊員を事実上見殺しにしたんですから罪は大きい。

 ホワイト国復帰も異常です。そもそも韓国がフッ化水素などの核兵器転用可能な戦略物資を北朝鮮やイランに不正横流ししていた疑惑(私は事実だと確信していますが)から、輸出管理を強化したのがホワイト国外しだったはず。不正横流し疑惑がいつ晴れたのですか?韓国が不正をしていないと確証を得たんですか?違うでしょ。だったら韓国側が絶対に不正していないと証拠を示すまでホワイト国復帰させるべきではない。つまり、未来永劫不可能。

 何から何まで全く筋が通らないことをやって、ついに日韓通貨スワップですか?呆れ果ててものも言えません。極東有事に備えて日米韓の軍事協力が必要というのはアメリカの都合。日本の場合は韓国がちゃんとやるべきことをやって筋を通さない事には協力もへったくれもない。

 実際、韓国は日本の福島原発処理水排出を嘘宣伝してまで妨害していますよ。日本の処理水のトリチウム濃度は国際安全基準を満たす濃度まで希釈しています。一方、韓国の原発は日本の処理水の14倍の高濃度トリチウムを放出していますよ。科学的根拠皆無のただの言いがかりです。それに堂々と科学的根拠を持って反論すべきなのにそれもしない岸田総理。どこの国の総理大臣なのでしょうか?

 通貨スワップなど日本に全く利益の無い韓国を助けるだけのものです。しかも通貨スワップを結んだところで韓国は感謝などしません。「我が国は日本が懇願するから通貨スワップを結んでやっただけニダ」と嘯くに決まっています。だいたい、韓国を経済的に助けたいならアメリカが韓国とスワップを結ぶべきです。自国は損するからやらないのに日本に不利益を押し付けるなど言語道断。安倍元総理が健在なら絶対こんなことにはならなかっただろうし、無能ヘタレの岸田総理だからアメリカも舐めて無理難題を要求しているんでしょうね。

 岸田総理はLGBT法をごり押しした時点で朝敵です。朝敵は滅ぼさなければならない。無能だとは思っていましたが、ここまで腐った極悪人とは思いませんでしたよ(呆)。日本のために有害無益な存在の岸田政権を何とかして倒さなければなりません。ただ、野党は自民党に輪をかけて屑。ですから自民党のうち少しでもまともな人に総理になってもらうしかない。その意味では高市さんに期待しているんですが、党内力学的に難しいです。

 皆さんは岸田総理の昨今の行状、どのように思われますか?

2023年6月27日 (火)

裏切り者の末路

ブログランキング参加しました。『ブログランキング』と『にほんブログ村』の2つです。よろしければクリックお願いします。

歴史ランキング

にほんブログ村 歴史ブログへ

にほんブログ村

いつも応援ありがとうございます。

【速報】プリゴジン氏、行方不明に 


 ここ数日世界中を騒がせたロシアにおける民間軍事会社ワグネルの反乱。一時期ウクライナ戦争の一大兵站基地ロストフ州を抑えたところまでは良かったんですが、その後モスクワを目指し進撃するも一日も経たないうちに断念、ベラルーシのルカシェンコ大統領の仲介でワグネル総帥プリゴジンの身の安全の保障とベラルーシへの出国を条件に兵を引きました。

 プーチン大統領は降伏すればワグネル兵士の罪は問わないと約束しました。しかし実際にロシア軍と戦闘しヘリ6機、固定翼機1機を撃墜しているし、銃撃戦で死者も出ているそうなので普通の感覚があれば許されるはずが無いと思います。古来、反乱を起こした者は、降伏してもいずれ何らかの手段で粛清されます。一番手っ取り早いのは戦場で最前線に送り込み敵兵に始末してもらうパターン。あるいは危険な地雷原踏破要員にすること。

 反乱の首謀者にもいずれ死が待っています。それは当然でしょう。一度裏切った者はまた裏切るんですから。忠誠心厚い者はどんな不利な状況になっても絶対に裏切りません。ですから反乱を起こすなら覚悟を持ってすべきだし、相手からどんな甘言を弄されようと絶対に乗ってはいけないのです。成功か死か。そんな覚悟を持てないなら反乱など起こすべきではありません。

 現在、首謀者のプリゴジンはベラルーシに出国すると言いながら行方不明になっているそうです。プーチン政権が秘密裏に始末したか、暗殺を恐れて本人が隠れたかのどちらかでしょう。考えてみればプリゴジンの判断は甘すぎましたね。ロストフの兵站基地を抑えたんだから、ロストフ州に割拠するという選択肢もあったはず。あるいは遮二無二モスクワに突進しクレムリンを制圧すれば、たとえプーチンが逃亡して居なくても勝利する目もあったと思うんですよ。

 ロシア軍の精鋭部隊はほとんどウクライナに出払っていたはずですから。モスクワにいるのは訓練も十分でない徴集兵か、本格的戦闘経験のない治安部隊だけ。そこにウクライナ戦争で鍛え抜かれたワグネルの精鋭部隊が突入すればワンチャンあったのではないでしょうか?プリゴジンもそれを見越して反乱に踏み切ったのだと思っていました。

 それが誰でも分かるようなあからさまな甘言に騙されて兵を引くんですから、プリゴジンの指揮官としての資質も疑いますね。所詮ならず者集団の首領程度の器だったんでしょう。私は深刻な内戦になってウクライナにいるロシア軍が撤退するか士気がぼろぼろになってウクライナ軍に駆逐されることを願っていたんですが、ワグネルが腰砕けになったことで今後どうなるのでしょうか?

 すくなくともロシア兵の士気には影響すると思うんですよ。そして鎮圧したとはいえ簡単に反乱を許したプーチン大統領の指導力にも陰りが見えました。今後プーチンの求心力はどんどん低下するでしょう。加えて一部ロシア軍がワグネルの反乱に参加したという報道もありますから、ロシアの内部対立も深刻化すると思いますよ。私はロシア兵の中に少なからず厭戦気分があると見ています。

 何ら大義の無い侵略戦争で大きな犠牲を出しているんですから、戦っているロシア兵が嫌気をさすのは心情です。ワグネルの反乱は失敗に終わりましたが、長期的に見てウクライナにはプラスになるような気はします。皆さんはプリゴジンがどうなっていると思いますか?まあ無事にベラルーシに逃げおおせても末路は悲惨だと私は見ています。

2023年6月25日 (日)

よくこれで日本を非難できたな(呆)

ブログランキング参加しました。『ブログランキング』と『にほんブログ村』の2つです。よろしければクリックお願いします。

歴史ランキング

にほんブログ村 歴史ブログへ

にほんブログ村

いつも応援ありがとうございます。

【読売新聞】 中国の複数原発がトリチウム放出、福島「処理水」の最大6・5倍…周辺国に説明なしか [6/23]

