2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 歩兵大隊の担当正面の話 | トップページ | よくこれで日本を非難できたな(呆) »

2023年6月23日 (金)

日本の防衛費増額がアメリカの要求?だから何だ?

ブログランキング参加しました。『ブログランキング』と『にほんブログ村』の2つです。よろしければクリックお願いします。

歴史ランキング

にほんブログ村 歴史ブログへ

にほんブログ村

いつも応援ありがとうございます。

バイデン氏、日本の防衛費増額「私が説得した」 ウクライナ支援強化「日本も巻き込むことができると思っていた」

 無能ヘタレ岸田が防衛費増額を自ら決断したなどとは誰も思っていません。国家観も国防意識もゼロなんですから。それがアメリカの要求であることも皆知っています。ウクライナへの支援強化ももちろん同じです。岸田総理はウクライナ戦争が将来の台湾有事に直結するなど理解していないでしょう。岩盤支持層の保守層の猛反発が予想されるのに強引にLGBT法案を通したくらいの馬鹿ですから。

 それでも防衛費対GDP比2%まで増額を決めたことは良かったし、ウクライナ戦争へ支援することは将来の台湾有事で日本に欧米諸国が何らかの援助をしてくれるための布石です。ウクライナを助けたから日本も助けてもらえる。ギブアンドテイクです。これが「ウクライナの事は日本と関係ないから援助しない」と言ったらどうなったでしょうか?当然台湾有事の時も「アジアの東の果ての話だから欧州は無関係」といって何も援助してもらえませんよ。

 本来ならNATO諸国のように兵器援助まで踏み切るべきでした。あるいはウクライナ軍の兵站を支えるために民間用も含めた輸送トラックなどを大量に援助するのが望ましかったと思います。しかし何もしないよりはまし。戦後復興の約束もしたし、不十分とはいえ非殺傷兵器の援助はしています。日本は平和憲法の規制でこれくらいしか援助できないという大義名分で欧米諸国にも納得してもらえるでしょう。

 天下の悪法憲法9条もウクライナ援助が少ないことに対する言い訳として戦後初めて役に立ったわけです。皮肉ですがね(苦笑)。ともかく我々日本人の命を守るためには防衛力強化は当たり前だし、アメリカの圧力だろうと何だろうと我々が望んでいたことなんです。外圧でしか動かない日本は情けない限りですが、当然のことをやっただけにすぎません。

 問題は、防衛費増額がアメリカの圧力だったと否定的に報じるマスゴミの態度だと思いますよ。これを見てもマスゴミが特亜の指令で動いているのが分かります。日本の防衛力強化は日本のためであるし同盟国アメリカの負担を減らすためでもあります。一方日本を敵視し侵略の意図を持っているシナにとっては非常に都合が悪い。こんな報道をして誰が喜ぶか?一目瞭然ですね。

 近未来に起こる台湾有事、そして日本有事の時マスゴミがどんな動きをするかも予想できます。言論テロで徹底的に反戦キャンペーンを張るでしょう。沖縄を含む日本各地にシナのミサイル攻撃があっても「話し合いで解決しよう」などと世迷言を垂れ流すと思いますよ。話し合いで解決できるならそもそもウクライナ戦争は起こっていません。

 さすがに日本人に犠牲者が出たら、マスゴミがふざけた報道をしたら全国民が激高すると思いますよ。マスゴミ各社に焼き討ちが起こるかもしれませんね。家族や親族が亡くなっているんですから。マスゴミ関係者は非国民として家族すら地域社会から追放されるでしょう。まあ、特亜人が大量に紛れ込んでいるから追放されるのは時間の問題だと思いますがね。

 皆さんは日本の国防力強化を非難する売国マスゴミの報道姿勢、どのような感想を持たれますか?

 

 

« 歩兵大隊の担当正面の話 | トップページ | よくこれで日本を非難できたな(呆) »

 時事問題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 歩兵大隊の担当正面の話 | トップページ | よくこれで日本を非難できたな(呆) »