2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 書評『沖縄シュガーローフの戦い』(ジェームズ・H・ハラス著 光人社NF文庫) | トップページ | 企業のジャニーズ離れ、この流れは止められないだろうな »

2023年9月11日 (月)

防衛費対GDP比3%までは要らないと思うけど、大幅な増額は必要でしょうね

ブログランキング参加しました。『ブログランキング』と『にほんブログ村』の2つです。よろしければクリックお願いします。

歴史ランキング

にほんブログ村 歴史ブログへ

にほんブログ村

いつも応援ありがとうございます。

 

【防衛費GDP比3%に】プーチン氏と正恩氏急接近 窮状のロシアは地位低下へ、中朝露「三正面」への備えを


 中朝露悪の枢軸が出来上がりつつありますな。ロシアは無法なウクライナ侵略戦争でぼろぼろになり世界から孤立、同じならず者国家のシナや北朝鮮と組まざるを得ないのでしょう。北朝鮮は最初から孤立。シナも経済が行き詰まりアメリカから半導体輸出規制という致命的な制裁を受けてこのままだと戦わずして亡国です。ですから昔の日本のように万が一の可能性にかけて乾坤一擲の大勝負に出るしかない。

 その際、シナ単独だとまず勝ち目がないので北朝鮮とロシアに日米を牽制してもらうか、あわよくば参戦してもらいたいというのが本音でしょう。とはいえ、北朝鮮にできるのは日本へのミサイル攻撃のみ。その前に自国に一番利益があるのは南進です。北朝鮮としてはシナに戦端を開いてもらってまず台湾に侵攻してもらう。日米が台湾に注意を払っている間に韓国を攻めるというのが理想でしょうね。ちょうど第2次大戦中、ドイツ軍がフランス侵攻している隙をついてイタリアが参戦、南仏を攻撃したように。

 フランスは、ドイツ軍に攻められて苦境に陥りながらも善戦しイタリアの侵略は跳ね除けましたが、当時のフランス軍より士気の低い韓国軍は総崩れになりそうな気がします。北朝鮮軍が韓国に侵略するきっかけは、ただでさえ少なくなっている在韓米軍が台湾に出動した時でしょうね。ただアメリカもそれは分かっていますからある程度の戦力は半島に残すとは思いますが。

 ウクライナ戦争で疲弊し弱体化したロシアは、日本に上陸する能力はありません。ただ怖いのはミサイル攻撃。千歳や三沢の航空自衛隊基地、大湊の海自基地などを巡航ミサイルの飽和攻撃されたら非常にまずいです。一時的にせよ基地機能が喪失しますから。最近ようやく航空自衛隊も航空掩体壕(バンカー)を作り始めていますが、あまりにも遅すぎました。最前線のはずの那覇基地ですらわずか4機分のバンカーしかないという事実に暗然とします。すべての作戦機をバンカーに格納できるまで一体何年かかるか分かりません。ミサイルの飽和攻撃を受けたら飛行隊全滅の可能性も高いと非常に危惧しています。

 特に三沢基地には虎の子のF-35部隊がいますからね。この喪失は戦争全体に影響しますよ。日本は台湾有事にどう関わる気なんでしょうか?おそらく陸自は南西諸島の部隊に対艦、対空ミサイルで守らせるだけ。空自も領空の航空優勢維持が精一杯でしょう。私は戦争のカギは海自だと思っていて、特に潜水艦によるシナ海上兵站線遮断が最重要作戦だと見ています。補給路を断ってしまえばシナ人民解放軍はどれだけ台湾に上陸出来ても立ち枯れするだけだし、制海権を奪えば経済中枢がほとんど沿岸部に集中するシナの経済は破滅します。

 その中で一番心配なのは韓国です。韓国ははっきり言ってヘタレ、北朝鮮軍が侵攻してきたらすぐ降伏しそうな気はします。朝鮮戦争時も役に立たなかったばかりか、逆に米軍の足手まといになりましたからね。民族性は早々変わるものではありません。おそらく今の方がさらにヘタレの可能性もある。朝鮮半島が悪の枢軸軍の手中に入ったら、日本は匕首を喉元に突きつけられるような状況になります。韓国から難民も万単位で流入して日本は大混乱に陥るでしょう。これだけが心配の種。ですから今のうちに不逞鮮人や不逞外国人は強制送還すべきなのです。難民が来ても素直に受け入れては駄目です。対馬の山の中に難民キャンプを設けそこに押し込めておかなければなりません。あるいは済州島辺りを開放区にしてそこに放り込むべきです。日本本土に入れたら絶対に駄目です。朝鮮進駐軍のような暴力事件がまた起こりますよ。

 日本政府はいい加減本気で国防に取り込まなければいけません。しかも急を要する。空自はF-35の導入を加速させ、バンカーを急速に整備し、各種ミサイルを十分確保すべきでしょうね。陸自も島嶼防衛用に12式地対艦誘導弾能力向上型のような長距離兵器を多数揃えるべきです。海自も同様、一刻も早くトマホークを導入して護衛艦に装備させる必要がありますよ。そして地味なようですが、シナの港湾封鎖用に機雷を多数準備すべきです。碌な掃海能力も無いシナには致命傷になりえます。

 政府がすべきことは、まずスパイ防止法。在や反日左翼のような国内の不穏分子は有事の際には暴れますから今のうちに排除しておかないと、無辜の民が多数犠牲になりますよ。報道テロを起こしかねないマスゴミにも厳しい監視が必要です。国防も最優先で拡充させてほしい。ところが岸田総理にその危機感はなさそうに見えます。このたいへんな時期に一番ふさわしくない無能総理を抱いたのは日本最大の不幸だと思います。

 台湾有事は刻一刻と近づいていますが、皆さんは日本の国防どうすべきだと思われますか?

« 書評『沖縄シュガーローフの戦い』(ジェームズ・H・ハラス著 光人社NF文庫) | トップページ | 企業のジャニーズ離れ、この流れは止められないだろうな »

 時事問題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 書評『沖縄シュガーローフの戦い』(ジェームズ・H・ハラス著 光人社NF文庫) | トップページ | 企業のジャニーズ離れ、この流れは止められないだろうな »