 東日本大震災とその後の大津波で損傷しメルトダウンした福島第一原発。その処理水の貯蔵が限界まで達し、トリチウム以外の放射性物質を安全基準を満たすまで浄化した処理水を海に放出することが決まりました。トリチウムだけは処理できないためそのまま残すことになります。

 トリチウムは三重水素のことで日々自然に発生しており水道水や雨水、我々の体内にもあり自然界に広く存在する放射性物質だそうです。トリチウムの出す放射線エネルギーは極微弱で紙一枚でも遮ることが出来ます。実際世界各地の原発がトリチウム入りの処理水を海洋に放出していますが、トリチウムを原因とする悪影響は見つかっていないそうです。

 これが科学的事実。ところがシナと韓国(と、おそらくは北朝鮮も)は福島第一原発の処理水に汚染水と言いがかりをつけ、深刻な海洋汚染を起こすから海洋放出は止めろと非難しています。しかし、実際韓国やシナの原発は福島第一原発以上の濃度のトリチウム入りの処理水を海洋に投棄しているのです。ここまで最悪なダブルスタンダードがあるでしょうか(呆)。

 厳密に調査すれば、他の放射性物質も大量に入っていると思いますよ。連中にそんな技術は無いでしょうし、そもそも自分さえ良ければよいという公共心ゼロの身勝手な国民性ですから。連中の日本に対する処理水放出非難は完全な悪意ですが、その嘘宣伝に騙される国民は情けない。科学に疎いという事を悪人どもに利用されているんです。悲しいことに日本人にもそんなバカが多数います。マスゴミも特亜の指令を受けて謂われない誹謗中傷を連日繰り返していますよね。

 おかげで日本各地の原発は止まり、ウクライナ戦争を受けたエネルギー資源の高騰で日本の電気代は上がり続けています。自分たちの生活が苦しくなってようやく原発再稼働しろという国民が増えては来ていますが、いまだにマスゴミは電気代高騰の理由を説明していません。マスゴミは日本の敵です。

 ともかく、日本政府は具体的な数値を示して特亜の謂れなき処理水非難に対抗すべきです。特亜の指令を受けたマスゴミなどにも厳しい態度で臨まないといけませんよ。我々国民も扇動に騙されることなく、科学的事実を理解しましょう。福島第一原発の処理水放出には何の問題も無いし、日本各地の原発再稼働はもちろん、増設新設して少しでも電気代高騰を防がないといけません。電気の安定供給は現代社会の根幹です。

 マスゴミは日本を貶め日本社会を混乱させるために今後も捏造報道で風評被害を起こし続けるでしょうが、ネットの力で真実を拡散し対抗しなければいけません。特亜にも厳しい態度を取り謂われない誹謗中傷には制裁で報復すべきです。さしあたっては日韓断交。シナも仮想敵として防衛力強化しなければなりません。

 皆さんは自分たちを棚に上げての特亜の福島処理水非難、どのように思われますか?

 

追伸:

 ちなみに具体的数値を上げると日本の処理水のトリチウム濃度は年間22兆ベクレル以下、これに対しシナの原発は紅沿河原発で90兆ベクレル、泰山第三原発で143兆ベクレル、寧徳原発は102兆ベクレル、陽江原発も112兆ベクレルだそうです。日本の処理水放出が深刻な環境被害をもたらすと非難するなら、シナは自害しないといけませんな。

2023年6月23日 (金)

日本の防衛費増額がアメリカの要求?だから何だ?

ブログランキング参加しました。『ブログランキング』と『にほんブログ村』の2つです。よろしければクリックお願いします。

歴史ランキング

にほんブログ村 歴史ブログへ

にほんブログ村

いつも応援ありがとうございます。

バイデン氏、日本の防衛費増額「私が説得した」 ウクライナ支援強化「日本も巻き込むことができると思っていた」

 無能ヘタレ岸田が防衛費増額を自ら決断したなどとは誰も思っていません。国家観も国防意識もゼロなんですから。それがアメリカの要求であることも皆知っています。ウクライナへの支援強化ももちろん同じです。岸田総理はウクライナ戦争が将来の台湾有事に直結するなど理解していないでしょう。岩盤支持層の保守層の猛反発が予想されるのに強引にLGBT法案を通したくらいの馬鹿ですから。

 それでも防衛費対GDP比2%まで増額を決めたことは良かったし、ウクライナ戦争へ支援することは将来の台湾有事で日本に欧米諸国が何らかの援助をしてくれるための布石です。ウクライナを助けたから日本も助けてもらえる。ギブアンドテイクです。これが「ウクライナの事は日本と関係ないから援助しない」と言ったらどうなったでしょうか?当然台湾有事の時も「アジアの東の果ての話だから欧州は無関係」といって何も援助してもらえませんよ。

 本来ならNATO諸国のように兵器援助まで踏み切るべきでした。あるいはウクライナ軍の兵站を支えるために民間用も含めた輸送トラックなどを大量に援助するのが望ましかったと思います。しかし何もしないよりはまし。戦後復興の約束もしたし、不十分とはいえ非殺傷兵器の援助はしています。日本は平和憲法の規制でこれくらいしか援助できないという大義名分で欧米諸国にも納得してもらえるでしょう。

 天下の悪法憲法9条もウクライナ援助が少ないことに対する言い訳として戦後初めて役に立ったわけです。皮肉ですがね(苦笑)。ともかく我々日本人の命を守るためには防衛力強化は当たり前だし、アメリカの圧力だろうと何だろうと我々が望んでいたことなんです。外圧でしか動かない日本は情けない限りですが、当然のことをやっただけにすぎません。

 問題は、防衛費増額がアメリカの圧力だったと否定的に報じるマスゴミの態度だと思いますよ。これを見てもマスゴミが特亜の指令で動いているのが分かります。日本の防衛力強化は日本のためであるし同盟国アメリカの負担を減らすためでもあります。一方日本を敵視し侵略の意図を持っているシナにとっては非常に都合が悪い。こんな報道をして誰が喜ぶか?一目瞭然ですね。

 近未来に起こる台湾有事、そして日本有事の時マスゴミがどんな動きをするかも予想できます。言論テロで徹底的に反戦キャンペーンを張るでしょう。沖縄を含む日本各地にシナのミサイル攻撃があっても「話し合いで解決しよう」などと世迷言を垂れ流すと思いますよ。話し合いで解決できるならそもそもウクライナ戦争は起こっていません。

 さすがに日本人に犠牲者が出たら、マスゴミがふざけた報道をしたら全国民が激高すると思いますよ。マスゴミ各社に焼き討ちが起こるかもしれませんね。家族や親族が亡くなっているんですから。マスゴミ関係者は非国民として家族すら地域社会から追放されるでしょう。まあ、特亜人が大量に紛れ込んでいるから追放されるのは時間の問題だと思いますがね。

 皆さんは日本の国防力強化を非難する売国マスゴミの報道姿勢、どのような感想を持たれますか?

