2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« よくこれで日本を非難できたな(呆) | トップページ | 国賊岸田総理、いや朝敵か? »

2023年6月27日 (火)

裏切り者の末路

ブログランキング参加しました。『ブログランキング』と『にほんブログ村』の2つです。よろしければクリックお願いします。

歴史ランキング

にほんブログ村 歴史ブログへ

にほんブログ村

いつも応援ありがとうございます。

【速報】プリゴジン氏、行方不明に 


 ここ数日世界中を騒がせたロシアにおける民間軍事会社ワグネルの反乱。一時期ウクライナ戦争の一大兵站基地ロストフ州を抑えたところまでは良かったんですが、その後モスクワを目指し進撃するも一日も経たないうちに断念、ベラルーシのルカシェンコ大統領の仲介でワグネル総帥プリゴジンの身の安全の保障とベラルーシへの出国を条件に兵を引きました。

 プーチン大統領は降伏すればワグネル兵士の罪は問わないと約束しました。しかし実際にロシア軍と戦闘しヘリ6機、固定翼機1機を撃墜しているし、銃撃戦で死者も出ているそうなので普通の感覚があれば許されるはずが無いと思います。古来、反乱を起こした者は、降伏してもいずれ何らかの手段で粛清されます。一番手っ取り早いのは戦場で最前線に送り込み敵兵に始末してもらうパターン。あるいは危険な地雷原踏破要員にすること。

 反乱の首謀者にもいずれ死が待っています。それは当然でしょう。一度裏切った者はまた裏切るんですから。忠誠心厚い者はどんな不利な状況になっても絶対に裏切りません。ですから反乱を起こすなら覚悟を持ってすべきだし、相手からどんな甘言を弄されようと絶対に乗ってはいけないのです。成功か死か。そんな覚悟を持てないなら反乱など起こすべきではありません。

 現在、首謀者のプリゴジンはベラルーシに出国すると言いながら行方不明になっているそうです。プーチン政権が秘密裏に始末したか、暗殺を恐れて本人が隠れたかのどちらかでしょう。考えてみればプリゴジンの判断は甘すぎましたね。ロストフの兵站基地を抑えたんだから、ロストフ州に割拠するという選択肢もあったはず。あるいは遮二無二モスクワに突進しクレムリンを制圧すれば、たとえプーチンが逃亡して居なくても勝利する目もあったと思うんですよ。

 ロシア軍の精鋭部隊はほとんどウクライナに出払っていたはずですから。モスクワにいるのは訓練も十分でない徴集兵か、本格的戦闘経験のない治安部隊だけ。そこにウクライナ戦争で鍛え抜かれたワグネルの精鋭部隊が突入すればワンチャンあったのではないでしょうか?プリゴジンもそれを見越して反乱に踏み切ったのだと思っていました。

 それが誰でも分かるようなあからさまな甘言に騙されて兵を引くんですから、プリゴジンの指揮官としての資質も疑いますね。所詮ならず者集団の首領程度の器だったんでしょう。私は深刻な内戦になってウクライナにいるロシア軍が撤退するか士気がぼろぼろになってウクライナ軍に駆逐されることを願っていたんですが、ワグネルが腰砕けになったことで今後どうなるのでしょうか?

 すくなくともロシア兵の士気には影響すると思うんですよ。そして鎮圧したとはいえ簡単に反乱を許したプーチン大統領の指導力にも陰りが見えました。今後プーチンの求心力はどんどん低下するでしょう。加えて一部ロシア軍がワグネルの反乱に参加したという報道もありますから、ロシアの内部対立も深刻化すると思いますよ。私はロシア兵の中に少なからず厭戦気分があると見ています。

 何ら大義の無い侵略戦争で大きな犠牲を出しているんですから、戦っているロシア兵が嫌気をさすのは心情です。ワグネルの反乱は失敗に終わりましたが、長期的に見てウクライナにはプラスになるような気はします。皆さんはプリゴジンがどうなっていると思いますか?まあ無事にベラルーシに逃げおおせても末路は悲惨だと私は見ています。

« よくこれで日本を非難できたな(呆) | トップページ | 国賊岸田総理、いや朝敵か? »

 時事問題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« よくこれで日本を非難できたな(呆) | トップページ | 国賊岸田総理、いや朝敵か? »