2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 薩摩藩と琉球の石高 | トップページ | 書評『滅びゆく中国の最期の悪あがきから日本をどう守るか』(兵頭二十八著 徳間書店) »

2024年5月19日 (日)

日本百名山の一つ吾妻山が無残な姿に…(絶句)

ブログランキング参加しました。『ブログランキング』と『にほんブログ村』の2つです。よろしければクリックお願いします。

歴史ランキング

にほんブログ村 歴史ブログへ

にほんブログ村

いつも応援ありがとうございます。 

20240519-105036

 X上で写真が出回っているんですが、本当に驚きました。福島県と山形県にまたがる日本百名山の一つ吾妻山。まさかそんな名山がこんな姿になっているとは…。吾妻山は日露戦争時の装甲巡洋艦吾妻の名前の由来にもなっているんですよ。

 私の住む熊本県でも雄大な阿蘇の外輪山がソーラーパネルに埋め尽くされている姿を写真で見て心を痛めていたんですが、福島県でもこんなことになっていると知り怒りを覚えました。おそらく日本各地の風光明媚なところがソーラーパネルに埋め尽くされ景色を汚されているんでしょう。

 そもそも太陽光発電はクリーンエネルギーでもなければ安定電源でもない。弊ブログでも何度も書きましたが、電力の安定供給は近代国家の基礎の基礎。だからこそ原子力発電や火力発電が重要なのであって、常時発電できない上に蓄電能力もろくにない太陽光発電が優れているわけではありません。各家庭が趣味で取りつける分には構いませんが、火事になったら消火が困難で他の家にも延焼するのでその賠償金は巨額なものになります。延焼分の保険金は下りないかもしれません。よほどの大金持ちしかソーラーパネルは設置できないと思いますよ。

 ところがそんな太陽光発電を推進したのは民主党の菅直人政権時代。政権交代した後でも自民党の再エネ議連の連中が利権を引き継ぎ今も日本中で環境破壊をし続けています。己の利益のために日本のエネルギー安全保障と私たちの暮らしを脅かしているんですから、此処までの国賊は居ないでしょう。私は外患誘致罪も適用すべきだと思いますね。許せません。

 岸田政権は再エネ賦課金を増額し、太陽光発電で破壊された山林を守るために森林保護税まで新設しました。日本人を舐めているとしか思えません。森林の環境を守るなら太陽光発電を廃止すべきでしょう。どうして上海電力などシナ資本と再エネ議連を儲けさせるために我々が負担しなければいけないのか?皆さんももっと怒った方が良いですよ。

 クリーンエネルギー詐欺についてはマスゴミもグルです。おそらくシナから莫大な賄賂を貰っているのでしょう。太陽光発電が安定電源ではなくカドミウムなどの有害物質で土壌を汚染し、火事になったら消火も困難だという事実を一度でも報道したことがあるのでしょうか?逆に原子力発電を目の敵にし太陽光発電がいかに良いものかと日本人を洗脳し続けていますよ。

 吾妻山の無残な姿を見て心を痛めない日本人は居ません。阿蘇山も同様。山の斜面に作られたソーラーパネルが山の保水力を奪い、豪雨の時土砂災害を引き起こしやすいのは熱海の痛ましい土石流災害を見てまともな人なら気づいたはず。報道されないだけで太陽光発電が原因の災害は数多く起こっていると思いますよ。

 そういえば鬼怒川の氾濫も、自然堤防ではなくソーラーパネル施設が土手を削ったところから決壊したそうですね。私はこの期に及んで太陽光発電など自然エネルギーを推進している政治家は全員国賊だと思います。その筆頭は岸田総理ですよ。さすが政治資金パーティーでシナ人から事実上の賄賂を貰っているだけのことはあります。パーティー券購入シナ人の大半は上海電力関係者かもしれませんね。

 我々日本人はもっと真実を知り怒りの声を上げなければ駄目です。マスゴミも政治家も信用できません。電気代高騰で我々は苦しんでいるのに、再エネ議連の連中は日本のエネルギー安全保障を破壊し莫大な資金をシナに流し、その見返りにキックバックを貰っているんですから。マスゴミもその恩恵にあずかっているから絶対に真実を報道しないしクリーンエネルギーを称して太陽光発電をごり押しし続けています。

 皆さんは日本百名山の一つ吾妻山の無残な姿を見てどのような感想を持ちましたか?

« 薩摩藩と琉球の石高 | トップページ | 書評『滅びゆく中国の最期の悪あがきから日本をどう守るか』(兵頭二十八著 徳間書店) »

 時事問題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 薩摩藩と琉球の石高 | トップページ | 書評『滅びゆく中国の最期の悪あがきから日本をどう守るか』(兵頭二十八著 徳間書店) »