 

 

2023年6月21日 (水)

歩兵大隊の担当正面の話

ブログランキング参加しました。『ブログランキング』と『にほんブログ村』の2つです。よろしければクリックお願いします。

歴史ランキング

にほんブログ村 歴史ブログへ

にほんブログ村

いつも応援ありがとうございます。

 今日の話は非常にマニアックな話なので軍事や国防に興味の無い方はスルーして下さい。

 ついに始まったウクライナ軍の反転攻勢ですが、BSの番組で元陸上自衛隊幕僚長・陸将の岩田清文氏がソ連軍の軍事ドクトリンでは歩兵大隊の担当正面は5㎞が限界だと言われていました。ザポリージャ州の戦闘正面が約100㎞、縦深も同じく100㎞。そこを40個大隊で防衛しているのだから二重の防御線でもぎりぎり。どこかに必ず穴があるはずで、ウクライナ軍はその穴を探るために全正面に攻撃を仕掛けていると指摘されていました。

 そこで歩兵大隊の担当正面について調べてみました。第2次世界大戦時では歩兵大隊の担当正面は1㎞だったそうです。それは重機関銃の戦闘距離が1㎞以下だったからです。歩兵大隊は約800名の兵員(3個歩兵中隊基幹、他に支援用の重火器中隊などが付く)で構成されています。その主力は歩兵ですが、大隊砲と呼ばれる歩兵支援用の軽火砲(日本で言えば九二式七十粍歩兵砲、米軍だとパックハウザー75㎜空挺砲)を数門装備しています。しかし防衛戦の場合は敵歩兵の浸透を防ぐために重機関銃の弾幕で守らないといけません。もちろん最小単位の分隊(国によって違うが6名~12名くらい、分隊長は軍曹)も分隊支援火器として軽機関銃を持っています。ただ軽機関銃は二脚でこちらが攻撃するとき弾幕をはって敵兵が頭を上げられなくするのが主任務で、重機関銃のように敵兵の突撃を阻止するような役目は稀です。有効射程が違いすぎるからです。

 第2次大戦中のドイツ軍や最近の軍隊では汎用機関銃といって同じ銃を分隊支援火器で使う場合は二脚、重機関銃として使う場合は三脚で使用しています。ドイツのMG34やMG42が有名ですよね。そこでロシア軍の重機関銃を調べてみたんですが、PKPペチャネグ(7.62㎜×54)、Kord(12.7㎜×108)、NSV(12.7㎜×108)などがあります。他に軽機関銃としてRPK(7.62㎜×39)やRPK74(5.45㎜×39)などがあります。軽機関銃はアサルトライフルの弾丸と共通なので有効射程は500mから1000m程度。重機関銃でも有効射程は2000mまでです。

 これでは5㎞正面を守る時スカスカになってしまいます。大隊正面の中央にある重機関銃は左右どちらにも弾幕をはれるのですが、端っこにある重機関銃は反対側まで火力支援を与えられません。ですから理想的には歩兵大隊の担当正面は2㎞程度だと思うんですよ。旧ソ連の軍事ドクトリンで歩兵大隊の担当正面5㎞というのは相互支援をある程度諦めた上での最大限なんでしょう。

 しかも防衛線を構築する場合、すべての兵力を前線に集めるわけにはいかず、敵の突破に備えて予備兵力を拘置しておかなくてはなりません。となるとますます防衛線に張り付かせる兵力が不足してしまいます。現在ロシア軍はウクライナ軍の攻撃を必死で防いでいますが、もし突破されたら目も当てられない状況になると思います。しかも防衛ラインは二重どころか三重になっている所もあります。加えて重要都市であるメリトポリやトクマクなどは全周に防衛ラインを張っているから尚更です。

 他の識者は40個大隊ではなく80個大隊くらい防衛兵力があると言う者もいますが、そもそもそこまで兵力に余力があれば防御戦などせず積極的に攻勢を取っているはずで信用できません。

 皆さんはロシア軍の防衛ラインと歩兵大隊の担当正面の話、どのような感想を持たれますか?

2023年6月19日 (月)

日本でもそのうち神罰仏罰が下るかも?

ブログランキング参加しました。『ブログランキング』と『にほんブログ村』の2つです。よろしければクリックお願いします。

歴史ランキング

にほんブログ村 歴史ブログへ

にほんブログ村

いつも応援ありがとうございます。

米マサチューセッツ州の同性愛者擁護の「教会」、プライド月間を祝ったわずか数時間後に落雷に見舞われた


 同性愛を禁じているキリスト教で同性愛擁護の教会がある事自体、驚愕です。もはやキリスト教ではなく邪教ですよね。欧米でLGBT運動が盛んなのは宗教で長年禁忌とされてきたことだから。寛容な日本社会では差別など有りません。おすぎとピーコやマツコ・デラックスなど同性愛者が普通にテレビに出てますからね。そんな日本で強引にLGBT法を推進している連中はリベラルというより国賊だと思いますよ。

 それにしても同性愛擁護のプライド月間(どんなものか知ったことではないが…)を祝った数時間後に落雷って偶然だとしたら天文学的確率ですよね。私は冗談抜きで神の意志を感じます。どんな宗教でも同性愛を禁じているのはそれが神の摂理に反するから。私は別に差別するつもりは毛頭ないですよ。現にマツコ・デラックスの番組とか普通に見てますからね。同性愛者に対する嫌悪感もありません。幸いにして(と書いたらLGBT関係者は発狂するかも?)私の生きてきた周囲には同性愛者がいなかったですが、もしいても何も感じません。個人の趣味趣向は勝手ですから。

 日本の八百万の神々は一神教の神と比べたら随分寛容ですが、それでも日本の国体を破壊し皇統断絶を図る悪辣な陰謀であるLGBT推進運動に関しては絶対に許さないと思いますよ。仏教も同様です。仏教界には何をしても救えない衆生を救う最後の手段として厳しい仏罰を与えることで反省させ救う不動明王様がいます。その結果その者が無間地獄に落ちるとしてもです。そこで反省したらやり直しの転生できるだろうし、反省しなかったら未来永劫地獄で苦しみます。まさに自業自得。仏像や仏画を見たことのある方なら、全身炎に包まれ降魔の剣を持った不動明王様の姿はご存知でしょう。降魔の剣が悪であるLGBT利権者どもにいつ振るわれるか分かりませんよ。

