2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 日米の半導体輸出規制は現代のABCD包囲網か? | トップページ | アジア太平洋版NATOができるのをシナが嫌がっているのだけは分かった »

2023年6月 5日 (月)

その防衛省幹部は実在するんですか?

ブログランキング参加しました。『ブログランキング』と『にほんブログ村』の2つです。よろしければクリックお願いします。

歴史ランキング

にほんブログ村 歴史ブログへ

にほんブログ村

いつも応援ありがとうございます。

【レーダー】防衛省幹部「いつまでも、こだわるべきではない」


 前々から危惧していた通り、日韓防衛相会談は韓国のレーダー照射事件の加害行為を認めないまま再発防止策と今後の防衛協力で一致したようですね。

 韓国側がレーダー照射を認めていないのに(そればかりか日本の哨戒機が低空飛行で威嚇してきたと言いがかり)何がどうして再発防止策なんでしょうか?やっていることが矛盾していますよ。韓国が水面下で謝ったのかもしれませんが(韓国人の性格としてそれは無いと思うが)、公式に謝罪がない以上再発防止もへったくれも無いでしょうに。

 いくらアメリカの圧力でも、きっちりけじめをつけないと韓国はまたやりますよ。防衛協力どころの話ではない。明らかな敵対姿勢を示す国とどうやって協力関係が築けるのか私が聞きたいくらい(呆)。読売新聞報道の防衛省幹部の発言も信じられない。部下が命の危険に晒されたんですよ。岸田政権や外務省は弱腰のヘタレでも防衛省は自衛隊員が危険に晒されたのだから妥協するのはあり得ません。自衛隊員の命を何だと思っているのか!この防衛省幹部が実在するのなら頭がおかしいとしか思えません。

 私は実在しないと思いますね。マスゴミの捏造でしょう。在日に支配されているマスゴミはレーダー照射事件を矮小化し無かった事にしようとしています。今回の報道も韓国の意向を受けて馬鹿な日本人を騙そうとする捏造報道ですよ。岸田政権の対応にも失望しかありません。岸田総理は国家観も国防意識もない無能だからこうなるのは容易に想像できましたが、原理原則を無視した外交が成功するはずありませんよ。

 日韓関係改善の大きな棘の一つが韓国軍による自衛隊機に対する火器管制レーダー照射事件。戦争のきっかけにもなりかねない暴挙をしでかしておきながら日本政府が甘い態度を示したなら、同じような事件はまた起こるでしょうね。今度は自衛隊員に犠牲が出るかもしれません。それを避けるためにもまずは韓国に事件を認めさせ謝罪させるべきでした。

 もう何を言っても手遅れですが、同じ平和ボケで狂った土下座外交しかしてこなかったドイツがウクライナ戦争で目覚めたというのに、日本はいつまで愚かな外交を続けるつもりですか?自衛隊の現役幹部も佐藤正久議員らOBも韓国の謝罪がない限り日韓防衛協力はできないと訴えていたのに、その声を無視してレーダー照射事件を有耶無耶にした岸田政権の罪は重い。

 こんな体たらくで台湾有事が勃発した時まともな対応ができるとはとても思えません。台湾有事は日本有事、日本にもシナのミサイル攻撃やマスゴミを代表とするシナ工作員どものテロによって犠牲者が出るかもしれませんね。我々も覚悟する必要があると思います。それにしても本当に情けない。

 皆さんは岸田政権の狂った韓国対応、どのような感想を持たれましたか?

« 日米の半導体輸出規制は現代のABCD包囲網か? | トップページ | アジア太平洋版NATOができるのをシナが嫌がっているのだけは分かった »

 時事問題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 日米の半導体輸出規制は現代のABCD包囲網か? | トップページ | アジア太平洋版NATOができるのをシナが嫌がっているのだけは分かった »