2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« その防衛省幹部は実在するんですか? | トップページ | オーストラリア、F/A-18ホーネット41機をウクライナに供与する可能性 »

2023年6月 7日 (水)

アジア太平洋版NATOができるのをシナが嫌がっているのだけは分かった

ブログランキング参加しました。『ブログランキング』と『にほんブログ村』の2つです。よろしければクリックお願いします。

歴史ランキング

にほんブログ村 歴史ブログへ

にほんブログ村

いつも応援ありがとうございます。

中国国防相 「アジア太平洋版NATOができれば、アジアは紛争の渦になる」と警告


 NATOにせよアジア太平洋版NATOにせよ、ロシアやシナといったならず者国家から国を守るために作るのであって侵略をするための組織ではありません。そんなの国際法上の常識です。しかしそこまでシナが過剰反応するという事は、それだけ恐れているという事でしょう。

 アジア大洋版NATO(実際にはどういう名前になるのか?東京条約機構とかどうでしょう♪)ができれば、シナはこれまでのような戦狼外交も侵略行為もできなくなりますからね。世界各国から袋叩きに遭いますから。ちょうどウクライナがNATO各国から軍事支援を受けているように、非加盟国であってもシナが国際法無視の侵略を仕掛けたら同じ目に遭います。それは国家滅亡に等しいので、シナとしては絶対に阻止したいのでしょう。

 ただそのロジックがおかしすぎます。どこをどうすれば紛争の渦になるんでしょうか?むしろ紛争を避けるために作るんですよ。批判するにしてももっと万人が納得する=騙せるロジックにすれば良いのに、それすら考え付かないほど焦っているんでしょうかね?

 私は米英豪のAUKUSにまず日本が参加する事から始めればよいと考えています。これで中核ができる。これにシナの侵略に悩んでいる台湾、フィリピン、ベトナムなどが参加したらシナは完全に封じ込まれます。韓国はレッドチームだから言を左右にして参加しないでしょう。経済的にシナに死命を制されていますから。むしろその方が都合よい。合法的に敵陣営に追い込めますからね。

 まずは半導体同盟から締め出すことから始めれば良いかもしれませんね。韓国のような国際法も満足に守れない国は自由主義陣営から追放すべきです。ということで最優先は日本のAUKUS参加。アジア太平洋版NATOができた後は本来のNATOと統合しても良いかもしれません。これで国連に代わる新しい世界秩序ができます。加盟国のどこが侵略を受けても効果的な軍事行動がとれますから。

 そして日本がAUKUSに参加するための最低条件は、憲法改正して自衛隊を国防軍として認めることと、スパイ防止法でしょう。この二本柱は必須です。その上で日本国内に潜む特亜工作員(マスゴミを含む)を一網打尽にすべきです。皆さんはシナが非常に恐れるアジア太平洋版NATOを作るためには何が必要だと思われますか?

« その防衛省幹部は実在するんですか? | トップページ | オーストラリア、F/A-18ホーネット41機をウクライナに供与する可能性 »

 時事問題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« その防衛省幹部は実在するんですか? | トップページ | オーストラリア、F/A-18ホーネット41機をウクライナに供与する可能性 »