 実際、LGBT当事者ですら差別の助長に繋がると反対しているのに、強引に進めるのは何らかの利権があるからでしょう。公金チューチューだろうし、国体破壊だろうし、その背後にはシナがいると思いますよ。ですからLGBT法推進者は仏敵であり朝敵です。

 朝敵は滅ぼさなければならない。キリスト教のヤハウェの神の罰が落雷なら、日本も天神様がいらっしゃるので落雷かもしれませんね。仏罰だと何だろう?個人なら脳溢血などの突然死、集団なら事故とか火事なんでしょうか。それは分かりません。何をしたって連中は反省などしないでしょうから、未来永劫地獄で苦しんでもらいましょう♪

 本日の記事は宗教くさくなってしまいましたが、同性愛擁護の教会に絶妙のタイミングで落雷というニュースを見たので、神の意思を感じたんですよ。日本の宗教界も腐っていますから神罰仏罰がどんどん下って欲しいと強く思います。そして朝敵極悪LGBT推進勢力には最も厳しい罰が下されるべきです。さしあたっては与野党の薄汚い利権政治家どもとマスゴミでしょうか。

 皆さんは同性愛擁護の教会に落雷というニュース、どのように感じましたか?

2023年6月17日 (土)

天下の悪法LGBT利権法で造反した真の国士3名

ブログランキング参加しました。『ブログランキング』と『にほんブログ村』の2つです。よろしければクリックお願いします。

歴史ランキング

にほんブログ村 歴史ブログへ

にほんブログ村

いつも応援ありがとうございます。

 2023年6月16日金曜日、天下の悪法LGBT利権法が参議院で可決、成立しました。参議院ライブ配信では分からなかったんですが、その後のニュースで自民党の中で採決を棄権し席を立った議員が誰か分かりました。青山繁晴氏、和田政宗氏、山東昭子氏の三人です。

 党議拘束もある中、除名覚悟で造反したその勇気を称えます。真の保守議員だと思います。私は下手したら造反は一人も出ないかもしれないと危惧していたんですが、筋を通す素晴らしい議員がいたことは素直に嬉しかったです。青山氏に関してはアンチも多いし自称保守の中でも批判している連中が多いですが、ここまで筋を通す議員が他にいるでしょうか?

 たしかに青山氏は話は大げさだし自己顕示欲も強いと思いますが、その欠点を補って余りあるほど保守政治家としての信念があります。彼の筋を通す生き方には敬意を表しますね。

 さて岸田執行部は青山議員たちをどう処分するんでしょうか?除名したら岩盤支持層の保守層が完全に離れますよ。稀代の悪法LGBT利権法が通ったので、百田新党はできますね。私は百田さんの主張を基本的に支持していますが、なぜか青山氏に敵意を示し批判していました。今回の義挙もどう評価するか注目しています。

 はっきり言って青山氏の行動を批判したり揶揄したりしたら百田新党は失敗しますよ。それだけはやめてもらいたいですね。保守の支持は青山氏にあります。その現実を見誤らないでほしい。あと変な候補者を擁立するのも厳禁。参政党のように特亜工作員が入り込んで内部から崩される可能性もあるので気をつけるべきです。

 百田さんに清濁併せ呑む度量があるなら良いんですが、所詮一回の作家ですからね。そこまで要求するのは酷か?ただ岸田総理の暴挙によって保守層の中に静かな怒りが渦巻いていますから、百田新党ができてもある程度は議席獲得するかもしれません。百田新党が救世主になれるかどうかはこれからどんな党を作っていくかにかかっていると思います。

 現実的には政治系ユーチューバーヒロクマさんのように、百田新党は影響力のあるあさ8などで永遠にLGBT利権法で騒いでもらう事だけを期待するべきなんでしょう。今まで保守と名乗る新党が雨後の筍のように生まれましたが、ことごとくしょうもない事で消えていきました。

 ともかく、自民党の正義の三議員は信頼できる政治家ですから永遠に応援していこうと思います。

 

追伸:
 もちろん衆議院の採決で欠席した杉田水脈氏、城内みのる氏、採決の会場から出た高鳥修一氏を応援していくのは言うまでもありません。

2023年6月15日 (木)

ウクライナの反転攻勢、緒戦の情報で一喜一憂しない事

ブログランキング参加しました。『ブログランキング』と『にほんブログ村』の2つです。よろしければクリックお願いします。

歴史ランキング

にほんブログ村 歴史ブログへ

にほんブログ村

いつも応援ありがとうございます。

ウクライナ反攻作戦、最初の拠点を制圧、兵力7%損失…早くも勝利確定か!


 ついに始まったウクライナ軍の反転攻勢。欧米の軍事専門家の予想通りザポリージャ州南部への攻撃が主攻勢軸でドンバス地方での戦闘は支作戦だと見られています。本来ならヘルソン州方面も助攻軸となるはずでしたが、ロシア軍がノヴァ・カホフカダムを爆破したためこちらは現在のところ止まっています。

 ロシア軍の鬼畜なところは、前線にいた自軍の兵士にすら爆破を知らせず溺死させたこと。未確認情報では一個連隊が消えたとも?その上、強引に併合したくせに住民を救助しないばかりか住民を救助していたウクライナ軍にまで攻撃を仕掛けました。これは核攻撃に匹敵するような重大な国際法違反ですよ。こんな国はさっさと滅べと言いたいですね。

 それはともかく、ウクライナ軍が緒戦で苦戦しているというニュースが主にロシア側から流れてきています。日本のネット上でもロシアンフレンズや反日左翼どもが狂喜していますが、まだ戦いは始まったばかり。今は戦場の霧と呼ばれる情報が錯綜する状況でどちらが有利かは終わってみなければ分かりません。

 ロシア軍はザポリージャ州をウクライナ軍が縦断しアゾフ海に達すれば敗北確定になるため必死に守っています。何か月も防戦準備をしていたためウクライナ軍が苦戦するのは当然です。ウクライナ軍の攻勢軸で主なものは二つ、一つはトクマクからメリトポリへ向かうルート、もう一つはザポリージャ州、ドネツク州の州境からベルジャンシクあるいはマリウポリへ向かうルートです。

 メリトポリへ向かう西側のルートは、ロシア軍の主要な防衛線が三本、その他メルトポリをぐるっと囲む要塞線があります。防衛ラインの間隔が広く、元陸上自衛隊中部方面総監・陸将の山下裕貴氏によると、防衛ラインの間に予備の機甲部隊を置き、突破してきたウクライナ軍を横撃で逆襲することを意図しているそうです。

 ベルジャンシクに向かう東側ルートも同じくロシア軍の防衛ラインは三本ですが、こちらはライン間の間隔が狭く前のラインを突破してきたウクライナ軍を後方のラインから砲撃して撃退する陣形だと言われます。イメージ的には過去記事で書いた反斜面陣地の拡大版のような感じ。ですからウクライナ軍に被害が出るのは当然。ウクライナ側もロシア軍の防衛ラインが硬いのは承知の上で攻撃しているそうです。

 ロシア軍としてはすべての防衛ラインを守り切らなければ負けるので必死ですが、ウクライナ軍はどこか一か所でも突破出来たらそこに予備部隊を集中投入して戦果を拡大するだけですから、精神的な余裕はウクライナ側にあると見られています。勝敗のカギは、ウクライナ軍がどこか一か所でも防衛ラインを突破できるか、ロシア軍がすべての防衛ラインを守り切れるかにかかっています。

 大体一週間から一ヶ月くらいで全貌は見えてくると思います。ですから途中経過で一喜一憂しないことが大切です。私の個人的な感想では、西側の最新装備で固められたウクライナ軍が夜間戦闘で有利なので最終的には勝つと見ています。ただその戦果がトクマクまでか、メリトポリ解放まで行けるかは未知数ですが。

 もし最良の結果となりアゾフ海まで達することが出来れば、ロシア軍を東側と西側に分断することが出来ウクライナの勝利確定です。クリミア大橋も射程圏内に入りクリミアのロシア軍は孤立します。しかしロシア軍も必死なのでどうなるかは本当に分かりません。

 我々としては戦闘の推移を冷静に見守る必要があります。すでにネット上ではウクライナ軍がロシア軍の防衛ラインを突破し快進撃しているなどの情報が氾濫していますが、贔屓の引き倒しになったら無意味です。ウクライナ軍なりNATOなりの公式発表があるまでは、話半分くらいで聞く必要があるでしょう。

 皆さんはついに始まったウクライナ軍の反転攻勢、どのように見ていますか?

2023年6月13日 (火)

今頃現役復帰させるなら戦争当初にやってるだろ?

ブログランキング参加しました。『ブログランキング』と『にほんブログ村』の2つです。よろしければクリックお願いします。

歴史ランキング

にほんブログ村 歴史ブログへ

にほんブログ村

いつも応援ありがとうございます。

ロシア海軍、巡洋艦「オーロラ」「ミハイル・クトゥーゾフ」2隻の現役復帰を決定!


 今日は真面目な時事問題というよりネタ記事寄りです。

 ウクライナ軍の本格的反攻作戦が始まって劣勢気味のロシア軍ですが、ここにきて退役していた旧式艦を現役復帰させるそうです。バルト海艦隊が巡洋艦オーロラ、黒海艦隊は巡洋艦ミハイル・クトゥーゾフです。

 オーロラはロシア語だとアブローラと言うそうです。これがとんでもない艦で、旧式もよいとこ。日露戦争前の1903年就役の防護巡洋艦。何度か改装されているそうですが、1922年の時点でも130㎜単装速射砲×10など、とても現代戦で役立つとは思えない骨董品です。第2次大戦中でもお荷物だったと思われ、海軍博物館で展示物と化していたそうです。日本で言えば横須賀市の三笠公園に展示されている戦艦三笠のイメージ。ただし防護巡洋艦なので三笠よりはるかに劣る防御力。というかミサイル全盛の現代戦では五十歩百歩ですけどね(苦笑)。何でこんな老朽艦を現役復帰させるのか理解に苦しみます。現代戦で通用するまで改装する費用があれば新しいフリゲートなりを建造する方が安上がりなのでは?

 これに比べるとクトゥーゾフの方は1954年竣工で1992年退役だからオーロラよりは遥かにまし。スヴェルドロフ級軽巡洋艦の12番艦で就役当時は黒海艦隊の主力艦として活躍しました。軽巡洋艦と言いながら満載排水量が16000トンを超える巨艦です。主砲は152㎜三連装砲×4基で戦時中の最上型の重巡改装前みたいな感じで好きなんですけどね。あるいは米海軍のブルックリン級軽巡か?日本でいうと妙高型重巡や高雄型重巡より大きい。

 ただしウィキを読んだ限りだと、砲や魚雷だけでミサイル兵装は一切積んでいない感じです。私はロシア艦、特に戦後のソ連艦に関しては知識がないのでもしかしたら巡航ミサイルくらいは改装で搭載しているかもしれません。これも現代戦で使い物になる様にするにはかなり大掛かりな改装が必要で、それがないままならただの的。特に黒海艦隊所属艦はロシア自慢のレーダー装備で対空能力で自身のある艦もどんどんウクライナ軍のミサイル攻撃でやられていますから今更という感じではありますが。

 それにどこで改装させる気でしょうか?改装している間にウクライナ戦争が終わるような気もしますが。記事によるとVLS(垂直発射システム)搭載に改装するみたいですが、性能の良い小型のコルベットなりフリゲートを建造する方が良くないですかね?他人事ながら理解に苦しみます。意味不明なんですが…。

 ロシア軍は陸海空軍全て迷走している感じですね。最初このニュースを見たとき質の悪い冗談かと思いましたよ。特に黒海艦隊はそれだけ動かせる艦艇がないんでしょうかね?こんな老朽艦に乗せられる水兵が可哀そうです。

 皆さんはロシア海軍が退役艦を現役復帰させるというニュース、どのような感想を持たれましたか?

2023年6月11日 (日)

台湾有事が近いのかな?

ブログランキング参加しました。『ブログランキング』と『にほんブログ村』の2つです。よろしければクリックお願いします。

歴史ランキング

にほんブログ村 歴史ブログへ

にほんブログ村

いつも応援ありがとうございます。

習近平氏が「琉球」に言及、中国との「交流深い」…沖縄の帰属巡り揺さぶりか


 いつ起こってもおかしくないと言われる台湾有事。シナが万が一でも勝つには在日米軍の介入を極限まで遅らせ台湾に上陸、台湾人を人質にとっての和平交渉、有耶無耶にしての台湾併合しかありません。そのためには沖縄にある在日米軍基地、自衛隊基地に開戦奇襲で巡航ミサイル、極超音速ミサイルの飽和攻撃を仕掛け、一時的に機能不全に陥れようとするでしょう。その際、米軍基地はバンカー(掩体壕)がしっかりしているので機体の全損は無いでしょうが、平和ボケ日本は碌な防御施設もないため全滅もあり得ます。

 軍事的合理性を考えたら、台湾有事は日本有事です。逆に言えば習近平がそこまで覚悟しない限り起きないと思います。もし米軍の介入を恐れ台湾だけを攻撃したなら勿怪の幸い。制海権と航空優勢を奪い返して補給を遮断、台湾上陸したシナ人民解放軍を立ち枯れさせることが出来ます。

 ここ最近、シナ共産党幹部や人民解放軍高官が沖縄に対する発言を繰り返している意図もここでしょう。シナの工作員であるデニーが知事ですから、こいつがいるうちにやってしまおうと考えているのでしょう。デニーはハニトラか賄賂漬けか知りませんが、最近の北朝鮮ミサイル騒動の時も、迎撃する自衛隊の対空ミサイル部隊に駐屯地から出るなと命じたくらいの鬼畜売国奴です。沖縄県民の命など塵ほども考えていないのでしょう。

 そういう売国知事がいるのも戦慄ですが、彼を選んだのは沖縄県民。自らを危険に追い込む選択をしたのですからそのツケは自らが負わなければいけないのかもしれません。沖縄の皆さん、それで良いんですか?このままだと確実に犠牲者が出ますよ。デニーは有事の際の県民避難も妨害するはず。実際避難計画を妨害していましたしね。

 有事の際も何らかのテロ行為をしでかすと思います。平和ボケというより工作員と見たほうが良い。こんな売国知事を頂いていると、日本政府がいくら頑張っても無理なような気がします。しかも岸田総理自身、国家観も国防意識もない無能ですしね。政治家も国民も危機意識が無さ過ぎますよ。

 穿った見方ですが、最近のLGBT騒動も背後にシナがいるような気がしてなりません。日本社会が混乱したら利益を得るのはシナですからね。今まで我々が信頼してきた自民党の保守政治家が前のめりになってLGBTを推進しているも不自然極まりません。そこまでシナの工作が浸透しているのでしょうか?だとしたら本当に恐ろしい話です。日本が戦わずして負けているという事ですからね。

 LGBT法もおそらく成立するでしょう。自民党内の真の保守派が40人ほど造反するという噂もありますが、それがあったとしても蟷螂之斧になりかねません。ただLGBTに造反した議員は真の保守ですから私は次の選挙でも投票しようと思います。LGBT法に党として唯一反対している参政党ですが、直近のYOUTUBE参政党の番組であり得ないほどのロシア擁護、西側批判をしていたので投票はできません。皇室に対する考え方もおかしいし、もし政権を取ったら立憲共産党や維新以上の売国政権になるかもしれません。現代のナチスですよ。一見保守に耳障りの良いことばかり言っているので余計に性質が悪い。

 本当に我々真っ当な保守には選択肢がありません。これからの日本はどうなっていくのでしょうか?考えるとどんどん暗い気持ちになってしまいます。皆さんは昨今の政治状況、どのように思われますか?

2023年6月 9日 (金)

オーストラリア、F/A-18ホーネット41機をウクライナに供与する可能性

ブログランキング参加しました。『ブログランキング』と『にほんブログ村』の2つです。よろしければクリックお願いします。

歴史ランキング

にほんブログ村 歴史ブログへ

にほんブログ村

いつも応援ありがとうございます。

豪州、ウクライナに戦闘攻撃機「ホーネット」を供与する可能性あり


 ウクライナ戦争に関心が薄まった日本人が増えているのは嘆かわしい限りですが、我々のように真剣に日本の国防を考えている者にとってはこの戦争の結果如何が日本の安全保障に直結するため注視せざるを得ません。

 最近飛び込んできたニュースですが、オーストラリアがF/A-18ホーネット戦闘機41機のウクライナへの供与を検討しているとのこと。私が最初に聞いた話だとカナダだと言うものでしたが、よく考えるとカナダ空軍はまだホーネットが現役でF-35Aの導入もようやく2023年88機が決まったばかりなので余裕がなく眉唾情報だろうと思っていました。

 そこでネットでソースを探したところ、供与検討はオーストラリアだとのこと。これなら納得です。オーストラリア空軍はすでにF-35Aを導入済みで72機調達予定。すでに何個飛行隊かはできているとのことなので退役したホーネット41機をウクライナに渡さない場合廃棄するか練習機としてアメリカに売却するしかないとのこと。

 廃棄するくらいならウクライナに供与して役立ってもらおうとオーストラリアが考えたとしても不思議ではありません。そしてこの話が出てきたという事はアメリカも許可しているのでしょう。ただ勘違いしてならないのは、このホーネットはスーパーホーネット(E/F)ではなくレガシーホーネットだという事。レガシーホーネットとスーパーホーネットは能力的にかなり違います。当然米海軍海兵隊で現役のスパホの方が遥かに高性能。オーストラリア軍のホーネットはA型だそうだからF-16でいったらBlock25か40くらいかな?もしレガシーホーネットでもC/Dの後期型ならスパホの初期型と同じレーダーのAN/APG-73を搭載しアビオニクスも大幅強化されているから良かったんですけどね。撃ちっぱなし(アクティブレーダーホーミング)ができるAMRAAMも撃てますし。A型で無改修だとサイドワインダーとセミアクティブレーダーホーミングのスパローしか撃てないのでは?オーストラリア空軍がその後改修したのかもしれませんが…。

 何よりの強みは、同じマルチロールながら対地対艦攻撃にF-16より特化しているということ。対地攻撃機が欲しいウクライナにとっては非常に魅力的な話だと思います。ウクライナに供与予定のF-16Block50/52相当のようにロシアのSu-30などと互角の空戦はできないかもしれませんが、対地攻撃機と割り切って使うならレガシーホーネットは非常に役立つと思いますよ。すくなくともウクライナ現役のSu-25攻撃機よりは活躍しそう。

 41機なら2個飛行隊くらいは作れます。それらが各機ハープーン対艦ミサイルを搭載しロシア黒海艦隊に一斉に襲い掛かたら黒海艦隊は一瞬で全滅しそう♪そのあとはマーベリック、SLAM-ERなどの空対地ミサイルや、JDAM・ペイブウェイなどの各種誘導爆弾でロシア地上軍を攻撃できます。HARMのような対レーダーミサイルも無改修で撃てるのでウクライナ空軍にとっては有り難いし、ロシアにとっては脅威でしょう。

 F-16の供与と共に、このF/A-18ホーネット戦闘機41機の供与もぜひ実現してほしいですね。聞くところによるとオーストラリア空軍がウイリアムタウンRAAF基地の格納庫に保管しているホーネットは保存状態が非常に良いそうで4ヶ月くらいでウクライナに提供できるとのこと。

 皆さんはオーストラリアがホーネット戦闘機をウクライナに提供する可能性というニュース、どのような感想を持たれましたか?

2023年6月 7日 (水)

アジア太平洋版NATOができるのをシナが嫌がっているのだけは分かった

ブログランキング参加しました。『ブログランキング』と『にほんブログ村』の2つです。よろしければクリックお願いします。

歴史ランキング

にほんブログ村 歴史ブログへ

にほんブログ村

いつも応援ありがとうございます。

中国国防相 「アジア太平洋版NATOができれば、アジアは紛争の渦になる」と警告


 NATOにせよアジア太平洋版NATOにせよ、ロシアやシナといったならず者国家から国を守るために作るのであって侵略をするための組織ではありません。そんなの国際法上の常識です。しかしそこまでシナが過剰反応するという事は、それだけ恐れているという事でしょう。

 アジア大洋版NATO(実際にはどういう名前になるのか?東京条約機構とかどうでしょう♪)ができれば、シナはこれまでのような戦狼外交も侵略行為もできなくなりますからね。世界各国から袋叩きに遭いますから。ちょうどウクライナがNATO各国から軍事支援を受けているように、非加盟国であってもシナが国際法無視の侵略を仕掛けたら同じ目に遭います。それは国家滅亡に等しいので、シナとしては絶対に阻止したいのでしょう。

 ただそのロジックがおかしすぎます。どこをどうすれば紛争の渦になるんでしょうか?むしろ紛争を避けるために作るんですよ。批判するにしてももっと万人が納得する=騙せるロジックにすれば良いのに、それすら考え付かないほど焦っているんでしょうかね?

 私は米英豪のAUKUSにまず日本が参加する事から始めればよいと考えています。これで中核ができる。これにシナの侵略に悩んでいる台湾、フィリピン、ベトナムなどが参加したらシナは完全に封じ込まれます。韓国はレッドチームだから言を左右にして参加しないでしょう。経済的にシナに死命を制されていますから。むしろその方が都合よい。合法的に敵陣営に追い込めますからね。

 まずは半導体同盟から締め出すことから始めれば良いかもしれませんね。韓国のような国際法も満足に守れない国は自由主義陣営から追放すべきです。ということで最優先は日本のAUKUS参加。アジア太平洋版NATOができた後は本来のNATOと統合しても良いかもしれません。これで国連に代わる新しい世界秩序ができます。加盟国のどこが侵略を受けても効果的な軍事行動がとれますから。

 そして日本がAUKUSに参加するための最低条件は、憲法改正して自衛隊を国防軍として認めることと、スパイ防止法でしょう。この二本柱は必須です。その上で日本国内に潜む特亜工作員(マスゴミを含む)を一網打尽にすべきです。皆さんはシナが非常に恐れるアジア太平洋版NATOを作るためには何が必要だと思われますか?

2023年6月 5日 (月)

その防衛省幹部は実在するんですか?

ブログランキング参加しました。『ブログランキング』と『にほんブログ村』の2つです。よろしければクリックお願いします。

歴史ランキング

にほんブログ村 歴史ブログへ

にほんブログ村

いつも応援ありがとうございます。

【レーダー】防衛省幹部「いつまでも、こだわるべきではない」


 前々から危惧していた通り、日韓防衛相会談は韓国のレーダー照射事件の加害行為を認めないまま再発防止策と今後の防衛協力で一致したようですね。

 韓国側がレーダー照射を認めていないのに(そればかりか日本の哨戒機が低空飛行で威嚇してきたと言いがかり)何がどうして再発防止策なんでしょうか?やっていることが矛盾していますよ。韓国が水面下で謝ったのかもしれませんが(韓国人の性格としてそれは無いと思うが)、公式に謝罪がない以上再発防止もへったくれも無いでしょうに。

 いくらアメリカの圧力でも、きっちりけじめをつけないと韓国はまたやりますよ。防衛協力どころの話ではない。明らかな敵対姿勢を示す国とどうやって協力関係が築けるのか私が聞きたいくらい(呆)。読売新聞報道の防衛省幹部の発言も信じられない。部下が命の危険に晒されたんですよ。岸田政権や外務省は弱腰のヘタレでも防衛省は自衛隊員が危険に晒されたのだから妥協するのはあり得ません。自衛隊員の命を何だと思っているのか!この防衛省幹部が実在するのなら頭がおかしいとしか思えません。

 私は実在しないと思いますね。マスゴミの捏造でしょう。在日に支配されているマスゴミはレーダー照射事件を矮小化し無かった事にしようとしています。今回の報道も韓国の意向を受けて馬鹿な日本人を騙そうとする捏造報道ですよ。岸田政権の対応にも失望しかありません。岸田総理は国家観も国防意識もない無能だからこうなるのは容易に想像できましたが、原理原則を無視した外交が成功するはずありませんよ。

 日韓関係改善の大きな棘の一つが韓国軍による自衛隊機に対する火器管制レーダー照射事件。戦争のきっかけにもなりかねない暴挙をしでかしておきながら日本政府が甘い態度を示したなら、同じような事件はまた起こるでしょうね。今度は自衛隊員に犠牲が出るかもしれません。それを避けるためにもまずは韓国に事件を認めさせ謝罪させるべきでした。

 もう何を言っても手遅れですが、同じ平和ボケで狂った土下座外交しかしてこなかったドイツがウクライナ戦争で目覚めたというのに、日本はいつまで愚かな外交を続けるつもりですか?自衛隊の現役幹部も佐藤正久議員らOBも韓国の謝罪がない限り日韓防衛協力はできないと訴えていたのに、その声を無視してレーダー照射事件を有耶無耶にした岸田政権の罪は重い。

 こんな体たらくで台湾有事が勃発した時まともな対応ができるとはとても思えません。台湾有事は日本有事、日本にもシナのミサイル攻撃やマスゴミを代表とするシナ工作員どものテロによって犠牲者が出るかもしれませんね。我々も覚悟する必要があると思います。それにしても本当に情けない。

 皆さんは岸田政権の狂った韓国対応、どのような感想を持たれましたか?

2023年6月 3日 (土)

日米の半導体輸出規制は現代のABCD包囲網か?

ブログランキング参加しました。『ブログランキング』と『にほんブログ村』の2つです。よろしければクリックお願いします。

歴史ランキング

にほんブログ村 歴史ブログへ

にほんブログ村

いつも応援ありがとうございます。

中国メーカーは洗濯機すら製造できなくなる可能性があると専門家が指摘、日本の措置は米国よりも打撃が大きい
 2022年10月、アメリカのバイデン政権はシナに対し半導体輸出規制強化策を発表しました。その大きな骨子は18ナノメートルのDRAM、14ナノメートル以下のシステム半導体など先端半導体の輸出の禁止、スパコンの開発・製造に必要な製品および技術などの禁輸です。これだけでもシナは最先端兵器が製造できなくなりますし、不正に横流ししていると言われるロシアも厳しくなってくると言われています。

 日本政府はアメリカの要請を受け、2023年5月23日シナに対する半導体輸出規制措置を発表しました。これによると45ナノメートル級汎用半導体製造に使われる露光装備などまで輸出規制に含むことになるそうです。実施は7月23日から。半導体に関しては全く知識がないのでネットで調べたところ、最先端ではないものの現在主力級の半導体チップの微細さだそうです。間違っていたらごめんなさい。ご存知の方はご教授ください。

 となるとシナが発狂する通り、電化製品から自動車に至るあらゆる製造に打撃を受けます。兵器に使う半導体がどれほどのものか知りませんが、これも大きな影響を受けるでしょう。秘かにロシアも発狂しているかもしれませんね。

 考えてみると半導体は21世紀の戦略物資。20世紀における石油に匹敵すると思います。もちろん石油も天然ガスも重要ではありますが、あらゆる機械が半導体を使っている以上その影響力は計り知れません。アメリカ主導で日本などが参加した対シナ半導体輸出規制は21世紀のABCD包囲網になるでしょう。この包囲網の対象には当然ロシアも入ります。シナからの横流しも難しくなるでしょうから。

 ただ懸念点が一つ。シナの産業に深刻な打撃を与えるという点では良かったと思いますが。窮鼠猫を噛むという可能性も想定しておかなくてはいけません。戦うも亡国、戦わざるも亡国となれば乾坤一擲大勝負に出る危険性があります。当時の日本もそれで開戦を決意したわけですからね。

 まだ半導体が製造できるうちに台湾を奇襲占領し台湾の半導体製造施設を接収するという野望を習近平が持たないとも限りません。日本政府も有事に備える必要があると思うし、我々国民も覚悟が問われますよ。もう一つの懸念点は、輸出規制の対象から外れた韓国。こちらもシナに不正横流しする可能性が高いと思いますよ。実際国連制裁決議に違反してフッ化水素などの戦略物資を北朝鮮やイランに横流ししていたわけですし。韓国は表向き西側ですが、裏切り者なので西側陣営から追放すべきだと私は思いますがね。

 半導体輸出規制は良いこと。ただし反発も覚悟し有事に備える必要があるというのが私の結論です。皆様のご感想をお聞かせください。

2023年6月 1日 (木)

アメリカ空軍現有兵力2023年

ブログランキング参加しました。『ブログランキング』と『にほんブログ村』の2つです。よろしければクリックお願いします。

歴史ランキング

にほんブログ村 歴史ブログへ

にほんブログ村

いつも応援ありがとうございます。

Photo_20230601093601

 これも軍事研究6月号からです。

 アメリカ陸軍機甲師団1944年型の編制図を目的に買ったのですが、陸自南西防衛態勢やロシア原潜オホーツク要塞の現状、インドの外交防衛政策と日米安保など読みごたえがある記事が多く買って良かった一冊でした。たまにしか買っていなかったんですが、毎月チェックする必要がありますね♪

 このアメリカ空軍現有兵力もその一つです。2023年ですからまさに最新の数字です。実は他にも練習機とか救難ヘリなど多機種あるんですが、一枚の画像に入りきれないのでこれくらいに止めました。

 驚いたのはF-15C/Dで、かなり減っていますね。州兵の分は残っているんでしょうけど。かといってF-15EXも96機に調達予定を減らされさらに80機になるという話もありますからF-15系は減らす予定です。米空軍としては主力戦闘機として完全にF-35Aを据えようとしているのでしょう。私はF-35はF-16の代替かと思っていたんですが、どうやらF-15C/Dの代替になっているみたいです。搭載量を考えるとF-15E系は残した方が良いと個人的には思いますが、どうなんでしょうか?発射母機としてE系を使って中間誘導をステルス機のF-35にさせるという構想があったように記憶しているんですが。空対地も空対空もまだまだストライクイーグルは使えるはずなんですけどね。

 嘉手納のF-15C/Dが退役して部隊も撤退するのは納得ですね。一部では代わりにF-35A部隊が来るという話もありますが、一刻も早く実現してほしいと思います。いくらF-22Aでもローテーション配備では駄目ですよ。F-22にしろF-35にしろステルス機なので専用のメンテナンス施設が必要で通常整備で済まないのでそう簡単にはいかないという問題はありますが、極東有事を考えると力の空白は一番まずいと思うんですよ。F-15C/Dはまだまだ第一線級の戦闘機なので欲しい国は数多く出そう。イスラエルなどはすでに名乗り上げているかもしれませんね。台湾も欲しいかも?F-16V導入は決定していますが。ウクライナには当然間に合いません。それにタダであげるにはあまりにも勿体ない。各国が差し押さえたロシア資産でウクライナが買うというのはありかも?戦後賠償の前払いですよ(笑)。

 余談ついでに言うと、支援疲れしているアメリカや欧州も差し押さえたロシア資産を今のうちに貰うというのはどうでしょう?どうせこの戦争で負けたらロシアは滅亡するんですし。中東に逃げているオリガルヒ(新興財閥)の隠し資産や高級ヨットなど差し押さえしても良いと思うんですがね。悪は一蓮托生です。

 それから高高度偵察機のU-2は退役の方向なんですね。グローバルホークに代わるという話ですが、そのグローバルホーク自体問題がなかったですかね?このあたり知識がないのでご存知の方はご教授下さい。無人攻撃機の主力が完全にリーパー一色になったのも驚きでした。2015年段階ではまだプレデター(MQ-1)が150機くらい残っていたはずですが。もし余っているなら日本に安く売ってくれないですかね?プレデターでも空対地ミサイルのヘルファイアを2発撃てるから日本も欲しいんですよ。まあリーパーのようにペイロードが1.7トンもあって各種誘導爆弾他空対空ミサイル(現状ではスティンガー、将来的にはサイドワインダー搭載予定)を搭載するような凶悪さは求めていないんですよ。ちょっと怖いくらいでもシナ相手には十分ですから。

 そう言えばリーパーの非武装型のシーガーディアンは日本の海上保安庁も導入していましたよね。運用ノウハウは既にありそう。巡航ミサイルのトマホークは導入決定しているんだから無人攻撃機のハードルは無くなったと思うんですがね。今は無人機の時代ですよ!速度は遅いが、滞空時間は長くかなり変則機動できる巡航ミサイルみたいなもんと考えましょう♪

 余談があちこちに流れて収拾付かなくなったのでこれくらいで終わります。

 

追伸:

 F-15C/D退役に関してですが、州兵部隊に回すだけかもしれません。となると余らないから退役機を各国が買うという話も無くなるかも?ちょっと気になりますね。

« 2023年5月 | トップページ | 2023年7月 »